FC2ブログ

2017,2,11昭和の森~砥石山~難所ヶ滝

先月に続き西日本に再び寒波がやってきた。

今回は前回よりも大型のようだ。

雪の山も今シーズンはこれで最後になるだろうと思い、

「寒くてしもやけが酷くなるからいやだ」と云う奥さんを半ば強引に連れ出した。

が・・・雪を前にして大喜びだったのは、僕よりむしろ奥さんの方だった(ーー;)

地図、コースタイムは奥さんのヤマレコ

2017,2,11難所ヶ滝-1
今回は3年前に辿ったコースが面白かったので今回もこのコースを選びました。
人も少なく(前回、今回ともハイカーは一人もいませんでした)
雪を楽しみながら歩けます。




2017,2,11難所ヶ滝-2
積雪3~4センチと云ったところでしょうか、
踏み跡の無い雪面はワクワク感があります。




2017,2,11難所ヶ滝-3
3年前は赤テープしかありませんでしたが、
砥石山へのルートと確認できるプレートがありました。




2017,2,11難所ヶ滝-4
時折激しく横殴りの雪の為、
3年前とは違いレインウェアのフードを調節しながらの歩きとなりました。




2017,2,11難所ヶ滝-5
工事等があり、心配していた道迷いも無く、
無事林道まで登りあがってきました。




2017,2,11難所ヶ滝-6
林道を分けます。




2017,2,11難所ヶ滝-7
このあたりから積雪もグンと多くなりますが、
柔らかい雪なので歩きづらくはありませんでした。





砥石山直前の登り



2017,2,11難所ヶ滝-8
無事縦走路(砥石山)に出会いました。踏み跡は少なかったです。
少なくとも今日はまだ誰も歩いていませんでした。




   2017,2,11難所ヶ滝-9  2017,2,11難所ヶ滝-10


2017,2,11難所ヶ滝-11


2017,2,11難所ヶ滝-12
前砥石です。前回は晴天無風だったのでここでランチとしましたが、
今日はとてもそんな状態ではありません。
時間も11時を少し回ったところなので先に進みます。




2017,2,11難所ヶ滝-13
内畑コースの分岐を過ぎたあたりから、稜線風がかなり強くなる所があり、
また、積雪量も増え歩きづらく、ランチどころか奥さん口数もぐっと少なくなりました




2017,2,11難所ヶ滝-14
ようやく三郡のレーダーが見えてきました。




2017,2,11難所ヶ滝-15
三郡山頂は今日はパスします。
この時点では雪も止み青空も少しのぞきだしました。





昼食も終わり再び縦走路を歩きます。雪、風も無く気持ち良く歩けました。


2017,2,11難所ヶ滝-16
縦走路を離れ難所ヶ滝 の方に下りていきます。




2017,2,11難所ヶ滝-17
難所ヶ滝まで降りてきました。滝のでき具合は最盛時の半分位でしょうか?
しかし、ここ2~3日で出来たにしては立派な滝だと思います。
僕は無雪期にここで氷瀑を想像しながら飯を食うのが好きです。




2017,2,11難所ヶ滝-18



2017,2,11難所ヶ滝-19



2017,2,11難所ヶ滝-20



2017,2,11難所ヶ滝-21



難所ヶ滝から前回同様再び縦走路に登りあがり、宝満山まで行き、

再び折り返してうさぎ道で下山するつもりでしたが、

思った以上に雪による筋肉ダメージが大きかったので、

今日はこのまま河原谷(こうらだに)コースを降りることにしました(~_~;)


2017,2,11難所ヶ滝-22
縦走路を歩いているときヘリの音がずっとしていました。
新聞社のヘリかと思っていましたが、事故がありケガ人が出たようです。




2017,2,11難所ヶ滝-23
昭和の森が近くなる頃、空も青みが差してきました。
ここらでアイゼンも外し、ザックに収めました。




2017,2,11難所ヶ滝-24
予定を変更し早めの下山となりましたが、
福岡の山の一瞬の冬山を堪能できました。
スポンサーサイト



[ 2017/02/12 18:05 ] 三郡山 | TB(0) | CM(0)

2016,9,17若杉(楽園)~三郡山ピストン

奥さんの骨折や、天候の具合もあって一ヶ月山から遠ざかっていた。

さて、どこを歩くか。迷った挙句近場の三郡山にした。

初めは楽園から宝満山までピストンしようかとも思ったが、

なまった体がもつか心配だったので、三郡山までとした。

2016,9,10-三郡山1
楽園から歩きはじめたが、一ヶ月前とは空気が全く違っていた。
ひんやりとしていて気持ちいい。快適に歩けそうだ。7:54




2016,9,10-三郡山2
トウダノ二又杉の落葉コースは、雨で崩落個所があるようだ。
そんなに大雨も無かった気もするが…大きな崩れでは無ければよいのだが。
左の七又杉のあるルートに入る8:03




2016,9,10-三郡山3
気持ち良かったのはここくらいまで。汗かき親父のデコには既に大量の汗がにじんでいる。(@_@;)8:18




2016,9,10-三郡山4
奥の院への階段が出てきました。ここの石段は踏面が狭く滑りやすく危険です。
下りは特に注意が必要だ。8:30




2016,9,10-三郡山5
いつものことながら、山頂標識が無いと絶対にここが山頂だとは分からない若杉山山頂。8:40




2016,9,10-三郡山6
ショウケ越にかかる橋にこんなものが、てっきり宇美町のものだと思っていました。
修繕工事の必要があるのか?亀裂部に白チョークがあった。9:30




2016,9,10-三郡山7
カヤ(ススキ)で埋め尽くされた鬼岩谷山山頂。
ススキの葉は鋭く、スパッと切れてしまうことが良くあるので、
慎重にかき分けながら進んで行く。10:05




2016,9,10-三郡山8
キンミズヒキ

2016,9,10-三郡山9
オミナエシ

2016,9,10-三郡山10
11:35




2016,9,10-三郡山11]
11時45分三郡山の山頂です。
大根地山とかは良く見えますがPM2.5が多いのだろうか英彦山は望めなかった。




2016,9,10-三郡山12
ギンリョウソウ

2016,9,10-三郡山13
ヤマジノホトトギス(中央の雄蕊に斑点があるとヤマホホトギス。知らなかった)

2016,9,10-三郡山14
ショウケ越を過ぎ、若杉への杉林を歩いていると先行するグループに追いついた。
人気の少ないこの登山道に、30人程の一団は異様にも映る。
すぐにリーダーが気付き、道を譲ってくれた。一行は楽園から砥石山のピストンだった。14:40


久しぶりの山歩きは気持ち良く歩けた。

特に奥さんは調子が良かったようで、僕が途中喘ぎながら付いて行く場面もあった。

しかし体は正直なものだ。帰りの前砥石辺りから、右ひざに痛みが走り始めた。

久しぶりの膝痛に時折顔がゆがむ。タイツもはいて来たのにクソッ!


2016,9,10-三郡山15
時折視線が合う。ちょっと緊張(^_^;)



2016,9,10-三郡山16
楽園への下り道、上りは通行止めとあった二又杉コースだが、
通行注意となっている。進んでみたら大した崩れは無く普通に歩けた。
少し遠回りになるが、安全に歩くならこちらの道の方がいいでしょう。15:40


翌日、実家で田んぼの草刈りをしたが膝痛は治まっていなかった。

体の向きを変える度痛みが走った。仕事にならないので、

持ってきていたテーピングテープで囲がたに固めたら随分楽になった。

こんなんで100キロウォーク大丈夫かな?ちょっと不安がよぎった。


草を刈っていて面白いことがあった。

足下にゲンノショウコがいっぱい咲いていた。

2016,9,10-三郡山17

三郡山では山の花として愛でてカメラに収めたが、

一転今日は無造作に(ではないが)草刈り機で刈り取っている。

人間とは何とも身勝手なものだ。
[ 2016/09/12 23:31 ] 三郡山 | TB(0) | CM(0)

2016,7,23磯間嶽・

今回は少し足を伸ばして、鹿児島まで行ってきました。

少しと云ったが、帰ってみれば車のトリップは785kmを示していた。

当初の予定では、磯間嶽を2日間とも登る予定でしたが、

結果的には100名山の開聞岳も登ることが出来た。

2日間とも厳しい暑さで、ものすごい量の汗をかいた。

おまけはアブだ。こいつには全く頭を悩まされた。数えたら全身20ヶ所程刺されていた。

2016,7,23磯間嶽-1
懐かしい標識を目にした。4年前おじちゃんと一緒の冒険クラブで
南薩少年自然の家を訪れたのだが、この時は大変な思いをした。
興味のある方はこちらをご覧ください。



2016,7,23磯間嶽-2
午前10時を少し回っています。今から磯間嶽に向かいます。



2016,7,23磯間嶽-3
登山口までの林道は、先日の雨によるものなのか
たくさんの倒木があり歩きづらかった。



2016,7,23磯間嶽-4
林道を15分歩くと登山口に着いた。
最初はこの梯子から始まる。



2016,7,23磯間嶽-5
10分ほど登ると展望が開けた。
見えるのは大浦町の町並みです。先には海が広がっている。



2016,7,23磯間嶽-6
岩を三点支持で登り始めると奇岩が出て来る。



2016,7,23磯間嶽-7
大坊主岩を通過すると最初のロープが出て来る。
奥さんいきなりの苦戦。「まき道通ろうかな…」なんて云いだしている。
あわてて上から指示を出し何とか登ってもらった。ふぅ~



2016,7,23磯間嶽8
続いて小坊主岩。写真の角度が良くないが、
この岩は接地面が少なくいまにも落ちてきそうだ。



2016,7,23磯間嶽-9
巻き道は通りません。



2016,7,23磯間嶽-10
全て登ります。



2016,7,23磯間嶽-11
いい格好の磯間嶽が見えてきました。
それにしても今日は蒸し暑い。



2016,7,23磯間嶽-12
眺望は全くありません。
今まで南下してきた登山道は、ここから東に延びる尾根伝いになる。



2016,7,23磯間嶽-13



2016,7,23磯間嶽-14
さらに岩場は続く。第9岩場辺りだろうか?良く分からない。



2016,7,23磯間嶽-15
今立っている所はほとんど無風なのに、風力発電の羽はくるくる回っている。
不思議だこんど調べてみよう<(`^´)> 



2016,7,23磯間嶽-16
ここの最後らへんは、体のでかい人はちょっと辛いかもしれない。




2016,7,23磯間嶽-17かわいく綺麗でしたが


2016,7,23磯間嶽-18なんだか分からない




2016,7,23磯間嶽-19
今日の最高峰中岳です。ここも眺望はありません。


中岳の少し先でお昼にした。が、その前に服を脱ぎタオルよろしくギュッ~と絞ると

大量の汗が出て来た。帽子も振ってみたら、ツバの先から出た汗が木の葉に当たり、

ジャ!ジャ!と音を立てている。

「お~汗のかき方だけは田中陽希ばりじゃ~」

お昼はズケ丼だった。酢飯の上に良く冷えたズケ(カツオ)は

ばて君の体にするりと入って行き有難かった。

2016,7,23磯間嶽-20
おそらくここが第11岩場か?結構長くロープを伝う。
ここも巻き道は確かあったと思う。


2016,7,23磯間嶽-21
ここにも奇岩の類があった。『わんこ岩』だそうだが、
何となく見えなくもないが…



2016,7,23磯間嶽-22
そしてこちらはカエル岩。ここが目だと奥さんが解説しているが
その時はよく分からなかったが、こうやってみるとウンウンなるほど。



2016,7,23磯間嶽-23
磯間嶽が近づいてくると地形が少し変わって来る。
迷路とまではいかないが、田の神さあ岩辺りはちょっとめまぐるしかった。



2016,7,23磯間嶽-24
磯間嶽が近くなってきた。近くに来てもいい格好だ。


2016,7,23磯間嶽-25
遠くに野間岳がかすんで見えた。こちらの山も秀峰だ。



2016,7,23磯間嶽-26
奥さん気をつけて。



2016,7,23磯間嶽-27
んッ?こっちが第11岩場か?もう良く分からん。




2016,7,23磯間嶽-28
苔があるので湿っていると危険だ。



2016,7,23磯間嶽-29
人形岩と思って撮ったのだが、これは違っていた。
本物はこの先の、上津貫登山口へ5分下ったところにある。



2016,7,23磯間嶽-30
磯間嶽の鞍部です。ここから鎖を伝って登って行きます。高度感ありそうです。


山頂への登り


2016,7,23磯間嶽-31
360度見渡せる磯間嶽山頂。



2016,7,23磯間嶽-32
景色を楽しんだら引き返します。高度感はありますが、
足場はしっかりしていてホールド感はいいです。



2016,7,23磯間嶽-33
最後は足下が見えないので要注意です。



2016,7,23磯間嶽-34
下山は大浦コースの林道わ下って行く。
草は伸び放題で荒れていた。


下山して車に戻り加世田に移動していると、

時間が早いので奥さんが野間岳に行こうと云いだした。

下調べをほとんどしていなかった僕は、把握していなかったが、

確かにさっき山頂から野間岳が見えた。

早速ナビに野間神社まで案内してもらった。

2016,7,23磯間嶽-35
40分程走り野間神社に着きました。ここが登山口です。



2016,7,23磯間嶽-36
汗まみれの服を着替え歩き出しました。
暫く下が舗装された道が続きます。



2016,7,23磯間嶽-37
少しだけこんな場所もありました。



2016,7,23磯間嶽-38
神社から25分で山頂に着きました。ここには一等三角点があります。
残念ながらそれ程眺望はありませんでした。



2016,7,23磯間嶽-39
明日は磯間嶽磯間嶽には登らず、開聞岳に行くことにしました。
天気が良ければ、屋久島や霧島山系が見ることが出来るかもしれない。
が、先ずは風呂に入りたい。
[ 2016/07/27 00:11 ] 三郡山 | TB(0) | CM(2)

2015.5.17三郡山(内畑コース~三郡山~大滝コース)

大滝


奥さんの右足の肉離れも2カ月以上経過し、かなり復調してきたようだ。

先週は北九州の風師山、その前の週は近くの立花山と登り、

先ず先ずの手応えのようだったので、少しだけ本格的に登ってみることにした。

多少の不安はあったが、Yさん、Nさんが伴歩してくれるので、きっと楽しく歩けるだろう(^^)v


2015,5,17三郡山-1
昭和の森駐車場には、新緑を求めるハイカーの車でいっぱいだった。
ここから内畑コースに向かってゆ~っくり歩きだします。



2015,5,17三郡山-2
あれ?奥さん何やってるんでしょう?



2015,5,17三郡山-3
答えはこれ。ギョリンソウはめったに見ませんが、
まぁーここにはい~っぱいありました。後ろの白いのも全部そうです。



2015,5,17三郡山-4
縦走路まで上がってきました。ゆっくり歩いたので1時間半かかってしまいました。



2015,5,17三郡山-5


2015,5,17三郡山-6
三郡山山頂です。先客が3名ほどおられた。



2015,5,17三郡山-7
山頂には長居せず、大滝コースに向かったんですが、
僕が去年付けた赤テープが無く、探すのにちょっとだけ時間がかかってしまいました。



2015,5,17三郡山-8
人工林に入ってから勾配が急になります。



2015,5,17三郡山-9
大滝です。ここでお弁当にしたんですが、
大汗かきの僕は、ブユに耳の中や指など4~5ヶ所刺されてしまいました(;一_一)
Yさんキューイ美味しかったです。ありがとうございました。



2015,5,17三郡山-10
後半の登山道も岩が多く結構きびしい。



2015,5,17三郡山-11
一瞬、屋久島?を思わせるような苔むし方が素晴らしい。



2015,5,17三郡山-12
岩の上に立つ巨木。何という木だろうか?異様なまでの存在感だ。



2015,5,17三郡山-13
ここも渡渉。ここからはずっと左岸をいきます。







2015,5,17三郡山-14
もののけ姫だったかに出てきた『やまびこ』みたいでした。


2015,5,17三郡山-15
ナメ滝です。



2015,5,17三郡山-16
小脇から出てきた谷水をまたいで、今日の山歩きはおしまいです。



2015,5,17三郡山-17
そう云えば、今日は蝉の鳴き声があちこちで聞こえていましたね。



2015,5,17三郡山-18
約5時間程の山歩き。Yさん、Nさんのおかげで楽しい山行が出来ました。



2015,5,17三郡山-19
…で、奥さんの足はと云うと、ちゃんと歩けはしたんですが、
やはり、痛みや違和感が多少あるようです。
まー2カ月山に入って無かったので無理ありませんが、もう大丈夫じゃないでしょうか?
次回はもうちょっとロングコースを歩いてみましょう。
[ 2015/05/17 17:47 ] 三郡山 | TB(0) | CM(0)

2014,8,3昭和の森~三郡山~内ヶ畑こース

福岡地方は、台風12号の影響で昨日来より断片的に雨が降っている。

今日も朝起きると雨が降っていた。

先の福智縦走以来歩いていない。どうしようかと少し迷ったが

奥さん既に着替えて歩く気満々。

カッパの撥水の劣化を見るのにもいい機会なので、昭和の森から三郡を歩いてきた。

2014,8,3-1
雨の中河原谷に向けて歩きだす。奥さんも随分とたくましくなったもんだと後ろ姿を見入る。9:36



2014,8,3-2
ダムもこの通の雨



2014,8,3-3




2014,8,3-4
この時点でレインウェアの中は汗でグッチョリ。ここまで来ると
透湿だのゴア何ちゃらやら関係ない。不快指数MAX!



2014,8,3-5



2014,8,3-6
縦走路に上がってきました。雨は弱まる気配がありません。
こうなると何か笑っちゃいます。



2014,8,3-7
水溜りというより川に近い状態でした。



2014,8,3-8
雨で殺風景な縦走路に一輪だけコンなんありました。
名前は分かりませんが、とても愛らしい花でした。



2014,8,3-9
三郡手前のベンチ場でランチにしました。昨日作ったキーマカレーの残りを持って行ったんですが、
雨でガスを出すのが面倒だったので、そのまま食べたんですが全く問題なかったです。
一緒に食べたトマトとキュウリの旨かったこと。そう云えば、今年のキュウリは、
味も食感も例年以上に感じるのは僕だけか?



2014,8,3-10
今日はこの雨だ。山頂はパスしようと舗装路を左折しようとしたら何やら目に入って来た。
『キケン』なのは確かだが、何をいまさらと云う気がなくもない。
転落事故でもあったんだろうか?



2014,8,3-11
欅谷分岐も小川状態。



2014,8,3-12
僕の好きな内ヶ畑コースで昭和の森へ下りました。
雨は随分と小降りになってきました。



2014,8,3-13
鳥やセミの声を聞きながら気持ちよく降りて行く。



2014,8,3-14
無事下山しました。問題のカッパは予想どうり撥水力が落ちていました。
洗濯してから撥水スプレーをしておこう。











[ 2014/08/04 03:26 ] 三郡山 | TB(0) | CM(0)