2017,10,7 第19回行橋~別府100キロウォーク

昨年に続き、今回2度目の参加になります。

昨年と大きく違うのは自己タイムが既にあると云う事。

無心で歩いた18時間43分が結構重いのだ。

週末は『おじちゃんと一緒の冒険クラブ』や実家の稲刈りなんかがあり、

路上練習出来たのは、ツーデーマーチ(40キロ)と志賀島周回が2度(56キロ、40キロ)のみだ。

それで主練習を、ジムのランニングマシンでにやることにした。

最初は時速8キロで1時間も歩けなかったが、回を重ねるごとに少しづつ歩けるようになっていった。

最終的には時速9キロで1時間、8,3キロで2時間まで歩けるようになっていた。

そんなに太っている訳ではないが、炭水化物を減らし、たんぱく質を意識的に撮って減量もした。

63キロ(標高1,68m)を60キロ辺りに持ってこようとしたが、一旦減量に向かった体は簡単にストップしてくれなかった。

とうとう56キロ台まで落ちてしまった。女性が聞いたら羨ましい話かもしれないが、こっちはそれどころではない。

持続力が無くなってしまい、長く歩けなくなってしまった。ひとり練習のせいもあって、

「きつ~い(ーー;)」と思ったら、足が前に出なくなってしまっていた。

お恥ずかしいがこれが大会1週間前のことだった…


2017,10,7100キロウォーク-1
行橋に9時前に着き、正八幡宮に向かう。今年は2度目なので地図無しで歩ける。



2017,10,7100キロウォーク-2
正八幡宮入り口近く、二の鳥居にある当日受付。
混乱が生じないよう一方通行になっている。
9時3分ではまだ閑散としているが、境内に入るには車道を横切るので
このようにスタッフが安全に誘導してくれる。皆さん挨拶も実に気持ち良い。



2017,10,7100キロウォーク-3
キネシオロジーテープ(テーピングテープ)は5枚1セットで1000円。
貼ってもらってこの値段は安いと思う。



2017,10,7100キロウォーク-4
受付を済ませ、手荷物を預けた。写っていないがトラックはもう1台ある。
荷物は一旦預けると別府でしか受け取れない。
昨年の話だが、雨が100%降ると分かっていながら、
買ったばかりのゴアテックスのカッパを預けた人がいたらしい(~_~;)



2017,10,7100キロウォーク-5
バナナとおにぎりを食べ、足裏にテーピングし、本殿で手を合わせた。



2017,10,7100キロウォーク-6
毎年神幸祭の頃、アオバズク(フクロウ)がやって来て
ヒナを孵し、夏には巣立っていくと云う。今年もやってきたのだろうか。



2017,10,7100キロウォーク-7
開会式を終え12時丁度にスタートします。時間の計測は、胸のゼッケンに付いている
タグにより自身のスタートより開始されます。去年は12時21分でしたが、今年は12時06でした。



2017,10,7100キロウォーク-8
今川河川敷から沈下橋を渡る。昨日の雨のせいか怖いくらいの水量だった。
橋を歩き終えるとあれ?プロペラ君がいない?今年は抽選に漏れたのだろうか。
楽のしみにしていたのに残念だった。



2017,10,7100キロウォーク-9
長井浜の海岸沿いは、満潮時と重なり危険と判断され、う回路を歩いた。
めったにないことのようだ。


今年は昨年の激しい雨は無かったものの、

夏が戻って来たかのような、強い日差しと高温に見舞われた。

大汗かきの僕には、去年の方がよっぽど良かった。

何しろ濡れていないのは、靴と靴下位のもので、後は全身汗にまみれている。

第1CPノ中津中央公園は、予定よりかなり遅く5時47分に着いた。

1時間近く短縮するつもりで歩いたのに、ガックリして心が折れそうになった。

腐ってもしょうがない。100キロウォークは自分との戦いだ。

気を取り直し、浜の宮給水所で締めすぎた靴ひもを締め直そうと、紐先を引っ張ると…ほどけない

登山でいつもやっている結び方なのに、紐先が輪っかを通ってしまったのか、いくらやっても解けない。

このまま我慢して歩こうかと思ったが、この先まだ70キロ近くある。

気を静め落ち着いて紐を締め直した。長く感じたが3分も掛かっていないだろう。


2017,10,7100キロウォーク-10
コースに戻り歩き始めたが、靴ひもは問題なかったのだが
どうも気持ちがしっくりしなかったので、あまり尿意はなかったが、
気分転換にTOTOさんに寄った。


TOTOさんを過ぎるとお楽しみが待っている。

土屋農園さんの梨と、ジョイフルさんのコンソメスープだ。

何れも去年頂いてとてもうれしかった場所だ。

まもなく41,4キロの土屋農園山に着いた。そして驚いた。

去年より倍(去年は不作だったようだ)はあろうかと云う位の梨を3切れも頂いた。

後方で「こんなに一杯いんですか」と云う声が聞こえた。

口に入れると、大きかろうまずかろうでは無かった。うまッ!思わず声を上げた。

荒噛みして飲み込む梨がそのまま体の細部まで行きわたる感じがした。


2017,10,7100キロウォーク-11
続いては53,7キロ地点にあるジョイフルさんだ。
ここでは先ず用意してあった水を頂いた。
口の中が、これまで食べてきた羊羹や飴、チョコレートなどで
どうにも頂けなかった。うがいをするように水を飲んだあと、
コンソメスープを口にした。おお~塩分じゃ塩分じゃ!
さっきの梨とは違い、脳天を直撃するような旨さだった。

ジョイフルさんでス-プを飲んだあと、快調に歩いていたら、

前方に見慣れた後ろ姿が視界に入ってきた。

まさかと思ったが100キロウォーク3連覇中の石井一行さんだった。

同走の方との会話で分かったが、今回は知人を17時間台で歩かせてあげるため、

ペースメーカーになったそうだ。当の方々は、かなり前を歩いているらしい。

そう云えば去年の感想文週に、100キロウォークの原点に帰りたいと云っていたなぁ。

変な気持がしたがこっちにも都合がある。先に行かせてもらった。

結局このあともう2回石井さんを抜くことになる。


昨年より1時間15分早く、午後10時丁度に第2CPの宇佐郷の駅に着いた。

このときスタッフの方から、195番目になりますと告げられた。

今回ここでうどんを食べる予定だったが、寒さを全く感じていなかったので、

予め宇佐CP3キロ手前にあるローソン和気店でおにぎり2個を調達していた。

給水車から水を補給し、粉末のBCAAを呑んでコースに戻った。


2017,10,7100キロウォーク-12
78,4キロ地点にある七曲りの入口に来ました。
バナナ1本と梅干をもらい、後方にある自販機で水を買った。
トイレも済ませたあと杖を借り、七曲りの坂道に取り付いた。


今回2度目の100キロウォーク参加に当たり、目標を二つ設けた。

ひとつは最低でも1時間以上の時短。

そしてもう一つは、ここ七曲りで一人も抜かれないことだった。

去年はここの登りで、頑張ったがひとり(女性)に抜かれ

下りは10人以上(もっといたかも)抜かれてしまった。

先行者は、僕とほとんど同時スタートの四人いた。

頑張ってその内の3人抜いた。下りも二人抜いたが

このひとりが先の石井さんだった。今回は一人旅に徹し、心の遠足を楽しんでいるようだった。


真夜中の七曲りはとても幻想的だった。仲秋の名月後ほぼ々満月の下、

下界は霧に包まれていた。そして再び空を見上げると、大好きなオリオン座が輝いていた。


2017,10,7100キロウォーク-13
七曲りの350個にも及ぶ竹燈聾は幻想的だった。
去年は雨の為LEDだったが、炎のゆらぎはどこか神秘的だ。
先行者は、4人のうちどうしても抜けなかった一人(赤松峠後に抜いた)


第3CPの日出社会福祉センターで、このままいけば16時間台は堅いと思ったが、

失速を恐れ、給水と梅干をもらっただけでコースに戻った。

これが失敗だった。3キロも歩かないうち全く歩けなくなってしまった。

時速にしたら4キロ位のもんでしょうか。

こりゃいかんと、ザックから1個残ったおにぎりを取り出し、頬張ったが、

ツバが全く出ず飲み込めない。水を取り出し強引に流し込んだ。

これを5,6回繰り返して、何とかおにぎり1個を完食した。

しばらく我慢して歩いていると、アララ不思議力が戻ってきた。

これは恐らく気のせいだと思うのだが、あながちそうでもないと思う。

普通炭水化物は消化し、グリコーゲンとして肝臓や、骨格筋に蓄えられるには3~4時間位掛かるらしい。

カーボローディング的には全くおかしいのだが、3日前から米やうどん、

餅などを積極的に摂ったたまものか、暗くて長い別府湾ロードも歩き通す事ができた。


2017,10,7100キロウォーク-14
夜明け前次々とゴールするウォーカー達。



2017,10,7100キロウォーク-15
それぞれが、それぞれの想いで100キロのテープを切る。



2017,10,7100キロウォーク-16
北浜温泉テルマスは時間が早かったせいか昨年ほどの混雑ではなかった。



2017,10,7100キロウォーク-18
さあ~てと来年はどうするか?エントリーして15時間を目指すのか?



2017,10,7100キロウォーク-19
16時間39分は、還暦を迎えた似非ウォーカーには過ぎる程の結果だが、
一方で後40分頑張れば。と云うやつが僕の中に確かにいる。
さてどうしたものか?ゆっくり考えよう。

スポンサーサイト
[ 2017/10/09 16:48 ] ウォーキング | TB(0) | CM(0)

2017,9,30志賀島練習ウォーク

100キロウォーク最後の練習は今回も志賀島です。

家から人工島に渡るまで結構ゴチャゴチャしていて歩きにくいので

今日は自転車で雁ノ巣レクリェーションセンターまで行くことにしました。

2017,9,30志賀島-1
香椎と人工島をを繋ぐあいたか橋を渡ります。
早朝にもかかわらず、たくさんの人がウォークキング、ランニングを楽しんでいました。



2017,9,30志賀島-2
もうすぐ志賀島です。博多湾側は砂浜で、キス釣りをしている人が何人もいた。



2017,9,30志賀島-3
一方こちらは玄界灘側。『密漁禁止』の立て看板があちこちにある。


今日は最初から体が重く、歩きに集中できなかった。

島を1周していつもの郵便局前のベンチをお借りしてお昼にした。

ランナー、ウォーカー、サイクリストがどんどん通り過ぎていく。

僕もオッシャ!と膝を叩いて再び歩き始めたが、以前調子は上がらない、

左足にも肉刺ができそうな感覚になってきたので、

予定を変え、まさご屋さんの所から右折し、勝馬地区を経由して潮見公園に行ってみた。


2017,9,30志賀島-4
勝馬は丁度稲刈りの真最中だった。
乾燥機の中を循環する籾のジャーと云う音が心地よい
僕らが知っている志賀島のイメージとは随分違っていた。



2017,9,30志賀島-5
綺麗な花でした。名前は分かりません。



2017,9,30志賀島-6
潮見公園の入り口にある鉄製のオブジェ。



2017,9,30志賀島-7
潮見展望台です。前のオブジェ同様これ自体もひとつの作品になっている。
せっかくなので階段を上がってみた。



2017,9,30志賀島-8
海の中道が良く分かる福岡市内側



2017,9,30志賀島-9
こちらは宗像方面。



2017,9,30志賀島-10
久しぶりに山登り気分を味わえた。



2017,9,30志賀島-12



2017,9,30志賀島-11
去年、今年と歩かせてもらったお礼を云いに志賀島神社に寄った。

最後の練習なのに今日は全く駄目だった。不調の一つに体重減少がある気がする。

63キロあった体重を、練習しながら60キロ位まで落とそうと思っていたのだが、

今日歩いた後は57キロを割っていた。スタミナ切れするはずだ…

あと一週間炭水化物をたくさん摂るようにして少しでも戻そう。
[ 2017/10/01 13:28 ] ウォーキング | TB(0) | CM(0)

2017,9,23第11回 北九州無法松ツーデーマーチ

今年も去年に続き、北九州の無法松ツーデーマーチに参加してきました。

2度目の今年は100%100キロウォークの練習です。

目標は6時間に設定してスタートしました。

今年は前の方に並ぶつもりだったのですが、

行きの電車(八幡~西小倉)内で右膝を思いっきりぶつけてしまい、

我慢してスタート式に整列していたが痛みが取れず、

救護室でコ-ルドスプレーをたっぷりかけてもらった。

戻った時はほぼ最後尾だった。

2017,9,23ツーデーマーチ-2
 7時からの出発式を終えて、7時30分一斉にスタートした。



2017,9,23ツーデーマーチ-13   2017,9,23ツーデーマーチ-14
 30分経ったがまだ1キロも来ていない。               9時33分
 1時30分のゴールはとても無理と諦めた。



2017,9,23ツーデーマーチ-5
第2CP小森江子供のもり公園。ここは一昨年娘婿の親御さんと
風師山~風頭山~矢筈山と歩いた時車を止めたところだ。
スタンプを押してもらい、給水してコースに戻って行った。


2017,9,23ツーデーマーチ-6
まさか関門トンネルを歩いて渡るとは思わなかった。
狭い通路を観光客の方にはいい迷惑だったのではないかなぁ。



2017,9,23ツーデーマーチ-7
ただいま山口県。慌ただしくエレベーターに乗り海底へ降りていく。




2017,9,23ツーデーマーチ-8
巌流島の見えるビュースポットもコースに入っている。




2017,9,23ツーデーマーチ-9
シミュラクラ現象に出くわした。美味しそうに木を食べていた(ように見える)




2017,9,23ツーデーマーチ-10
前回はバナナは全て無くなっていたが、今回はちゃんとありつけた。



2017,9,23ツーデーマーチ-15   2017,9,23ツーデーマーチ-16
目標の1時30分には及ばなかったが、             小倉城の脇を抜けて西小倉駅に向かった。
40分間の大渋滞を考慮すれば上出来です。。



ほぼ時間的には思い通りに歩くことはできたが、体力的にはいっぱいいっぱいだった。

100キロではスタミナがもたない事が分かった。

あと2週間ではちょっと辛い。ペースを落とすしかないか(ーー;)
[ 2017/09/24 14:40 ] ウォーキング | TB(0) | CM(1)

おじちゃんと一緒の冒険クラブ沢登り

おりしも今日は子どもたちにとっては夏休み最終日、

脊振山車谷登山口から、ミニミニコースですが沢登りを楽しんできました。

脊振山の清流は、くそ暑い夏をあざ笑うかのように、冷たく、心地よかった。


2017,8,27車谷沢登り-2
ゴリラの形態模写ではありません。3点支持の説明中です。
ですがゴリラにしか見えません。


2017,8,27車谷沢登り-1
ブルーシートは女性用簡易更衣室。


2017,8,27車谷沢登り-3
さーいよいよ入渓します。清流の水は冷たくなんとも心地よい。


以下、先頭の私はカメラが濡れないように、ジップロックにカメラを

出したり入れたりしていたので、あまりコメントできません。イメージで追ってください。


2017,8,27車谷沢登り-4



2017,8,27車谷沢登り-5



2017,8,27車谷沢登り-6



2017,8,27車谷沢登り-7



2017,8,27車谷沢登り-8



2017,8,27車谷沢登り-9









2017,8,27車谷沢登り-10


2017,8,27車谷沢登り-11



2017,8,27車谷沢登り-13



2017,8,27車谷沢登り-14
『おじちゃんと一緒の冒険クラブOB(OG)』の皆さん今日はありがとうございました。
また遊びに来てね。待ってま~す。


2017,8,27車谷沢登り-15
お~いもう帰るぞ~



2017,8,27車谷沢登り-16
次回は10月、秋吉台のジャングル冒険ツアーです。
これも面白いよ!
[ 2017/08/27 21:08 ] 地域活動 | TB(0) | CM(0)

2017,8,12~15表銀座縦走 4日目穂高岳山荘~奥穂高岳~前穂高岳~岳沢~上高地

北アルプス表銀座縦走も今日で4日目最終日です。

今日も小屋の朝食を頂き、支度していると外は雨だと奥さんから告げられた。

そもそも雨は最初から想定していた。この三日間が良過ぎただけなのだ。

ザックカバーを掛け、小屋を出ると雨は降ってはいたが小降りだった。

今日は昨日の大キレットに比べると危険度は断然低い。

慎重に下れば危険はそれほどではないと思う。

一方で、大キレットに行く方の中には断念していた者もいた。

賢明な判断だろう。

2017,8,15前穂高吊尾根-1
降りが弱いのでカッパの上だけで行けそうだ。
時間もそこそこある。ゆっくり慎重に進もう。



2017,8,15前穂高吊尾根-2
奥穂高岳山頂。記念撮影はない。



2017,8,15前穂高吊尾根-3
ここから前穂の吊尾根に入って行く。



2017,8,15前穂高吊尾根-4
長いいクサリ場があった。雨で渋滞があり停滞を余儀なくされる。
原則はクサリの支柱と支柱の間に一人だけ。
ゆっくり見守り、必要なら声掛けをする。



2017,8,15前穂高吊尾根-5
吊尾根の先の前穂高岳は見たかったが叶わなかった。



2017,8,15前穂高吊尾根-6
雲の切れ間から上高地や霞沢岳が見える。



2017,8,15前穂高吊尾根-7
吊尾根の最低コル



2017,8,15前穂高吊尾根-8
紀美子平に着きました。雨は心配ありませんが、いかんせん眺望がありません。
奥さんと相談して登頂は諦めました。しかし紀美子平ってちょっと変わった名前です。
家で検索したところ、


昭和25年頃、今田重太郎氏が妻のマキ、幼少の娘紀美子をともなって重太郎新道を拓いたそうです。

山腹にテントを張り、娘紀美子をテントに寝かせながら作業したそうで、

いつしか重太郎新道ともども、このテン場がこう呼ばれるようになったらしい。


2017,8,15前穂高吊尾根-9
紀美子平を岳沢側に回り込むとすぐクサリ場になっていた。
スラブのような岩なので手足掛かりが少ないため、岩を削っていた。



2017,8,15前穂高吊尾根-10
そう云えばこんな感じの所を通ったのを思い出した。
去年ジャンダルムを越えた時通った間ノ岳の逆層スラブだ。
好天時でもフリクションは効きづらいのではなかろうか?



2017,8,15前穂高吊尾根-11
短いハシゴだが垂直に立っている。
その後も岩肌をトラバース気味に進むので要注意だ。



2017,8,15前穂高吊尾根-12
毎年北アルプスでは雷鳥の姿を見ることができたが、
ことしは出会うことはありませんでした。



2017,8,15前穂高吊尾根-13
重太郎新道なかなか手強かった。想像以上に岩場が続く。長い!



2017,8,15前穂高吊尾根-14
岳沢小屋の赤い屋根は以前から時々見えているが、なかなか近づいてくれない。
西穂からの稜線はついに一度も見ることは出来なかった。



2017,8,15前穂高吊尾根-15
ここからは上りと下りに分かれます。岩と土の交じった厄介なところです。



2017,8,15前穂高吊尾根-16
ジョイント部分が曲がってしまっている長ハシゴ。
足を差しそこねる可能性があります。確実に三点支持で折りましょう。



2017,8,15前穂高吊尾根-17
長~い重太郎新道が終わればそこが岳沢小屋です。
ヘルメットはここで外しました。上高地までは2時間弱掛かります。



2017,8,15前穂高吊尾根-18
胸突八丁ノ坂を下る。



2017,8,15前穂高吊尾根-19
顔を近づけると正しく天然のクーラー。涼しい!



2017,8,15前穂高吊尾根-20
岳沢の地中を通って来る水は本当に綺麗です。飲めるそうです。



2017,8,15前穂高吊尾根-21
河童橋を渡ればもう上高地です。
バスのチケットを確保した後、小梨平に戻り風呂に入りビールで乾杯しました。
ハードな表銀座縦走でしたが、二人とも良く歩けました。お疲れ様でした。
[ 2017/08/20 18:48 ] 北アルプス | TB(0) | CM(0)