FC2ブログ

2018,11,24大山

三瓶山から大山に着いた時、宿の影に僅かだが雪が残っていた。

夜になると雨も降りだしてきた。予報によると明日は午後から晴れ間が出て来るようだが、

午前中ははっきりしない模様。何れにせよわざわざ福岡くんだりから来たのだから,


どんな天候でも登るしかない。午後10時布団に入った。


2018,11,24隠岐大山-1
そして翌朝。おうおう雨はあがっちょる!
夜移動したので大山とは初対面だが、それにしてもでかい山だ。
歩きだす前からテンションが上がって来る。


2018,11,24隠岐大山-2
モンベルの前を過ぎると、佐陀川に掛かる大山寺橋に出る。
積雪のある歩道を歩くと滑って危なかったので、車道の端を歩いた。
6時半を回ったところで、南河原駐車場は満車に近かった。



2018,11,24隠岐大山-3
6時40分駐車場から200m程の所に夏山登山道があり、
そこから取り付く。延々と続く階段道を進んで行く。



2018,11,24隠岐大山-5
歩きだしてすぐに登山道には雪が出てきた。
午後から回復予定の天気も、早まったようで青空が見えてきた。



2018,11,24隠岐大山-6
木々の枝間から標高1516mの三鈷峰が見え隠れする。
画像からは伝わらないが、異様に目立つ山だ。



2018,11,24隠岐大山-7
7時58分、6合目避難小屋に着いた。
ここでは軽アイゼンを付けている人もいたが、
フワフワした雪質はあまり踏み固まらず、滑りにくいので
僕達はそのまま進んだ。



2018,11,24隠岐大山-11
宝珠山とその裾野に広がるゲレンデ。オープンはもう少し先のようだ。



2018,11,24隠岐大山-9
当初は夏山道と併せて、三鈷峰に行くユートピアコースを考えていたが、
時間的に厳しいと判断しあきらめた。でもあそこ本当に登れるのか?



2018,11,24隠岐大山-10
北壁を朝日が越えてきました。
高揚する九州のおばさんとおじさん。


2018,11,24隠岐大山-12

2018,11,24隠岐大山-13

2018,11,24隠岐大山-14
影大山。影もでかくてカッコいいい。



2018,11,24隠岐大山-15
キャラボクも雪を被り真っ白。



2018,11,24隠岐大山-16

2018,11,24隠岐大山-17

2018,11,24隠岐大山-18
8時47分山頂到着。登る途中もそうだったが、
今日は風が全くない。地元ハイカーによれば大山では珍しいそうだ。



2018,11,24隠岐大山-19
標識のすぐ向こうに弥山、その奥に大山最高峰標高1729mの剣ヶ峰。
え~とその奥は槍ヶ峰か?



2018,11,24隠岐大山-20
無風で、陽も射しているので全く寒くありません。



2018,11,24隠岐大山-21
山頂より東南側。雲海が綺麗でした。



2018,11,24隠岐大山-22
頂上避難小屋。僕達も休憩させてもらった。
中は広く、トイレも綺麗だった。昨日まで売店が開いていたそうだ。
裏手には冬場の出入り口が高い所にあった。


2018,11,24隠岐大山-24
名残惜しいが、福岡までの帰路が待っているので下山に掛かる。


と、後ろから小走りで降りて来る登山者がいた。せっかちな性格ようで

僕の後ろをピタッとくっついてくる。木道の広い所で先行させた。

随分無警戒に歩く人だなあと思っていたら、予想どうり見事に転んだ^_^;

笑いながら奥さんが声を掛けると、彼も笑いながら立ちあがった。

お話し好きな方で、三人でながら歩きをしながら一緒に山を下っていった。

島根県の方で、大山には良く来ている人で、歳は60前後といったところか?

僕らが昨日三瓶山に登ったと言うと、「山瓶バーガーは食べたの?」と聞いてきた。

それは知らないと答えると、えらく残念そうに「何で食べんの~皆並んで食べてるのに~」

話は出雲大社の話になった。彼は僕らが当然行ったものと思い込み話を続けた。

僕らが行っていない事が分かると、ひどく驚いた様子で、またもや

「何で福岡から来といて出雲大社に寄らんの?帰り道やろ~?遠回りにはならんて」

確かに彼の云うとおりだ。僕らは家に猫が待っているので、

山を降りると風呂に入り、そのまま福岡に直帰する予定だったが、

彼のアドバイス通り出雲大社にお参りし、そこで出雲」名物の割子そばを食べ、

その足で日御崎の灯台まで行くことにした。


2018,11,24隠岐大山-26
元谷への分岐、行者谷分れに入ると、みごとなブナの林が広がっていた。



2018,11,24隠岐大山-27

2018,11,24隠岐大山-28

2018,11,24隠岐大山-29

2018,11,24隠岐大山-30
避難小屋がある元谷入口まで下りてきた。ここからの眺めも壮観だった。



2018,11,24隠岐大山-32
通称北壁と呼ばれる大山の北側斜面だ。
モノトーンのせいか、河童橋から見る穂高の山々とそん色ないように思えた。
それくらい素晴らしい景色だった。


2018,11,24隠岐大山-33
朝渡った佐陀川の源流になる元谷に入って行く。右は車道(運搬道)10時35分



2018,11,24隠岐大山-34
ユートピアコースから10分程下った所にある大神山神社奥宮。
神宿る山大山を間近で遥拝する場所だ。ここでは登山者と参拝者の数が逆転する。



2018,11,24隠岐大山-35
鳥取地震により崩落した石垣を修復していた。



2018,11,24隠岐大山-36
崩落した石全てに番号がふられ、着実に原形修復している。
交換必要な石はやむを得ず、裏石を加工し交換しているそうだ。


2018,11,24隠岐大山-37
日本一長いと云われる石畳。自然石で作られているらしいが、
見事な石畳だった。でも滑りそう(ーー;)



2018,11,24隠岐大山-38
どちらのパワーも半端ない。



2018,11,24隠岐大山-39
伯耆富士。まるで富士山です。

福岡を立つ前、最後まで心配だった天気は、僕達に味方してくれた。

島根の三瓶山、鳥取の大山どちらも忘れられない山となった。

2日間走った車のトリップメーターは1060kmを超えていたが、さほど運転疲れも感じなかった。

大汗かきの私だが、緑あふれる頃にもう一度訪ねてみたいと思った。

余談になるが、高速道は中国道ドライブバス北部九州発2日間8000円使用し、随分お得になった。
スポンサーサイト
[ 2018/11/27 20:57 ] 山陰の山 | TB(0) | CM(0)

2018,11,23三瓶山

今回は、連休を利用して山陰の山2座を登って来た。

朝5時前に福岡を出発し、10時頃定めの松がある西の原に着いた。

遅い時間なのだが、広い駐車場にはあまり車は止まっていなかった。

2018,11,23三瓶山-28
広大な草原が広がる西の原。樹齢400年の定めの松の横から歩き始めます。



2018,11,23三瓶山-2
正面に男三瓶山を見ながら歩き始める。ここ西の原は春に野焼きがされ、
牛が放牧されているので糞を踏まないよう気をつけながら歩いて行く。



2018,11,23三瓶山-3
歩き始めて50分で扇沢分岐に着いた。ここは四差路になっていて、
直接男三瓶山にも行けるが、南下して子三瓶山に向かった。



2018,11,23三瓶山-4
子三瓶山と云うがけっこう大きい。



2018,11,23三瓶山-5
子三瓶山への道は結構急なうえ、えぐれて滑りやすい所があった。
さっきまで見えていた青空が消え、雲ゆきが怪しくなってきた。



2018,11,23三瓶山-6
11時30分子三瓶山山頂に着いた。山頂は一人だけだった。
天気はますます悪くなってきた。東の雲から雨が落ちているのが見える。
こりゃまずいと、早々に孫三瓶山に向かった。



2018,11,23三瓶山-7
孫三瓶山に向け歩きだすと、ガイドさん率いる団体にあった。
全員女性だったが、みんな元気よさそうな方たちだった。


2018,11,23三瓶山-8
孫三瓶山へは風越と云う分岐のある鞍部に下って行くのだが、
ガレていて歩きづらかった。空からも何やら白いものが落ちてきた。
粉雪のような霰のような、あられかなぁ?


2018,11,23三瓶山-9
11時55分孫三瓶山山頂。ここでラーメンを食べる予定だったが、
風が強いので奥ノ湯峠の途中の風避け出来る所で昼にした。



2018,11,23三瓶山-10
柏の葉が落ち、枝の隙間から孫三瓶と子三瓶が見える。



2018,11,23三瓶山-11
柏の葉踏みながら緩やかな道を進むと、もう大平山に着いた。
ベンチで関西なまりの男性がパンを食べていた。


2018,11,23三瓶山-12
大平山を少し下ると室ノ内展望台に出る。
奥さんは真っすぐ女三瓶山に向かったが、僕はちょっと寄り道してみた。


2018,11,23三瓶山-13
室ノ内展望台です。恐らく観光リフトで上って来た人達の為用だろう。
中を覗くと、ベンチが置いてあり、掃除も綺麗にされていた。



2018,11,23三瓶山-14
で、ここからの眺めです。



2018,11,23三瓶山-15
女三瓶山へは、石の敷かれた道をつづらに進んで行く。



2018,11,23三瓶山-16
午後1時13分女三瓶山に到着しました。ここには展望デッキがあり、
三瓶山の山容が良く分かる。



2018,11,23三瓶山-17
女三瓶から見る東ノ原。右側の平らな所が大平山。
さっきの屋根付き展望台はここのすぐ下にある。



2018,11,23三瓶山-18
高度が上がった方が、室ノ内を中心とする山域の様子が良く分かる。



2018,11,23三瓶山-19
続いては三瓶山最高峰の男三瓶山を目指す。
このルートは現在通行が規制されているが、
支障無く行けると情報をもらっていたので、自己責任で入ってみた。


2018,11,23三瓶山-20
室内池と孫三瓶。


2018,11,23三瓶山-22
山頂手前にある避難小屋。



2018,11,23三瓶山-23
三瓶山最高峰の男三瓶山。標高1125,9m。午後2時10分



2018,11,23三瓶山-24
下山します。雨の心配はもうなさそうです。



2018,11,23三瓶山-25
暫く樹林帯が続くが、抜けると景色がパッと広がる。
と同時に足場はガレ場の急な坂道になった。今日一番の悪路だった。
しかし、ここから見る西の原や浮布池の眺めは素晴らしかった。


2018,11,23三瓶山-26
高度が下がってくると再び樹林の中を歩く。



2018,11,23三瓶山-27
西ノ原に戻ってきました。牛の糞を踏まないよう用心用心(^_^;)

下山後は、明日登る予定の大山の麓にある宿へと車を走らせます。

今日は何とかもってくれた天気ですが、明日も心配です。
[ 2018/11/27 05:13 ] 山陰の山 | TB(0) | CM(0)

2018,11,1千燈岳・中山仙境

今回、なんとなく行けなかった中山仙境に行くことが出来た。

どうして行って無かったんだろうと思うが、実際行っていない。

千燈岳と併せ国東半島の山を二座登って来た。

期待していたマユミの紅葉もそこそこ楽しめたのだが、

午後から登った中山仙境は夏さながらの暑さで、大汗かきの僕はちょっと閉口気味だった。

2018,11,10国東半島-1
時間に余裕があったので、旧千燈寺跡を尋ねてみた。



2018,11,10国東半島-2
向かって左がミーちゃん右がケイちゃん(ピンクレディ知らんか?)ではなく、
口を開いている仁王像を阿形(あぎょう)と云い、閉じているのが吽形(うんぎょう)
ここからピタッと会う様を、阿吽(あうん)の呼吸と云うようになったのだそうだ。
息もぴったり合っていて良いペアです。



2018,11,10国東半島-3
千燈寺五輪塔群。かつて鬼が一夜のうちに千の石灯籠を運ぼうとして、
あと一つで夜が明けてしまったとの伝承によるものらしい。
千燈寺は別名無情寺とも云うそうだ。それにしても怖いくらいたくさんあった。
もしかして本当に1000あるのか?


2018,11,10国東半島-4
千燈岳登山口。車でここまで来ることが出来ます。



2018,11,10国東半島-5
登山口から10分もしないで岩屋の五辻不動尊に着いた。



2018,11,10国東半島-30
奥さんが見つけた空からの画像。岩との一体感が良く分かる。



2018,11,10国東半島-6
南に廻り込んで見上げる不動岳。最高峰は奥の岩峰になる。



2018,11,10国東半島-8
登山口から35分経過。ハゼの隙間から格好良い千燈岳が』見え隠れする。



          2018,11,10国東半島-9
          林道をまたぐと、そこから千燈岳の取り付きになる。



2018,11,10国東半島-10
眺めていた千燈岳が見上げるようになってきた。
なかなか結構手ごわそうだ。


2018,11,10国東半島-11
400m付近から勾配が険しくなる。
岩場は安定していて歩きやすい。



2018,11,10国東半島-12
奥さん急登を快調に登って行く。



2018,11,10国東半島-13
千燈岳山頂です。山頂は広く、眺望も辺りの木を切っていてまずまず。
ベンチもあり休憩にはもってこいの山頂だが、先があるので早々に下山開始。


2018,11,10国東半島-14
けっこう急斜面なうえ、落ち葉で足下が安定しない。
見る分にはいいのだが、気を抜くとズルッといきそうだ。



2018,11,10国東半島-15
さっきの林道に戻ってきました。時短の為ここは林道を下った。


駐車場には11時5分に戻ってきた。

出たのが8時10分だったので、3時間弱の山歩きでした。

2018,11,10国東半島-31
中山仙境に移動途中、名物のエビ天丼をランチで頂いた。
揚げ加減も申し分なく、これで650円はお得だと思う。また食べたい(^^)v



2018,11,10国東半島-16
さっきのところから車で約30分夷耶馬農村公園に車を止めました。
ここからも登れますが、僕達は舗装路を下り、前田登山口から登った。


2018,11,10国東半島-17
前田登山口11時23分


2018,11,10国東半島-18
……何体も祀られていた。


         2018,11,10国東半島-19
          倒木の根っこの中を通って行く。



2018,11,10国東半島-20
手前ハジカミ山(570m)、奥が尻付山(587,3m)。両方とも登山道がある。



2018,11,10国東半島-21
おなじみ無明橋。左は切れ落ちている。右に巻き道あり。



2018,11,10国東半島-22
フレックスが良く効くので当然クサリは必要ない。



           2018,11,10国東半島-23
           中山仙境の最高峰の高城へ。



2018,11,10国東半島-24
天照皇大神の石碑のある高城ピーク。



2018,11,10国東半島-25
山行中ずっとあった葉。気になります何なんでしょう?



2018,11,10国東半島-26
もう一つ先のピークまで行ってみる。
左奥に朝方登った千燈岳が見えた。



           2018,11,10国東半島-27
             名前は分からないが迫力満点の大岩があった。
             大崩山の坊主岩よりでかいんじゃないか?



2018,11,10国東半島-28
下山はいきなりの急斜面から始まった。
ここは少しだけクサリのお世話になった。



       2018,11,10国東半島-29
       隠洞穴(かくれうど)の手前。ここの下山道は超怖い。
       深い谷を最初トラバースするのだが、歩いている分には何とも無いが、
       下を覗きこむと、そこにはオーバーハングした深い谷が大口を開けて待っている。
       クワバラクワバラだ。これから下の人工林帯も、岩が湿っていて滑りやすく歩きづらかった。

意外や国東までは、福岡から高速道を使わなくても3時間程で行けた。

今からマユミの紅葉も最盛期を迎え、国東のトレイルコースは多くのハイカーであふれるだろう。

季節外れの暑さにやられた感はあるが、楽しく国東の2座を歩くことが出来た。

[ 2018/11/13 01:08 ] 大分県の山 | TB(0) | CM(0)

2018,11,3鷹ノ巣山~裏英彦山~行者尾根

先週に続き、今回も英彦山を訪れた。

奥さんが選定したコースは、当初は岳滅鬼山まで回り込む予定だったが、

最終的に、ケルンの谷から南岳へ登る今コースになった。

紅葉もぎりぎり楽しめ、気持ち良く歩けた。

2018,11,3裏英彦山-1
スタートは7時を少し過ぎていた。天気も良く、快適な山登りが出来そうだ。



2018,11,3裏英彦山-2
登り始めに現れるフラットな道。視覚と聴覚が同時に楽しめる。



           2018,11,3裏英彦山-3
           と思いきや、岩場の急登が現れた。当然です。何せ鷹ノ巣山ですから。



2018,11,3裏英彦山-4
登山口から17分で一ノ岳を通過。ここから東(右)に折れ下って行く。
二ノ岳、三ノ岳が飛び込んでくる。遠くから見る奇な突峰とは違い
毅然とした風格さえ感じられる。朝だからかもしれない。



2018,11,3裏英彦山-5
ここでの醍醐味は、やはり次々と現れて来る岩塊群だろう。
ストレッチもでき一石二鳥と云うところか。



2018,11,3裏英彦山-37
二ノ岳より振り返る一ノ岳と北岳。
山頂付近には、うっすらと雲が掛かっている。



2018,11,3裏英彦山-6
一見直進しそうですが、ここは右に巻いて進みます。



2018,11,3裏英彦山-7
三ノ岳の岩場を登る奥さん。手がかりがたくさんあり、ロープが無くとも登る事は出来る。



2018,11,3裏英彦山-8
三ノ岳山頂のミズナラの大木も色づいていた。



2018,11,3裏英彦山-9
右が刈又山。水平に伸びる尾根が印象的な山です。
左、鷹ノ巣の主尾根の先にあるのが三陀山。
北アルプス鷲羽岳を彷彿させるとは言い過ぎか。



2018,11,3裏英彦山-10
三ノ岳からの下山は巻き道を使った。ここもなかなかの趣だ。



2018,11,3裏英彦山-11
続けて裏英彦山の道に入る。



2018,11,3裏英彦山-12
途中見晴らしの利く斜面で、鷹ノ巣、経読林道方向を振り返る。



2018,11,3裏英彦山-13
人工林を抜けた後は、気持ち良い東斜面を歩く。



2018,11,3裏英彦山-14
峠を過ぎたとは言え…

2018,11,3裏英彦山-15
…けっこうな紅葉を楽しむことが出来た。


2018,11,3裏英彦山-16
標高1000m付近までトラバース気味に続いていた道は、
岩場に変わり一気にケルンの谷へ下りていく。



2018,11,3裏英彦山-17
ケルンの谷



2018,11,3裏英彦山-18
少し分かりづらかった箇所ですが、南岳に上がって行きます。



2018,11,3裏英彦山-19
所々紅葉を楽しめるところもあった。



                 2018,11,3裏英彦山-20
                 南はパスして中岳へ向かう。



2018,11,3裏英彦山-21
中岳より。この日は普賢岳が良く見えた。



2018,11,3裏英彦山-22
行者堂に下る。ここはこれまでとは一変し、たくさんの登山客でにぎわっていた。


行者堂裏の広場でラーメンと巻物でお昼にした。

食後GPSを頼りに行者尾根を降りていくも何度となく道に迷った。

2018,11,3裏英彦山-23
行者尾根を下る。


2018,11,3裏英彦山-24
行者尾根を下る。



2018,11,3裏英彦山-25
中岳、南岳



2018,11,3裏英彦山-26




2018,11,3裏英彦山-27



2018,11,3裏英彦山-28
奥さんはあまり乗り気ではなかったが、天狗の鼻に登った。


2018,11,3裏英彦山-29
天狗の鼻から上佛来山(かんぷくやま)、障子ヶ岳方向を見る。


2018,11,3裏英彦山-30
馬ノ背状の岩場が幾つも出て来る。



2018,11,3裏英彦山-31
玉屋神社への道と合流する。ほっとする瞬間だ。



2018,11,3裏英彦山-32
大魔神にも寄ってみた。



           2018,11,3裏英彦山-33
            まだまだ楽しませてくれる。



2018,11,3裏英彦山-34
先週登った黒岩山。見る方が断然いい山だ。



2018,11,3裏英彦山-36
下山後は、しゃくなげ荘前から添田町のコミュニティバスで豊前坊に戻って行った。
おりしもこの日は英彦山のごま炊きと重なり、たくさんの人、車で界隈は賑わっていた。
[ 2018/11/06 07:14 ] 大分県の山 | TB(0) | CM(0)

2018,10,27障子ヶ岳~黒岩山

今回は、久しぶりにおっさん4人で歩いてきました。

登ったのは障子ヶ岳と黒岩山。英彦山にほど近い山なんですが、

登る人は少なく、黒岩山に至ってはほとんど目印も残されていなかった。

2018,10,27障子ヶ岳-1
福太郎に駐車させてもらい、英彦山大権現の道をてくてく上って行く。
紅葉もそこそこあるが、まだまだこれからのようだ。



2018,10,27障子ヶ岳-2
橋脚跡が残る汐井川を渡渉する。
昨日は雨だったが、水量はそれほどでもなかった。


2018,10,27障子ヶ岳-3
Yさんはストックを出して慎重に進んで行く。これは正解です。



2018,10,27障子ヶ岳-4
登山道はそれ程荒れてもおらず快適に進めた。



2018,10,27障子ヶ岳-5
林道に出会い右に進む。本当はこの手前で黒岩山の取り付きを見つけ、
そっちを先にやっつけようと思っていたのだが、取り付きが分からなかった。



2018,10,27障子ヶ岳-6
暫く林道を歩く。途中豪雨の影響はあったものの、
歩くのには何ら支障はなかった。



2018,10,27障子ヶ岳-7
林道から分けて障子ヶ岳の登山口に入る。



2018,10,27障子ヶ岳-8
ここからやっと登山道らしくなってきた。臀筋(梨状筋辺り)を痛めているK師匠、
痛みは相当のものと思われるが、何事も無かったかのように登って行く。



2018,10,27障子ヶ岳-9
障子ヶ岳手前の小ピーク。



2018,10,27障子ヶ岳-10
障子ヶ岳山頂。眺望は無かったが、お昼に近かったので軽く
行動食を摂り、黒岩山に向かう事にした。



2018,10,27障子ヶ岳-11
さっきの林道を下っていると、前方に黒岩山が見えた。



2018,10,27障子ヶ岳-12
登り同様、帰りの林道からも取り付き点が分かりづらかった。
何とか見つけ登山開始。


2018,10,27障子ヶ岳-13
大岩を2度ほど巻いて進むも、目印が少なく難儀する。



2018,10,27障子ヶ岳-14
黒岩山山頂は狭く眺望も無かった。ここで少し遅いお昼にした。



2018,10,27障子ヶ岳-16
昼食後、下山開始するも、直ぐにマーキングが無くなる。GPSを頼りに下降して行く。



2018,10,27障子ヶ岳-17
道迷いもあり、思いのほか時間を喰ってしまったので、
予定していた上仏来山はまたの機会にした。



2018,10,27障子ヶ岳-18
登山口に戻り、障子ヶ岳を見上げる。
北に延びる岩尾根が荒々しく、いかにも英彦山ぽい。



2018,10,27障子ヶ岳-19
この日の一番は福太郎駐車場の紅葉だった。
下山後はしゃくなげ荘で朝を流し、福岡へと戻った。
雨上がりだったが、登山道の状態が良かったのが今回何よりだった。
皆さんお疲れ様でした。
[ 2018/10/29 08:25 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)