FC2ブログ

2018.7.28浮嶽縦走

最近夏バテなんでしょうか、体のだるさが取れません(-_-;)

先々週暑い中、実家の草刈りを一日やったせいか、

しっかり寝ているのに朝起きるのが辛かったりします。

夏の遠征も控えているし、これではいかんと、久しぶりに浮嶽を縦走してきた。

2018,7,28浮嶽縦走-1
今日は一人だったので、温泉に浸かった後、ビールを飲もうと電車でやって来た。
地下鉄貝塚から乗り、中洲川端で西唐津行きに乗り換えそのまま福吉まで行けた。
時間にして1時間と10分ちょいだ。料金は890円とそこそこ掛かる。


2018,7,28浮嶽縦走-2
十坊山が正面に見える。だんだんやる気になって来た。
いつもここはそうだが、すれ違う地元の人が挨拶してくれる。


2018,7,28浮嶽縦走-3

2018,7,28浮嶽縦走-4

2018,7,28浮嶽縦走-5
こちらは浮嶽。雨雲が掛かっていると言うより、今山頂付近は雨が降っています。


2018,7,28浮嶽縦走-6
キンミズヒキ。もうそんな季節か。


2018,7,28浮嶽縦走-7
いっぱい咲いていましたがヤブミョウガでしょうか?


2018,7,28浮嶽縦走-8
オニユリはあちこちに咲いていました。


2018,7,28浮嶽縦走-9
十坊山。相変わらず汗のかき方が半端ない私。
シャツを脱ぎ、ギュッとしぼると大量の汗が出てきた。
汗だけはあの田中陽希君並みだ。


2018,7,28浮嶽縦走-10
白木峠で一息ついて浮嶽へ。ペースを少し落とす。


2018,7,28浮嶽縦走-11
1時間程で浮嶽山頂に。今日は登る山全て一人占めかもしれません。


2018,7,28浮嶽縦走-12
ハンカイソウ?

浮嶽山頂でコンビニいなり1個と、巻き寿司2個食べた。

ここでもシャツを絞った。お~気持ち悪いくらい良く出る。

用意してきた水は2ℓ。手持ち分だと少し足ら無いかのしれない。

2018,7,28浮嶽縦走-13
白龍稲荷


2018,7,28浮嶽縦走-14
女岳が見えてきた。ここらも木が伐採されていた。
最近良くこんな場面に出くわす。え~と登山道はどこかいな?


2018,7,28浮嶽縦走-15
こんなところにポンと放り出されると、一瞬ここがどこだか分からなくなる。


2018,7,28浮嶽縦走-16
息はあるのだが、下に落ちたのがたくさんいた。


2018,7,28浮嶽縦走-18
コマツナギ


2018,7,28浮嶽縦走-17
距離はそれほど無いが、結構しんどいのがここの登り。
後半に来ての踏ん張りどころだ。

女岳を降りたところには水場がある。

伸びきった草のせいか、樋が分からなかったが、

傍の流れを手にすくい、何度も顔を洗った。

体も濡れタオルでふきあげリフレッシュ出来た。

2018,7,28浮嶽縦走-19
今日はつばき橋を渡った後どちらに曲がろうかと思ったが、
左折し登山道を登ることにした(右折すれば林道を経由し登山道に合流する)
山頂は若いハイカーが3人いた。
残ったいなりをここで食べようかと思ったが、暑かったので
休まず下山することにした。

深江に下りそのままきららの湯へ向かった。

筑前深江駅から5分程度で行けた。

ほてりきった体を水風呂で冷やすと生き返った心地がした。

表の売店で釣り鯵があったので、ひとつもらって帰った。

帰りの電車は久しぶりの生ビールの酔いも手伝い、

心地よく揺られて帰った。たまには電車もいいもんです。
スポンサーサイト



[ 2018/07/29 15:48 ] 浮嶽縦走 | TB(0) | CM(0)

2015,6,13まむしの湯~十坊山~浮嶽~女岳~荒川峠(ピストン)

今回は先週の続きです。

先週は荒川峠から長野峠まで歩きました。

今日はまむしの湯からその続きの荒川峠までです。

距離は前回より少し増えて21.8kmです。

距離的には福智縦走には及びませんが、体感的には同程度に感じました。



2015-6-浮嶽往復
今回のコースです。等高線を見ても分かる通り、ここの山は尾根続きではなく、
それぞれが独立峰なのでアップダウンがはっきりしていてきつい山です。
ですが、ここよりもっと低い宗像四塚も同様に超きつい山です(ー_ー)!!。




2015,6,13浮嶽-1
まむしの湯の第3駐車場に車を止めて(勿論帰りにはお湯につかります)
民家の脇を抜けながら十坊山を目指します。



2015,6,13浮嶽-2
ありゃりゃ!?えらくさっぱりした十坊山山頂になっていました。
眺望は以前よりずっと利きますが、少し切り過ぎじゃないかと…



2015,6,13浮嶽-3
十坊山頂から25分で白木峠です。いつもは車や大型のバイクがひっきりなしに通っているのですが、
今日はまだ時間が早い為かほとんど車の往来はありません。



2015,6,13浮嶽-4
浮嶽山頂です。無事の下山を祈ります。
ここには若いご夫婦が先客でいました。
三脚を立て唐津湾をバックに奥方を撮っていました…



2015,6,13浮嶽-5
お昼にはまだ早いのですが、朝が早かったので昼食のサンドウィッチを半分食べました。
保冷バッグに入れてきたので、冷たくおいしかったです。
マヨネーズの塩分でキュウリやトマトから水分が出ていてのど越しもいいです。



2015,6,13浮嶽-6
しばらくの間ひたすら急斜面を下ります。



2015,6,13浮嶽-7
荒谷峠手前の登山道より、今降りてきた浮嶽を見上げる。




2015,6,13浮嶽-8
荒谷峠より女岳へ。




2015,6,13浮嶽-9
女岳山頂。



2015,6,13浮嶽-10
二丈岳へいく時は左へ進む。今日は直進します。



2015,6,13浮嶽-11
えっ!どっちに行っても荒川峠?
目を凝らすと道標(赤丸枠)が見えた。迷わずそちら側に進んだ。



2015,6,13浮嶽-12
赤丸はまたもやこのプレートだった。想山会さんありがとうございます。



2015,6,13浮嶽-13
荒川峠です。先週来ているので何か変な感じがします。



2015,6,13浮嶽-14
アッ!またもやバイクのタイヤ痕発見!
見てくださいこんなに刳れています。本当にやめて頂きたい<(`^´)>



2015,6,13浮嶽-15
真名子への分岐付近。歩く人が少ないのだろう、草が登山道を覆っていた。



2015,6,13浮嶽-16
本日2度目の女岳です。ふゅーしんど(@_@;)
ここで残りのサンドウィッチを頂きました。牛乳バカウマでした(^^)v



2015,6,13浮嶽-17
再び浮嶽へ登りあがります。ここからの登りが一番しんどかった。



2015,6,13浮嶽-18
本日…二度目の…浮嶽…きつくてなんか浮いてるような気もしないでも無い。
息を整え下山する。



2015,6,13浮嶽-19
登りの時は気がつきませんでしたが、杉の巨木が何本かありました。
怖いほどの迫力でした。



2015,6,13浮嶽-20
白木峠です。あとひと山登ればあったかいお風呂が待っています。頑張って奥さん。



2015,6,13浮嶽-21
十坊の山頂付近に咲いていました。大きな花で異彩を放っていました。




2015,6,13浮嶽-22
ほ、本日2度目の十坊山です。やりました(^^)/でももういっぱいいっぱいです。



2015,6,13浮嶽-23
中村集落まで下りてきて浮嶽を振り返ります。
あのはるか向こうに見える山の、またはるか先まで行ってきたかと思うと
人の足ってすごいな~と感心してしまいます。



2015,6,13浮嶽-24
お疲れ様でした。まむしの湯にやっとこさ戻ってきました。
お~し!ワイン風呂や、お茶風呂やなんかにガンガン浸かってやるぜい\(^o^)/


この日は予想最高気温が31℃でしたが、

思いのほか上がらず30℃には届かなかったようで、僕達にはうれしい誤算だった。


浮嶽の登り返しの時はふたりともほとんど会話は無かった(きつくて)。

救いは今日の風だった。時に台風並みも強風にも見舞われたが

体温の上昇を程良く抑えてくれた。これが予報通りの気温で風が無かったと考えるとぞっとする。

それらを踏まえて尚、奥さん曰く「福智縦走よりきつかったー」となるのだが、

確かに、距離、累積高は福智縦走には及ばないが、 ピストンは気持ち的に辛くもある。


まむしの湯6:27-十坊山7:35~47-白木峠8:12-浮嶽9:22~37

荒谷峠10:28-女岳10:51-荒川峠11:54~57-女岳12:59~13:25

荒谷峠13:46-浮嶽14:44-白木峠15:57-十坊山16:30~33-まむしの湯17:40
[ 2015/06/15 06:53 ] 浮嶽縦走 | TB(0) | CM(0)

2014,12,7十坊山~浮嶽~女岳

奥さんのお友達のMさんから山のあ誘いがあった。

Mさんが十坊山に行ったことが無いとのことなので、浮嶽、女岳と回ってきました。

天気予報では午前中は晴れと出ている。ご近所のNさんも誘い4人で歩いてきました。

2014,12,7-1
今回は、家の車をゆらりんこ橋にデポし、Mさんの車でまむしの湯まで行った。
駐車場でストレッチをしながら自己紹介をし、十坊山を目指し歩き始めた。8:48


で、このMさんとってもユニークな方で、

奥さんからMさんってとっても楽しい人なのよ。とは聞いてはいたのだが、

どうしてどっこい想像以上の方だった(?_?)


それはいきなり、まだ顔を見る前から始まった。

僕達が待ち合わせ場所の『牧のうどん二丈店』で出待っていると。

Mさんから奥さんにメールが。

「第三駐車場に今着きました」

えっ、第三駐車場なんてここにはないけどなぁ。

奥さんが確認すると、どうやら下山後のお風呂を『きららの湯』から『まむしの湯』に変更したのを

Mさんは待ち合わせ場所の変更と勘違いされたらしい。

まーこれはありそうなことではあります。

再度大入駅で待ち合わせ無事合流。ゆらりんこ橋に移動した。

Mさんの車に乗り込むため準備していると、奥さんがけらけら笑っている。

聞くとなんとMさん左右違う登山靴を持ってきたらしい。

一瞬目が点になったが、いやいやいやそれは無いだろう。そんなのどう考えてもありえんやろう。

まさか受け狙いでわざと間違えてるんじゃないのか?なんて思っていたら、

Mさんの声が聞こえた。「よかった。同じ向きじゃなくて(^。^)」

…もう完璧です。すごい!凄過ぎる。僕ごときが到底たちうち出来る人ではないと悟りました。


2014,12,7-17
さて、最初は十坊山からです。午前中は晴れ…のはずだったんですがなんかぱっとしません。8:56



2014,12,7-3
今日の十坊山の山頂は珍しく人でいっぱいだった。27名の団体さんがいた。
皆さんが山頂の大石から降りた後、僕たちも360度のパノラマを堪能した。10:12



2014,12,7-4
白木峠から浮嶽に向かいます。
ここで山の会の方たちから先行させてもらいました。10:41



2014,12,7-5
山頂直下厳しい登りが続きます。この間会話無し。11:47



2014,12,7-6
11:54浮岳山頂です。さっきから小雪がちらついています。
各自早々に昼食を済ませ、下山準備をしていると、白木峠で別れた団体さんが登ってこられた。
「きつかった~(>_<)」、「足の攣ったばい」と云いながらも皆さんどれも
笑顔ばかり。う~んやっぱり山パワーは凄い。



2014,12,7-7
このときの気温は、腕時計で計測したら1,9℃でした。



2014,12,7-8
短い昼食を済ませ女岳を目指し浮嶽を降ります。12:38



2014,12,7-9
女岳山頂。ここももパラパラと雪が残っていました。13:44

ここで皆でミカンを食べたんですが、Nさんミカンの皮ごと食べてしまいました。

やだゴリラみたいなんて言っていましたが、次の日調べて驚きました。

ミカンの皮のオレンジ色にはβ-クリプトキサンチンという成分が含まれており

抗酸化作用のあるカロテノイドの一種です。

トマトのリコピンやにんじんのβ-カロテンの赤い色もカロテノイドです。

β-カロテンは発がんを抑える効果がよく知られていますが、

このミカンの皮に含まれるβ-クリプトキサンチンはこれをはるかにしのぐ効果(およそ5倍)があるらしい。

しかもその効力は数カ月も維持されるということなので、皆さんミカンは皮ごと食べましょう。


2014,12,7-10
女岳を降りてきて真名子に向かいます。14:12



2014,12,7-11
今日の奥さんなんか楽しそうでした。



2014,12,7-12
……14:45



2014,12,7-13
加茂神社から二丈渓谷に入っていきます。
途中こんな見事な滝も見られました。14:59



2014,12,7-14
ゆらりんこ橋に戻ってきました。
これで今日の山歩きは終了です。皆さんお疲れ様でした。15:26



2014,12,7-15
下山後は『まむしの湯』で汗を流しました(650円タオル2枚付)
駐車場わきに水晶水が売られています。35リットル100円です。



2014,12,7-16
帰宅後、おくさんがおでんを作っていたので
Nさんを我が家に招いて四方山話に花を咲かせた。
それにしても左右違う靴で歩いたMさん。足は大丈夫だったでしょうか?
変な筋肉痛なんかが出てなければいいんですが。





[ 2014/12/09 00:45 ] 浮嶽縦走 | TB(0) | CM(0)

2014,10,12浮嶽縦走(JR筑前深江~福吉)

先週の台風18号につづき、今週も19号がやって来るようだ。

奥さんとは別々の山に行く予定だったが、

二人とも一泊の山行(僕が11日と12日。奥さんが12日と13日)だったので中止した。

それでも、福岡は土曜日は晴れ予報だったので、浮嶽を縦走してきました。

いつもはJR福吉駅側から登っているが、今回は逆の筑前深江から歩き始めた。

2014,10,12浮嶽縦走-38



2014,10,12浮嶽縦走-1
奥さんの背中側が深江の駅です。登山口を示す標識はここにはありません。
駅を出たらすぐ左、駐輪場にそって歩きだします。6:52



2014,10,12浮嶽縦走-2
住宅街を抜けて、畑のあるほうに向かいます。6:58



2014,10,12浮嶽縦走-3
上の写真の矢印のあたりに標識があります。
この先にあるビニールハウス(写真ではフェンスの内側に見える白い建物)
のところから左折して水路沿いに進んでいきます。6:59



2014,10,12浮嶽縦走-4
水路沿いに進みます。7:01



2014,10,12浮嶽縦走-5
大きなバナナの木の横を通過。7:04



2014,10,12浮嶽縦走-6
老人保健施設『ふる里』を右手に見ながらさらに進んで行きます。
道がわからないときは、この施設を訪ねていけばよいと思います。7:05



2014,10,12浮嶽縦走-7
やっと二丈岳の道標が出てきました。
ここからは案内がずっと出ています。7:08



2014,10,12浮嶽縦走-8
ゲートボール?の練習場のようなとこの脇を抜けます。7:12



2014,10,12浮嶽縦走-9
小屋の少し先から道が付けられています7:13



2014,10,12浮嶽縦走-10
少し上がると舗装路に出ますので、これにそって歩いていきます。7:17



2014,10,12浮嶽縦走-11
さっきの場所から20分でここに来ます。ここから山登りになります。7:36



2014,10,12浮嶽縦走-12
林道を横切ります。7:41



2014,10,12浮嶽縦走-13
ここも突っ切っていきます。7:51



2014,10,12浮嶽縦走-14
一貴山(山名ではなく地名です)の分岐。
立派な道標が立ち道迷いも無くなりましたね。8:27



2014,10,12浮嶽縦走-15
二丈岳山頂です。僕たちと同時に反対側から一人登ってこられました。
これから女岳に行かれるそうだ。山頂付近はさっきまで雨だったようだ。
靴ひもを締めなおして下山します。8:40



2014,10,12浮嶽縦走-16
15分ほどで分岐です。今日は右側の登山道を下ります。
左側は林道になっていて、こちらからもキャンプ場経由で降りられます。8:54



2014,10,12浮嶽縦走-17
登山口に降りてきました。左折します。9:13



2014,10,12浮嶽縦走-18
つばき橋を渡ります(右折)3コマまえの写真で、林道も下れると言いましたが、
ここに出てきます。この先がキャンプ場になっています。9:24

2014,10,12浮嶽縦走-19
つばき橋道標のアップ。



2014,10,12浮嶽縦走-20
林道に出たらここが女岳の登山口です。少し上手に水場があります。9:38



2014,10,12浮嶽縦走-21
脊振の縦走路に出ました。左に行けば羽金山です。9:55



2014,10,12浮嶽縦走-23
女岳山頂に着きました。予想通り誰もいません。
ここでザックを下し長めの休憩をとりました。10:04~17



2014,10,12浮嶽縦走-24
女岳を降りてきたところが荒谷峠です。浮嶽へは右です。10:36



2014,10,12浮嶽縦走-25
右折したらすぐ左折です。10:37



2014,10,12浮嶽縦走-26
標識に従い登山道を進みます。10:40



2014,10,12浮嶽縦走-27
登山口に入ったところにたくさん蝶が飛んでいました。
名前は分かりませんが、きれいな蝶でした。


10分くらい歩いたでしょうか、突然ぼくの左前方をガサガサと大きな音を立てて
何か通って行った。何者かと切り株の上に立ってみるが音はもう一切しなかった。
登山道に戻ると上のほうで奥さんが大きな声で「ア~イノシシだ(@_@)」
急いで駆け上ったがもうイノシシの姿はなかった。
なんでもウリ坊が2匹いたそうだ。僕がさっき見たのはきっとその連れだったんだろう。
残念僕も見たかった。


2014,10,12浮嶽縦走-28
浮嶽山頂です。いい時間なのでここで弁当を広げました。
大汗をかいていたのでカッパを着こみます。
ここには3名いました。11:29~11:57



2014,10,12浮嶽縦走-29
下山は古い銀杏の木があるまえを通って行きます。11:57



2014,10,12浮嶽縦走-30
白木峠に降りてきました。ふ~長かった(__)12:57

2014,10,12浮嶽縦走-31
十坊山へ


2014,10,12浮嶽縦走-32
お花畑がありました。もう山頂が見えています。
ここの道も30分程度ですがけっこうきつかった。13:26



2014,10,12浮嶽縦走-33
山頂の大石に上がってミカンをいっこ食べました。
風が心地いい。「き~もちいい!」を連発!(^^)!13:28~40



2014,10,12浮嶽縦走-34
ミカン畑のところまで出てきました。もうあと少しです。14:16



2014,10,12浮嶽縦走-35
中村集落を左折。この後『会津ラーメン』を通過した後右折して
両側に田んぼを見ながら駅に向かう。14:37



2014,10,12浮嶽縦走-36
JR福吉駅です。筑前深江を出てから約8時間かかりました。
今日は奥さんのペースが速くへろへろになりながらついて行きました。
汗もこれでもかというくらい掻きましたが、終日風があり良い山行ができました。14:55
[ 2014/10/12 14:20 ] 浮嶽縦走 | TB(0) | CM(2)

2013,7,21浮嶽縦走

南アルプスに向け今回もなんちゃってボッカ登山です。

福岡はこの日も35度を超える猛暑日。そんななか奥さんとふたり

十坊~浮嶽~女岳~二丈岳とやく20キロを9時間かけて歩きます。


2013,7,21-1
この日も奥さん2ℓ、reoen4ℓザックに詰め込みます。
たかだか4kgと笑うなかれ、9時間担いで歩くとけっこうヘタレてきます。



hxo709.jpg
それと今回もう一つ新兵器を試してみました。大の汗かきの僕には蒸れて
絶対無理だと思っていたんですが、書き込みなんかを見ていると結構よさそうなので
思い切って大枚はたいて購入しました。



2013,7,21-2
いつものように、筑前深江に車を止め(1日310円)福吉で降ります。
もうこの時点で汗が出て来ています。ふぅ~先が思いやられます。6:59



2013,7,21-3
十坊山から今日歩く山々が見えます。右手前がこれから登る浮嶽。
その左隣ちょこっと頭を出しているのが女岳。
そして写真中央に見えるのが二丈岳です。8:36~8:53


それにしても今日は本当に暑い!「絞ったら汗出るかも(^^)v」と

服を脱いでギュッと絞ってみたら…あらら本当に絞れちゃいました。

山登りで熱中症になんかなったらシャレになりません。こまめな給水を心がけるようにした。



2013,7,21-4
白木峠9:18暑さと、重いので
中々ペースが上がらない。



2013,7,21-5
浮嶽山頂です。気が付いたんですが、今回道標や山頂標識が新しく設置されていました。
奥さんミニあんパン1個、わたしおにぎり1個補給する。1036~10:52



2013,7,21-6
11:25

ここで一大事発生!僕のサングラスの耳あて部分(テンプル)が無くなっているのに気付く。

しばらく戻るが無い。行ったり来たりするが無い。時間もかなりロスしている。

「もう、諦めよう…」と話をしながらふと3,4メートル先に目をやると

あった!ありました。

うろついている間にお昼時になってしまいました。荒谷峠はまだですが、

風通しの良い杉林で昼食にしました。樹間を抜けていく風は心地よく、いつまでも

こうしていたい気分になりますが、そうもしていられません。

再び重いザックをしょって歩きだします。



2013,7,21-7
女岳登山口で一息つく奥さん。山頂まで30分程度ですが結構ここの道きついんです。12:39


2013,7,21-8
女岳山頂です。今回は海が良く見えます。きっと新標識を設置した際に、正面の木立を
いくらか伐採したみたいですね。13:03



2013,7,21-9
女岳を降りてくると水場があります。いつもは真っ直ぐ通過してるんですが、
今日は水の落ち口に、頭を突っ込みました。
「きっ気持ちい~い」それくらい暑かったんです。13:27



2013,7,21-10
二丈岳山頂です。誰もいません。こんなのは初めてです。山頂付近の草も相当伸びています。
しかし相変わらず最高の眺望です。あ~こんな所で暮らしたい。14:32



2013,7,21-11
深江への分岐です。ここにも今回立派な道標が設置されていました。
以前僕が作った道票がオモチャに見えます。(^^)v
でも、撤去せずに残してくれています。何かちょっと嬉しいです。14:43


2013,7,21-12
ここにも新しい道票が…14:56


ここまで約7時間歩いています。CW-Xの効果はいか程かとチェクして見る。

歩き初めは、力のかかって無い足(浮いている足)がキュッと締め付けられるのが

今までにない感覚で面白かったが、後半に来てその効果を実感した。

特に膝のサポートは塩梅良く、足を着地した際に膝にブレ感が少なく安定している。

下山後温泉につかると、足にテーピングの痕がしっかり残っていた。

心配していた蒸れも、クールマックスと云う素材のせいか、汗はしっかりかいているものの

違和感はなく、装着感はすこぶる良かった。

2013,7,21-13
あと1ヶ月もすると店頭で見ることが出来るかも?



2013,7,21-14
もうすぐ深江の駅に到着と云う所で変わったカラス発見。
最初ケガでもしているのかと思ったが、元気に飛び立ったので、
恐らくお腹を冷やしていたんじゃないでしょうか?



2013,7,21-15
16:10筑前深江駅に戻ってきました。
本日のなんちゃってボッカ登山終了で~す。この猛暑のなか9時間もよ~歩くわ。

来週は南アルプスを同行して頂くK子氏と、井原山、雷山を沢登りコースを交えて周回します。


励みになります。よろしかったら下のバナーのクリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


[ 2013/07/22 22:35 ] 浮嶽縦走 | TB(0) | CM(2)