FC2ブログ

2019,1,14宝満山

来週おじちゃんと一緒の冒険クラブで難所が滝に行く予定なので

今日はその下見がてら、宝満山に久しぶりに行ってきました。

2019,1,14宝満山-1
猫目新道から入って行きましたが、以前はこんな案内板はありませんでした。
ポピュラーな道になったんですね。



2019,1,14宝満山-2
20分位上るとロープが出てきます。その後急登がしばらく続きます。



2019,1,14宝満山-3
うさぎ道まで上がってきました。今日はここを竈神社側に少し下り、
遠見の岩に上がって行きます。

うさぎ道の取りつきを最初は真っすぐ下り、

その後東に高度を維持しながらトラバース気味に進みました。

涸れ沢をふたつ越したところではたと困った。予想はしていたが道らしきものが無い。

GPSを頼りに右手の尾根(杉林)へ強引に進んだ。

尾根をしばらく行くと、やったー目印の赤テープが出てきた。

2019,1,14宝満山-4
が、喜んだのも束の間、直ぐに目印は無くなってしまった。

羅漢堂までは100m位しかないのだが、枯れ木が多く手掛かりが少ない。

尾根の左側だけは行かないようにし、歩きやすい場所を探しながら進んだ。


2019,1,14宝満山-5
と、また目印がポツリ現れた。どうやら人の選ぶ道は似ているようだ。
しかしこんな道登るやつの気が知れない。



2019,1,14宝満山-6
何とか羅漢道に合流し遠見の岩へ。初めて登ったが素晴らしい眺望だった。
12時を既に回っていたので、シャリばて気味の僕は
ここで奥さんに昼飯にしようと進言したがあえなく却下された(-_-;)



2019,1,14宝満山-7
遠見の岩から見る若杉山と砥石山。
このアングルからは見たことが無かったのでとても新鮮でした。



2019,1,14宝満山-8
羅漢堂に合流してからも結構な急登が続いた。



2019,1,14宝満山-9
久しぶりの宝満山山頂だ。昼時ではあったが相変わらずの盛況ぶりだ。
ここでやっと昼飯にありつける。今日は久しぶりに食べる海鮮カレー飯だ。

昼食を終えザックを担ぎ歩き出そうとすると、こちらを見つめる誰かの視線?

「えッMさん?」向こうも驚いた様子だった。

Mさんと駄弁っていると脇で奥さんが「あ~○○さん!!」と発した。山遊会の方だった。

暫く話した後別れを言い、僕達は縦走路に降りていった。


来週の難所ヶ滝の下見なので、滝経由で河原谷に下ろうと谷に頭を突っ込んだが、

いやいや来週まで滝は先ず凍らんだろう。ならば宝満山に子ども達を連れて行き、

帰りはうさぎ道経由が良かろうとこちらを下った。

2019,1,14宝満山-10
駐車場付近で靴を洗い舗装るに戻ると、
おお~梅じゃ、梅の花が一輪咲いとる。、



2019,1,14宝満山-11
今日は前回に続きポンちゃんルートを踏襲させてもらいました。

来週は気圧の谷通過で雨予報が出ています。
スポンサーサイト



[ 2019/01/14 23:36 ] 宝満山 | TB(0) | CM(2)

今回は奥さんが新しい靴を買ったので馴らし履で三郡、宝満とピストンしてきました。

街履きは3,4回履いているのでたぶん大丈夫だろうと思っていたが、

予想以上に相性が良かったようで、一日通して違和感は出なかった。

痛みが出たのは僕の方でした。ソールを入れ忘れてきてしまい、やむなくそのまま歩いたのですが

宝満山に着いた時にはすでに結構な痛みが出ていました。

足の痛みを抱えて歩き返しのはとても辛かった。

この日は結構涼しかったのに足の痛みで今回も汗まみれになってしまいました(-_-)

その上今日は、カメラも時計も忘れてしまいました。

気の緩みのつけが足の痛みになって帰ってきました。

2015-9-5-ショウケイ越2



仏頂山
今日は奥さんの靴の他に気になることがあった。台風後の山の様子だ。
登山道に入ったら案の定たくさんの倒木があった。中でもひどかったのが
この写真に写っている仏頂山山頂のものでした。樹齢80年以上はあろうかと思われる
大木が無残にもへし折られていた。


ショウケ越
ショウケ越



ゲンノショウコ
ゲンノショウコ



ヤマホトトギス
ヤマホトトギス
[ 2015/09/06 17:39 ] 宝満山 | TB(0) | CM(0)

2015,2,1難所ヶ滝下見

来週(2月8日)おじちゃんと一緒の冒険クラブで、

子どもたちを引き連れ難所ヶ滝に行くことになっているのだが、

滝の情報はあまりいいものが入ってこない。

「凍って無いかも…」と思いながらも登山道の確認に出かけてきた。

2015,2,1難所ヶ滝-1
昭和の森の上の駐車場です。11時を過ぎているとはいえ満車でした。
幸い時間が遅かったので、下山された人のスペースが2台空いていた。11:05



2015,2,1難所ヶ滝-2
11:27



2015,2,1難所ヶ滝-5
小つららのところまで来ました。オッ少しですが凍っています(^^)v
ちょっと期待しつつ歩を進めます。11:58



2015,2,1難所ヶ滝-7
ありました、凍ってました。しかし気温が上がってきているため
かなり溶けてきていました。崩壊も時間の問題でしょう。
ここでお昼にしました。12:07


2015,2,1難所ヶ滝-8


2015,2,1難所ヶ滝-9



2015,2,1難所ヶ滝-10



2015,2,1難所ヶ滝-11



2015,2,1難所ヶ滝-12



2015,2,1難所ヶ滝-13
稜線にはまだ雪が残っていました。12:54



2015,2,1難所ヶ滝-14



2015,2,1難所ヶ滝-15
宝満山頂が見えてきました。岩の上に人影が見えます。13:26



2015,2,1難所ヶ滝-17
宝満山頂です。この日は空気が良く澄んでいて、英彦山山頂の雪も見ることができました。13:33



2015,2,1難所ヶ滝-18
縦走路を折り返し、河谷コースに向かう。踏みしめられた雪は気を抜くと
ツルッといってしまいそうだ。アイゼン装着者も何人かおられた。13:53



2015,2,1難所ヶ滝-19
粕屋の街を見ながら気持ちよく下っていく。14:07



2015,2,1難所ヶ滝-20
樹闘



2015,2,1難所ヶ滝-21
難所ヶ滝のすぐ近くを通った際、2度ほどガシャ~ンと云う
つららの落ちる音が聞こえた。


3時過ぎに駐車場まで戻ってきました。車は数台残っているだけでした。

何とか凍っていた滝も、今日の寒の緩みでほとんど落ちてしまったと思う。

今週の中ごろまた寒気がやって来るようなので期待したい。

ただ今回のようなコース状況(ぬかるみや積雪)だと、当日は

難所ヶ滝ピストンになるかもしれません。すべてはお天気次第です。
[ 2015/02/02 20:50 ] 宝満山 | TB(0) | CM(0)

2014,10,5ショーケ越~宝満山ピストン

台風18号が接近しているが、14キロのザックを背負って

ショーケ越から宝満山をピストンしてきました。

前日、明日は朝からどうせ雨だと決め込み、

映画『アバター』を見ながらいい調子でバーボンのロックをあおっていた。

ところが、朝目覚めると雨は降っていなかった。

天気予報を見ると午後3時ころまではもつらしい。

大急ぎで準備してショーケ越に向かった。

当初は若杉楽園からの予定でしたが、台風接近の為短縮してショーケ越からとした。
2014,10,5宝満山-1
ショーケ越です。車は1台もありません。8:29



2014,10,5宝満山-2
鬼岩谷山9:04



2014,10,5宝満山-3
砥石山9:20



2014,10,5宝満山-4
前砥石9:32~37



2014,10,5宝満山-5
内ヶ畑コース分岐9:54



2014,10,5宝満山-6
欅谷(つきだに)Aコース分岐9:56



2014,10,5宝満山-7
欅谷Bコース分岐10:20



2014,10,5宝満山-8
三郡山です。今日はピークは踏みません。10:27



2014,10,5宝満山-9
天の泉です。ここは結構枯れていることがあるのですが、
今日はたっぷり出ていたので、ボッカ用に詰めていた水道水と入れ替えです。
10:38


2014,10,5宝満山-10
頭巾山分岐10:46



2014,10,5宝満山-11
難所ヶ滝分岐10:54



2014,10,5宝満山-12
難所ヶ滝分岐11:01



2014,10,5宝満山-13
八葉の峰11:07


2014,10,5宝満山-14
仏頂山11:10



2014,10,5宝満山-15
宝満山11:20~30


今日はすこぶる調子が良かった。

なんとシヨーケ越から宝満まで3時間かからずに来ている。

雲行きが怪しいので、大急ぎでお昼を済ませ、帰りもこの調子でといざザックを背負うと、

アララズシリと重い。まるで子なきジジイにしがみつかれたようだ。

それでもだましだまし歩いて行くうち、三郡山に着くころようやく子なきジジイは降りてくれた。

スッと体が軽くなりペースも戻った。以下ショーケ越までのタイムは

宝満山1138-三郡山12:31-前砥石13:18~23

砥石山13:36-鬼岩谷山13:49-ショーケ越14:13


予定よりかなり早く戻ってきたので、クールダウンを兼ねて、

ザックを置き、僕の大好きな若杉ヶ鼻に行くことにした。

しかし半分くらい行ったところで雨が落ちてきた。

カッパも無い。迷わず引き返すことにした。

小雨を避け森の中でしっかりストレッチをした後、

着替えをしながら冷えた『ドデカミン』をイッキ飲みした。
[ 2014/10/06 22:30 ] 宝満山 | TB(0) | CM(0)

2014,9,28ナメ滝~大滝~頭巾山

今日は午後から校区の運動会の警備の役が回ってきたので、

午前中昭和の森から縦走路まで上がってみた。

コースはナメ滝、大滝経由で行くもので、今回初めて歩いた。

人のほとんど立ち入らないコースのようだが、歩いてみると

これがなかなかおもしろかった。一部不明瞭なか所もあったが、まーこれは御愛嬌。


2014,9,28頭巾山-1
これが今日のコースです。



2014,9,28頭巾山-2
いつもの駐車場です。ダムのほうへ進みます。6:50



2014,9,28頭巾山-3
河原谷へは右ですが、今日は左折します。
初めての道はわくわくします。7:06



2014,9,28頭巾山-4
ほっつき歩きさんのHPには右の道は倒木があり
左の道から入るとの記載があったのだが、
倒木は処理されおり、普通に通ることができました。7:10



2014,9,28頭巾山-5
いったん川に出ます。7:15



2014,9,28頭巾山-6
ここで僕たちは大チョンボ(いつものことか( 一一))
僕たちは登山道の途中にナメ滝があると思っていたのだが、
実際は立ち寄りの滝だった。
滝を見た後、また戻り登山道を進めば何の問題も無かったのだが、
下の写真を見てください。

2014,9,28頭巾山-7
ナメ滝の上を渡渉する奥さん。
その先に赤いテープが結ばれているのが見える。
僕らはてっきりその先に道があると思い込み、
対岸の急斜面を登って行ったのだが、どこにも道はない。
20分ほど迷っただろうか、奥さんがいったん戻り道を発見。
なんだ立ち寄りの滝だったんだ。7:23



2014,9,28頭巾山-8
気を取り直して登山道を進む。7:54



2014,9,28頭巾山-9


2014,9,28頭巾山-12
大滝8:35



2014,9,28頭巾山-11
稜線に上がってきました。
頭巾山に行くつもりでしたが、行ってもねぇ~
お腹もすいてきたので、ピストンして大滝でおにぎりを
食べることにしました!(^^)!9:02




気持ちよかったです。



2014,9,28頭巾山-13
巨木(ここでも道迷いをして、ついで?に発見しました)10:17



2014,9,28頭巾山-14
アケビ。食べてみましたが、若かったので甘味は弱かったです。10:47



2014,9,28頭巾山-15
カマキリがバッタだかコオロギだかを食っていました。きびしい!11:11



2014,9,28頭巾山-16
運動会の門番をN会長と30分やって今日はおしまい。


[ 2014/09/28 15:30 ] 宝満山 | TB(0) | CM(0)