FC2ブログ

2019,2,16宗像四塚縦走(ピストン)

土曜日は仕事の予定でしたが、休めるようになったので、

恒例の宗像四塚縦走(ピストン)を奥さんとやってきました。

前日の雨が強かったのか、一部登山道が歩きづらかったが、

福岡県に出されていた強風注意報もそれ程風も無く、快適に歩くことが出来た。

2019,2,16宗像四塚縦走-1
いつもより少し遅い8時3分に登山口を出た。



2019,2,16宗像四塚縦走-2
ほ~こんな所に桜があったのか。河津桜でしょうか幾つも咲いていました。



2019,2,16宗像四塚縦走-3
城山山頂8:29



2019,2,16宗像四塚縦走-4
一年前は確か無かったような気がします。
心地よさそうなテーブルとベンチ。横のはストック立てか?



2019,2,16宗像四塚縦走-5
金山南岳9:06



2019,2,16宗像四塚縦走-6
金山北岳9:16



2019,2,16宗像四塚縦走-7
地蔵峠9:48城山を出てから一人の登山者にも逢っていない。



2019,2,16宗像四塚縦走-8
10:28孔大寺山山頂。ここで20分のランチタイムにした。奥さんはおにぎりを2個
僕はおにぎり一個とカップラーメンを食べた。ここでは福岡の山の会のメンバー13人が
休んでいた。メンバー二人からカリントウとチョコレートをもらった。



2019,2,16宗像四塚縦走-9
垂水峠11:28



2019,2,16宗像四塚縦走-10
お地蔵さんに御挨拶してから湯川山へ。



2019,2,16宗像四塚縦走-11
湯川山12:16先客が二人いて丁度食事中だった。



2019,2,16宗像四塚縦走-12
眺望も良くないのでここから折り返しに掛かる。



2019,2,16宗像四塚縦走-13
後半、地蔵峠からの上りがきついのだ。



2019,2,16宗像四塚縦走-14
見よこの急斜面。毎回思うがこのコースは行も行、苦行の連続だ。
それゆえ下山後の達成感も大きい。



2019,2,16宗像四塚縦走-15
駐車場には午後4時40分に降りてきました。
ここには以前無かった車止めが出来ていた。
もしや誰かが駐車に失敗して落っこちたのか?

帰りは贅沢にもやまつばさで汗を流した。

翌朝、宗像四塚縦走名物の筋肉痛が今回も付いてきていた。

2019,2,16宗像四塚縦走-16
筋肉痛の経験はにゃ~
スポンサーサイト



[ 2019/02/17 14:15 ] 宗像四塚縦走 | TB(0) | CM(0)

2016,3,21四塚縦走

まだ忙しい日々は続いているが

、19日からの3連休を何とか一日休みにして、ちょっとハードな宗像の四塚を縦走してきました。

娘が、愛知県から、宗像に越してきたのを幸いに、登山口のある承福寺まで送ってもらった。

2016,3,21四塚縦走-1
靴を履き替えストレッチをしていると、一本目に入ってきた。



2016,3,21四塚縦走-2
承福寺の桜はまだ一厘も開花していなかった。
奥さんが見ているのは四塚縦走路のマップだ。
距離12,5km時間約7時間と記されていた。



2016,3,21四塚縦走-3
ここのコーすのきつさは良~く分かっているので、心して歩き始めます。
最初はゆっくり、ゆっくり。



2016,3,21四塚縦走-4
登山道は結構荒れていた。
2日前の雨のせいか、道はぬかるんだ所が多かった。



2016,3,21四塚縦走-5
50分で湯川山の山頂に立った。
この日は先週のくじゅうに続き雲ひとつない快晴だったが、
午前中はご覧の通り雲が残っていた。
見える海は玄界灘。風が強いのか白波(手前に見える白いもの)が立っていた。



2016,3,21四塚縦走-6
山頂でおにぎらずを一個食べ、孔大寺山へ向かう。
少し寒かったが、歩く気満々の奥さんカッパを脱いでいる。



2016,3,21四塚縦走-7
垂水峠です。ここを通る国道495号は結構交通量があり、
見通しも良くないので慎重に渡る。湯川山頂から約35分。いいペースです。



2016,3,21四塚縦走-8
五位の石。案内板には二つ説が記されていたが、何れも
この大石で雨宿りをして(身を潜めて)難を逃れたお礼に五位の位を授けたとあった。



2016,3,21四塚縦走-9
孔大寺山頂に着きました。僕達と同時に城山からのハイカーがひとり登ってきた。
ここでは息を整えるため5分程休んだ。



2016,3,21四塚縦走-10
地蔵峠です。ここも水巻側からの車が結構なスピードで通過して行くので慎重に渡る。



2016,3,21四塚縦走-11
地蔵峠からの急登を登りきると金山北岳です。
時計は11時45分を指している(デジタルなので指してはいないが(*^_^*))
孔大寺や響灘を見ながらお昼にした。



2016,3,21四塚縦走-12
石峠。ここの標識も綺麗になっている。
今からの登りに備えカッパを脱ぐ。



2016,3,21四塚縦走-13
城山の山頂です。今日は玄界灘が良く見えました。



2016,3,21四塚縦走-14
城山からは、今回初めて三郎丸側のルートを採りました。
下り始めは自然の巨木がたくさんあり楽しめる道だった。



0.fc2.com/r/e/o/reoen/2016032223004359e.png" alt="2016,3,21四塚縦走-15" border="0" width="700" height="500" />
2016,3,21四塚縦走-16
三郎丸登山口にある尾降神社。綺麗に掃き清められていた。



2016,3,21四塚縦走-17
集落まで下り振り返ると、城山がお見送りをしてくれていた(気がした)。



2016,3,21四塚縦走-18
ひさしぶりのハードな山歩きだったが、娘の家までの舗装路歩きは
何とものどかで、いい時間を味わえました。

翌日、案の定筋肉痛になっていました。

宗像四塚なめんなよと言われたようです。
[ 2016/03/22 23:38 ] 宗像四塚縦走 | TB(0) | CM(0)

2015,10,4宗像四塚縦走(ピストンン)


10月3日、4日と奥さんは四季山遊会さんの『宮崎合宿』で

双石山(ぼろいし山-読めんやろー)と行縢山に行っています。

一方僕は、3日は親子クッキング、4日は校区の運動会のお手伝いを少しだけやる予定でしたが、

行かなくてよくなりポッカリ一日空いてしまいました。

さてどうするか?色々思案した揚句、やっぱり山に行くことになっていた。

で、選んだのは宗像四塚。城山から湯川山をピストンしてきました。

朝、少し寝坊をしてしまい、大慌てで身支度をして家を出ましたが、

予定より30分程遅れて登山口を出ました。

2015,10,宗像四塚-1
朝7時29分しっかりストレッチをやって歩きだしました。
城山まではゆっくりと思っていたんですが、前のおじさん(70歳位だろうか)に
ついて行ったらいつもより少し早く着いてしまいました。
山頂には7~8人いました。



2015,10,宗像四塚-2
今日は単独行なので、トレーニングのつもりで城山からは結構飛ばしました。
好天気でしたが風が強く、気持ち良く歩けました。
とは言っても今回も汗まみれですけど(*^_^*)



2015,10,宗像四塚-3
金山南岳。誰もいません。深呼吸を数回繰り返して歩きだします。



2015,10,宗像四塚-5
宗像の山もご多分にもれず、先の台風で相当やられていました。



2015,10,宗像四塚-4
金山北岳到着です。あれ?山頂標識あたらしくなってませんか?
前回の記録を見てみたら、あらら、カメラのバッテリー切れで画像が残っていませんでした。
ここで腰を下し、大好きなすニッカーズをいただきました。



2015,10,宗像四塚-6
地蔵峠



2015,10,宗像四塚-7
孔大寺山頂です。5分程休憩をとりイチジクパンを1個食べました。
ここにも登山者は一人もいませんでした。
おっ!ここで時計を見たらまだ2時間たっていませんでした。
気を良くして垂水峠に降りて行きました。



2015,10,宗像四塚-8
垂水峠への道もやはり相当荒れていました。
道を完全にふさいでいる場所が2ヶ所ありました。



2015,10,宗像四塚-9
太いシイノキも見事にやられていました。



2015,10,宗像四塚-10
垂水峠に降りてきました。調子に乗って駆け下りてきたので、脚はパンパンです。



2015,10,宗像四塚-11
湯川山には先行者が二人いました。昼飯(鮭のおにぎらず×2個)を喰いながら
70歳になると云うおじさんと少しばかし話しました。

「あんた知っとうね、昔の山の本に書いとったちゃけど、

宗像じゃあ四塚を歩き切らんと、男と認めてくれんらしかったらしかばい」

「そうなんですか、僕は今日往復するんですが…男の男でオカマですかねぇ?」

つぼにハマったらしく、おじさんずっと笑っていました。


復路は予想通り、垂水峠から孔大寺の登りで事尽きた感じでした。

右足のスネが攣ったようになり、」だましだまし歩いていたら

今度は股関節がおかしくなってきた。どちらも痛みは無かったが、

こんな感覚は初めてのことだ。孔大寺山頂に着くまで何度も足を止めた。

孔大寺からは左ひざにも痛みが出てきてヘロヘロだったが、

金山北岳の少し手前で、小さな子ども3人を連れた若いお母さんにあった。

一言、二言交わしただけだが、あらら不思議俄然力が湧いてきた。

7時間を切ることは無理と思っていたのだが、そこからもりかえし、

6時間50分で登山口に戻っていた。良く頑張りました。

でも、もう良いかな(*^_^*)

登山口7:29-城山7:51~53-石峠8:06-金山北岳8:26~29-地蔵峠8:50

孔大寺山9:23~28-垂水峠10:03-湯川山10:42~11:02


垂水峠11:25~27-孔大寺山12:18~24-地蔵峠12:49-金山北岳13:22

金山南岳13:29-石峠13:39-城山14:02-登山口14:19
[ 2015/10/04 21:05 ] 宗像四塚縦走 | TB(0) | CM(0)

宗像四塚ピストン

munakata-6.jpg

2度目の宗像四塚ピストンです。→前回

前回は道標を見落としてひどい目にあいましたが、

今回はどうなることか?いやそれよりも最近ロングコースを歩いていないので、

果たして最後まで歩けるのかと若干の不安もあった。

ストレッチを終えて、歩きだしの写真をと思ってカメラの電源を入れると、

バッテリー残量がありません。と表示され電源が切れてしまった。

先の夜須高原耐寒キャンプで、動画をかなり撮っていたのを忘れていた。

仕方なく奥さんにスマホで何枚か撮ってもらうことにした。

munakata-1.jpg
城山から見える孔大寺山、さらに遠くに見える湯川山。
あそこまで行って帰ってこなければならない。距離は21~22キロくらいだろうか。


munakata-2.jpg
湯川山山頂からの眺め。山頂は広くゆったりしている。


munakata-4.jpg
金山(北岳)から孔大寺を望む。木が伸びたので以前より眺めは良くない。


munakata-5.jpg
金山(南岳)からは赤間の町並みが良く見える。

結果なんとか歩きとおせたが、2日たった今、久しぶりに筋肉痛に見舞われている。

きっと大量の白血球が修復の為、脚の筋肉に集まっているのだろう。近年にない痛みだ。

*往路*
城山登山口7:28~城山8:00~石峠8:20~金山(北岳)8:47~54

地蔵峠9:25~孔大寺山10:13~29~垂水峠11:20~湯川山12:08


*復路*
湯川山12:22~垂水峠13:03~06~孔大寺山14:03~06~地蔵峠14:40

金山(北岳)15:26~石峠15:55~城山16:25~城山登山口16:50
[ 2015/01/25 22:21 ] 宗像四塚縦走 | TB(0) | CM(0)

2014,11,3宗像三塚ピストン

今日は奥さんがまだ六甲縦走から戻ってきていないので、

宗像四塚を一人でピストンする予定でしたが、

前日の文化祭で使ったテントの後片づけの為(雨で当日撤収できなかった)、

午後2時までに下山しなくてはならなくなった。

と云うことで山を一つ減らし孔大寺山までとした。

ゆっくり歩くつもりだったが、寝坊したため、

結果せわしない山歩きになってしまった。あ~もったいない(--〆)


2014,11,3宗像四塚-1
先ずはいつもの水場から宗像市民の山城山を」目指す。



2014,11,3宗像四塚-2
この日も日課登山のシルバーさん達がたくさんいた。
みんなに愛されている山であることが良く分かる。



2014,11,3宗像四塚-3
石峠です。4人ほど休憩中でした。僕はそのまま通過する。



2014,11,3宗像四塚-4
石峠を少し出たところで地元の猟師さんに会った。彼曰く、
「あんたたちゃ、山が有るけん山に登りよろうが、わしたちゃ
イノシシがおるけん登りよると」マロニーちゃんと命名した(^^)v



2014,11,3宗像四塚-5
金山南岳



2014,11,3宗像四塚-6
金山北岳



2014,11,3宗像四塚-7
地蔵峠



2014,11,3宗像四塚-8
孔大寺山頂。

孔大寺でカップめんを食べ、早々と来た道を戻って行った。

この日の福岡は冷え込みが大きかったが、山歩きにはちょうど良かった。

無事2時前に下山して(休憩込みで5時間10分かかった)

テント撤収にも間に合いました。

しかしここの山はいつ来てもきついなぁ(訓練にはもってこいですが(-"-))


夜は、鍋を突っつきながら、奥さんから六甲のみやげ話をいっぱい聞きました。

[ 2014/11/06 22:25 ] 宗像四塚縦走 | TB(0) | CM(0)