2017,6,3~4傾山縦走 二日目

縦走二日目です。

朝食は食パンに魚肉ソーセージを乗せたものと、

茹で卵を二つ割りにしたものの二枚を食べました(奥さんは一枚だけ)

スティックコーヒーを飲みテントをたたみ、橋の下に水を汲みに行きました。

九折越に水場があるので1,5ℓにした。橋下に降りるとき膝に痛みが走った。

昨日から出ていた痛みなのだが、一晩寝ても回復していなかった。

それでも今日傾山まで登れば、後は何とかなるだろうと楽勝気分でいた。

が、そう甘くなかった。

2017,6,傾山縦走-1
テント内は快適で、熟睡できました。




2017,6,傾山縦走-2
前方のカーブを曲がると、杉ヶ越のトンネルが見えてきます。
今日も天気は心配なさそうです。




2017,6,傾山縦走-3
昨日降りて来た道を反対に辿ります。


歩き出して間もなく、またも僕の足に異変が。

両方の踵がすれてヒリヒリしてきた。昨日も痛みが出たのでテーピングはしていたのだが、

別の所が痛くなってきた。靴を脱ぐと案の定赤くなっていた。

奥さんにテープを出してもらい、3枚ほど重ね貼りをした。

久しぶりに履く革靴が足になじんでくれないようだ。

締め加減も色々調整していたのだが、もう少し履き込んでおくべきだった。

2017,6,傾山縦走-4
冷水の稜線が見える。




    2017,6,傾山縦走-5  2017,6,傾山縦走-6
    登山道も                               だんだん




    2017,6,傾山縦走-7   2017,6,傾山縦走-8
    杉ヶ越コース                          らしくなってきました。




2017,6,傾山縦走-9
縦走路まで後もう少し。…し・ん・ど・い




           2017,6,傾山縦走-10
           ザックは分岐に置いて傾へ。




2017,6,傾山縦走-11
傾と後傾の間から祖母山方向。下の方にはミヤマキリシマのピンクも見えた。




2017,6,傾山縦走-12
山頂は北九州から初めて来たと云う方が一人だけだった。
昨日は九重でミヤマキリシマを楽しんでこられたようだ。
「三又はもう見頃でしたが、大船は来週あたりが良くなると思います」




2017,6,傾山縦走-13
山頂の木の間から坊主尾根を覗いてみた。これぞ傾。




2017,6,傾山縦走-14
ほとんど蕾でしたが所々楽しむことができました。




2017,6,傾山縦走-15
センゲン尾根歩きは、木漏れ日を受け快適でした。




2017,6,傾山縦走-16
今度見るのはいつだろうか…




2017,6,傾山縦走-17
小屋で昼飯を食うと云う北九州氏とはここで別れた。
僕達は黒仁田側へ下りていった。




               2017,6,傾山縦走-18
               水場は枯れてはいなかったが
                500mlがいっぱいになるのに少々待たされました。




2017,6,傾山縦走-19
見立に降りるのは初めてでしたが、沢沿いを歩く何とも心地よい道でした。
僕の中では、今回の山旅はほとんど終わっていたのだが…




     2017,6,傾山縦走-20
     この後大変な目に会ってしまった。




   2017,6,傾山縦走-21    2017,6,傾山縦走-22





2017,6,傾山縦走-23
伐採され積み上げられた杉の木を、見とれながら歩いているが、
このとき僕達は違う道を歩いていたのだ。




2017,6,傾山縦走-24
のんびりこんな写真を撮っている場合ではなかったのだ。




2017,6,傾山縦走-25
道間違いに気付き戻ってきたところです。時間にして約20分以上のロス。
僕達は道なりになっていた奥村林道に突っ込んでいた。
ゲートで遮断された道も歩けるようだが、本来の登山道を進んだ。

…が、ここからが大変だった。いたるところで倒木が道をふさぎ、

崩壊していると事もあった。時間ばかりが過ぎ、なかなか思うように進めなかった。

膝の痛みは増してくるし、両踵も肉刺ができているようで顔をゆがめての歩行が続いた。

黒仁田~ユウガツルを抜け、林道に出た時は心底良かった~~と思った。


帰宅後調べてみると、これはどうやら先の2005年(平成17年)に発生した台風14号の爪痕だった。

2005年の台風14号といえば、五ヶ瀬川にかかるふたつの鉄橋を崩落させ、

高千穂鉄道高千穂線を全線廃線にさせたあの最強台風だ。

   2017,6,傾山縦走-26    2017,6,傾山縦走-27
   それでも河鹿荘の案内や赤テープを頼りに            ぬうように登山道を進むと       




2017,6,傾山縦走-28
良かった。林道が出てきてくれました。ここからはもう安心です。




2017,6,傾山縦走-29
一帯はかつては茶畑だったようでいたる所にお茶の木が乱立していた。
また梅の木もたくさん植えられていた。




2017,6,傾山縦走-30
道はやがて舗装路になり、民家後を過ぎると見立へと降りて来る。
英国館には目をくれず、スタート地点を目指した。一刻も早く靴を脱ぎたかったのだ。




2017,6,傾山縦走-31
帰りは日之影温泉駅で二日分の汗を流した。
靴下を脱ぎ踵のテープを取ると、やはり両足とも水ぶくれになっていた。

3時間程車を走らせ帰って呑むビールは格別だった。

おまけ 翌日の朝、伸びたひげをそっていると、首に何やら丸いものがある。

こんなデカいイボがあったかなー?奥さんに見てもらったが良く分からんと云う。

そいつに手をやり引っぱったら取れました。

紙にのせ良く見ると、アララ脚が生えとる・・・ハハハこれはマダニじゃ。
スポンサーサイト
[ 2017/06/07 01:06 ] 祖母・傾山系 | TB(0) | CM(0)

2017,6,3~4傾山縦走 一日目

家の事情で先送りしていた五葉~傾縦走をやってきました。

初めて五葉岳に登った時、山頂に夏木山へと書かれた小さなプレートを見つけた。

ほう。ここから夏木山に行く道があるのか?いつか行ってみたいと思っていた。

もう何年も前の事でもう忘れかけていたのだが、

最近メキメキと体力を付けて来た奥さんから、今回のコースの打診があった。

夏木山後の大鋸子鋸、杉ヶ越からの傾山あたりが結構つらいところかと思っていたが、

どっこいまだまだ伏兵がいた。改めてこの山系の凄さを思い知らされた。


2017,6,3傾山縦走-8
今回のコース(詳細は奥さんのヤマレコを)

今回このコースを登るにあたって問題だったのが、水の確保だった。

奥さんが色々調べてくれたが、これだと云う決定的な情報は無かった。

しかし水は確かにあるようだ。

2017,6,3傾山縦走-46
昭文社の、山と高原地図に水と記載されている場所に行ってみた。



2017,6,3傾山縦走-1
で、地図の場所がここです。




2017,6,3傾山縦走-2
これは初日ではなく、二日目の朝の写真ですが、水場はこんな感じです。
テントもここに張りました。傾斜も少なく快適でした。



2017,6,3傾山縦走-3
橋の下に降りて、水を汲んでいるところです。
これで安心して、傾山に登ることができます(^^)v

二日目の水の確保が確認できたので、登山口の上見立へ車で移動しました。

因みに今日の分の水は、途中の水無平で汲んで行きました。


2017,6,3傾山縦走-4
見立橋近くのスペースに車を置いて、登山開始。時間は6時36分になっていました。



2017,6,3傾山縦走-5
上の写真から丁度20分歩いた所に登山口はありました。
車で通ると見落としてしまいそうな登り口です。赤丸で囲った所を拡大すると…




                2017,6,3傾山縦走-6
               確かに 国定公園 兜巾・五葉登山口とあった。




2017,6,3傾山縦走-7
登山道はすぐに見立小谷の川沿いに出る。
錆色の川底が印象的だ。




2017,6,3傾山縦走-9
かつては橋があっただろう川を遡上して行く。



採鉱所後まで来ると、容相はぐっと変わって来る。

人っ子ひとりいないかつての隆盛が今では不気味さえある。

2017,6,3傾山縦走-10
浴場跡だろう。大きなボイラーが残っていた。




   2017,6,3傾山縦走-11    2017,6,3傾山縦走-12





2017,6,3傾山縦走-13
更に谷を詰めていくと神社の後があった。
山を鎮め安全を祈ったのだろうか




2017,6,3傾山縦走-14
道は不明瞭な所があるが、河鹿荘さんの案内がこんな所まで…
と云うくらい随所に出て来る。




2017,6,3傾山縦走-15
塞がれた坑道や水抜き穴があちこちにあった。




2017,6,3傾山縦走-16
事務所跡だろうか広い場所に出た。
塞がれた穴の手前から急登を上りあがると、
山の様子はまた違ってくる。




2017,6,3傾山縦走-17
ちょっとビビりながらトンネルに入って行く。




                  2017,6,3傾山縦走-18
                  まだ蕾だったが、ヒトリシズカの群生が見られた。




2017,6,3傾山縦走-19
後半はもの凄い急登の連続となる。10数㎏あるテン泊装備でこの坂はありえない(@_@;)




2017,6,3傾山縦走-20
その上目印も少なく、あっても道自体が不明瞭な所が多いのだ。



2017,6,3傾山縦走-21
思うように進めず、時間と体力がどんどん消費されて行く。
はたしてこんな調子で、今日杉ヶ越まで行けるのだろうか?




2017,6,3傾山縦走-22
それでも、時折見える二ツ岳の秀峰には癒された。




2017,6,3傾山縦走-23
山頂に着いたのは10時40分だった。

シャリばて寸前の僕はこのとき青息吐息だった。

ザックを下しサンドイッチを食べた。

先ほどの急登で踵に痛みを覚えて来たのでテープを貼った。

予想していなかった展開に、少々不安になってしまう。

2017,6,3傾山縦走-24
五葉岳は今回のコースから少し外れるのでザックを下して行った。
空身は超が付くほど楽です。




2017,6,3傾山縦走-25
11時50分五葉岳到着です。ここからの眺めは本当に素晴らしかった。





2017,6,3傾山縦走-26
さて時間もあまり余裕がありません。夏木山に向かいますか。

本当の事を云えば、吐野方向に進む瀬戸口谷側の道を行きたかったのだが、

夏木に上がる分岐あたりが良く分からなそうなので、分かりやすい北側のルートを選んだ。

しかしここらは相変わらず目印が少ない。大吹鉱山からの道から本来の道に入るまで

少々のヤブ漕ぎをやらされた。しかしここからの道は素晴らしかった。


2017,6,3傾山縦走-27
途中開けたところがあった。南に目をやると見慣れた岩肌が見えた。
大崩山の小積ダキだ。そういえば大崩にも2年位行っていない。




2017,6,3傾山縦走-28
夏木山山頂にも誰もいなかった。足下は乾燥して地割れしていた。
休みはほとんど取らず、大鋸、小鋸に向かう。




2017,6,3傾山縦走-29
新百姓山まではまだまだありそうだ・




2017,6,3傾山縦走-30
カニのヨコバイを思わせる岩稜帯があった。
奥さん曰く一番怖かった場所だそうだ。




   2017,6,3傾山縦走-31     2017,6,3傾山縦走-45





           2017,6,3傾山縦走-32
           大鋸に掛かる二段梯子。垂直に近く高度感もあるが、
           それほど怖くは無い。その後の岩場のトラバースの
           方が怖かった。




2017,6,3傾山縦走-33
本日のハイライト鹿の背です。ロープがあり、ステップも設置されているので
怖がらずに落ち着いて行けば問題は無い。






     2017,6,3傾山縦走-34
      白枯れした樹の壮絶感は超リアルだった。




2017,6,3傾山縦走-35
場所は良く分からないが、ここが小鋸だろうか?




2017,6,3傾山縦走-36
どんどん体力が消耗されていく。




      2017,6,3傾山縦走-37
       難路も無事通過して、ようやく犬流れの分岐までやってきた。
        しかし、まだ先は長い(ーー;)




      2017,6,3傾山縦走-38
       ……




2017,6,3傾山縦走-39
桧山山頂。




2017,6,3傾山縦走-40
4時46分新百姓山山頂。眺望は無く、明るいうちに杉ヶ越に着きたいので
休まず下山する。





    2017,6,3傾山縦走-41   2017,6,3傾山縦走-42
    ヤマツツジ




2017,6,3傾山縦走-43
この朱赤が無かったら無味乾燥した山歩きになっていたに違いない。




2017,6,3傾山縦走-44
大分県側に降りる道は無いか探したが分からず、宮崎側に降りた。
朝見つけた水場まで戻りテントを張った。
明日もロングコースなので、焼酎を飲みほしシュラフに入った。。
心地よい沢音を聞聞いていたら、いつしか爆睡していた。
[ 2017/06/07 00:49 ] 祖母・傾山系 | TB(0) | CM(0)

2017,5,28『おじちゃんと一緒の冒険クラブ』地島(じのしま)散策

おじちゃんと一緒の冒険クラブの17年度の最初の活動は、

玄界灘と響灘に挟まれた島、地島散策から始まりました。

花は既に落ちきっていましたが、島内には6000本ものヤブ椿が自生していると云う。

汗ばむ程の気温の中、ビワや野イチゴに足を止めながら、

つばきロードと呼ばれるハイキングコースを歩いて来来ました。

2017,5,28地島-1
車6台に分乗し神湊まで行き、10:05のフェリーで地島に向かいました。
波はおだやかで、爽快でした。
近くを通る漁船に大きく手を振り、
「お仕事がんばってくださ~い」と叫んでいる子もいました。





2017,5,28地島-2
わずか15分の船旅が終わると、いよいよ島の探索するのですが、
何故か渡船場から動かない子ども達。
原因は小魚観察でした。さながら自然水族館です。
想定外の活動になりましたが、子どもたちにとっては、
とても良い時間だったのではないでしょうか(^^)v




2017,5,28地島-4
宗像三女神が分霊されている厳島神社の横を抜け、つばきロードに入って行きます。
この間も、カタツムリを見つけては大騒ぎする子ども達。。
こんなペースで大丈夫かとちょっと心配になってきます。




2017,5,28地島-5
野イチゴ、ビワと舌鼓を打ちながら進んで行くと、
スタッフのMさんが桑の木を見つけていました。
180センチを超えるMさんだから、高いところにある桑の実に気付いたのか?
もちろん桑の実なんて初めての子ども達です。
口に入れてその甘さにびっくり。どうじゃ凄いじゃろ-。





2017,5,28地島-6
遠目山山頂にある、沖ノ島展望台までは結構な急斜が続きます。
「これって山登りや~ン」なんて声がどっからか聞こえてきます。
僕もたまらず1枚脱いだ。




2017,5,28地島-7
倉瀬展望台に着きました。時計も12時を回っています。お昼にしましょう。




2017,5,28地島-8
若干草が伸びているものの、ここからの眺めは素晴らしかった。
うすぼんやりとだが50km先の沖ノ島も見えました。




2017,5,28地島-9
ゆっくりと地島時間が過ぎていく。ここは別世界だ。




2017,5,28地島-10
昼食を終え皆で集合写真を撮ってから、つばきロードを戻り、
湊に向かいました。帰りは白浜渡船場から乗り込みます。
皆いい顔していますね。




2017,5,28地島-11
地島漁村センター売店でアイスを買ってもらい、
ここでも出航までの時間をそれぞれのんびり過ごしました。




2017,5,28地島-12
地島といえば猫でも有名ですが、今は数が減って来ているらしい。
かつては100匹位いた猫も稲は半分の50匹までになっているらしい。
何でも雌猫が5匹しかいないらしく、それが主な要因だとか…
僕達も10匹位で会いましたが、みんなとても人懐っこい子達ばかりでした。




2017,5,28地島-13
次回おじちゃんと一緒の冒険クラブの活動は英彦山での
二泊三日のキャンプです。その前に事前研修で、野外調理での日の起こし方や
山道の歩き方などをまなぶ予定です。
[ 2017/05/28 22:56 ] 地域活動 | TB(0) | CM(0)

山行き中止

今週予定していた宮崎でのテン泊は取りやめにしました。

父が入院したため、犬、猫の世話をするために実家に帰りました。

田植えは5月の連休で済んでいるので、水路の掃除や諸々やってきました。

2017,5,21実家にて-1
先ずは水路の石取り作業から。
最近田んぼのすぐ近くに砂防ダムができ、その際大量の石が水路に流れ込んでしまいました。
大雨の時水があふれ田んぼに入る可能性があるので、これを取り除く作業をやりました。




2017,5,21実家にて-2
これが思った以上に大変で、底面まではまだ20センチ位あるのだが、
ひとりではとても一日で終わりそうにない。
とりあえず、この位なら大丈夫だろうと云う位の所までやりました。
これでも午前中いっぱいかかってしまった。




2017,5,21実家にて-3
午後からは、以前から気になっていたスズメバチの巣の除去作業をした。




2017,5,21実家にて-4
下から見るとこんな感じです。
よくもまあこんなに綺麗に作れるものだ。




2017,5,21実家にて-5
下からのぞき込みながらの作業なので、平衡感覚がおかしくなってきた。
ほぼほぼ取ったので、とりあえず今日はここまでにする。




2017,5,21実家にて-6
地上から7~8m位あり、足場も狭く命綱ももちろん付けていない。
おまけにこの瓦は良く滑るのだ。怖いので仕上げはまた今度にしよう(~_~;)




久しぶりにビンドウ(5ℓの焼酎のボトル)を仕掛けて見ました。
朝、仕事前に浸け、昼休みに上げてみた。


2017,5,21実家にて-7
ハヤです。喰って旨いのはアブラハヤの方ですが、綺麗な魚です。
もちろん全部川に戻しました。


来週は子ども達と地島(じのしま)に行きます。

奥さんは四季山遊会さんでツームシ山に行ってくるそうです。

ツームシ山は菊池少年自然の家に夏キャンプで行ったときに正面に見えていた山です。

とても登りたい山だったので、羨ましい限りです。

五葉岳~夏木山は再考することにします。
[ 2017/05/23 07:06 ] ひと休み | TB(0) | CM(0)

井原(いわら)山

来週、五葉岳~夏木山~傾山を一泊で廻ろうと思っています。

間が開き過ぎると筋肉痛に見舞われるので、ミツバツツジを見がてら井原山に行ってきました。

午前中は『おじちゃんと一緒の冒険クラブ』のオリエンテーションがあったので、午後から移動しました。

水無登山口は久しく登っていません。恐らく5年前に冒険クラブで登ったのが最後だと思います。

奥さんは練習の為、いつもより荷物をかさ増しで歩きました(僕は3キロ位です(~_~;))

2017,5,14井原山-1
水無登山口。綺麗なトイレに生まれ変わっていました。位置も移動していました。




2017,5,14井原山-2
沢沿いの登山道は気持ちいい。




2017,5,14井原山-3
新村分岐



2017,5,14井原山-4
『こうぞう岩』(こうぞうはフクロウの地方名)
わき水を6リットル汲んで帰ったが、お茶も、コーヒーも、
もちろん焼酎のお湯割りも格段に旨かった。




2017,5,14井原山-23
アンノ滝分岐です。一度このルートを歩いたことがありますが、
結構きつかったのを覚えています。




2017,5,14井原山-5





2017,5,14井原山-6  2017,5,14井原山-7
ラショウモンカズラ                         イチリンソウ
 
2017,5,14井原山-9  2017,5,14井原山-10 
オオカメノキ                             コンロウソウ

2017,5,14井原山-11 
ホソバナコバイモ

  
2017,5,14井原山-13




2017,5,14井原山-14




2017,5,14井原山-15





2017,5,14井原山-16





2017,5,14井原山-17





2017,5,14井原山-18





2017,5,14井原山-19





2017,5,14井原山-20



2017,5,14井原山-24
井原山山頂にて
[ 2017/05/15 01:00 ] 井原山 | TB(0) | CM(0)