FC2ブログ

2020,2,24おじちゃんと一緒の冒険クラブ「耐寒登山」

新型コロナウイルスの影響で、各地でイヴェントの中止が相次いでいる。

僕の住む地域も例外ではなく、次々と催しや会議が中止に追い込まれている。

そんな中、僕達は耐寒登山を実行することにした。幸いコロナウイルスを理由に欠席する子はいなかった。

耐寒登山-1
昭和の森から今回は登ることに。順次運動を済ませ出発です。



耐寒登山-2
本日は猫目新道からうさぎ道に出て、
宝満山~三郡山を辿り内畑コースを経て昭和の森へ帰って来る。



耐寒登山-3
宝満山頂はコロナウイルスどこ吹く風?たくさんのハイカーで賑わっていた。

時計を見ると11時半近くになっていた。三郡まではお腹がもたないだろう。

トイレもあるし、キャンプ場でお昼にすることにした。

耐寒登山-4
キャンプ場も人であふれていた。僕らに残されていたのは
真ん中あたりの草の上だけだった。

冒険クラブで冬場の登山は10回近く実施しているが、

こんなに暖かいのは初めてだ。何せカップ麺をすすっている背中が

暑さでじりじりして来るのだ。正に今季の暖冬の見本のような天気だった。

耐寒登山-7
稜線は少し風があったが、心地よい風だった。
時折目に入るミヤマシキミも気持ちよさそうだ。



耐寒登山-5
後続を待つ間K君の熱演は続く…



耐寒登山-6
三郡山頂。雲が増えたせいか、キャンプ場で確認できた普賢嶽は見えなかった。
ここで時刻は午後2時5分前になっていた。内畑コース経由でも午後4時には
昭和の森に着けるだろうと安堵した(実際は4時12分に着いた)



耐寒登山-8
う~~ヌルッ ヌルッやったねー



耐寒登山-9
長い列になってしまったが、後ろにはSさんが控えているので道迷いの心配も無い。
内畑コースの分岐で待つことにする。



耐寒登山-10
K君熱演がたたってか「なんか、脚が棒みたいです…」
後もう少し。頑張りましょう。



耐寒登山-11
お疲れ様~全員無事下山できました~



耐寒登山-12
新型コロナウイルスはこの後急速に拡大して行き、この登山の3日後
政府は小、中、高に対し臨時休校の要請を出した。
スポンサーサイト



[ 2020/03/08 15:29 ] 地域活動 | TB(0) | CM(0)

2020,1,18~19おじちゃんと一緒の冒険クラブ 耐寒キャンプ(夜須高原少年の家)

夏の英彦山二泊三日のキャンプは、まー降りも降ったり3日間見事に雨続きでした。

少雨で10%台まで落ち込んでいた油木ダムの貯水率もかなり回復した位の大雨だった。

今回、よもやあの時の二の舞になろうとは思いもしなかった。

管理組合の臨時総会があったので、降りしきる雨の中、

ひとり午後から車で夜須高原青少年自然の家に向かった。

予約していたロッジBに着いたが、人影は無かった。

とりあえずロッジに荷物を運び込み、館内を探した。

すると、館内で楽しそうに活動メニューをやっていたいつものおっさん達に合流できた。

耐寒キャンプ-1

耐寒キャンプ-2

耐寒キャンプ-3

耐寒キャンプ-4


耐寒キャンプ-6


耐寒キャンプ-7


耐寒キャンプ-8

耐寒キャンプ-9

耐寒キャンプ-10

耐寒キャンプ-11

耐寒キャンプ-12


耐寒キャンプ-13


耐寒キャンプ-14


耐寒キャンプ-15


耐寒キャンプ-16


耐寒キャンプ-17
[ 2020/01/23 23:18 ] 地域活動 | TB(0) | CM(0)

冒険クラブでアジの開き作りました

膝の具合もだんだん良くなってきたので、先週に続き近場の山に行ってきました。

ひとりでゆっくりゆっくり舗装路歩き無しで約5時間程。とても気持ちのいい一日でした。

鯵の開き-1

こんなのに出会いました。超ビックリ


次の日はおじちゃんと一緒の冒険クラブでアジの開きを作りました。

今日は背開きで作ったんですが、子ども達はなかなか頭を割れませんでした。

要領が分かれば意外と簡単なんですが、仕方ないですね。

鯵の開き-2
とその前に、校区内の清掃をやりました(年2回やっています)



鯵の開き-3
早いものでもう12月に入りました。



鯵の開き-4
みんな包丁を持つ手は危なっかしいのですが、
触るのが嫌だと云う子はいませんでしたね。



鯵の開き-5
いえ一人いました。どうも内臓が苦手なようで・・・確かにね(~_~;)



鯵の開き-6
家でも包丁を握るIさん器用にさばいていました。

出来あがった開きはジップ袋に塩水と一緒に入れ持ち帰ってもらいました。

手作りの干物は本当においしいですね。4,5日前にもカマス出作りましたが、

猫が横から離れませんでした。

次回の活動は年明けの一月、夜須高原少年自然の家で耐寒キャンプ実施します。
[ 2019/12/08 15:35 ] 地域活動 | TB(0) | CM(0)

2019,11,16大根地山の下見

年明けの1月18,19日に、おじちゃんと一緒の冒険クラブで

夜須高原少年自然の家で耐寒キャンプを実施します。

それに先だって、Nさん、Mさんと大根地山の下見に行ってきました。

とは言えまだ自分は膝が完治していないので(もう2カ月以上にもなる)

お相伴程度に歩いただけだ。


前回の耐寒キャンプの時は砥上岳に登ったのだが、

先の大雨で、車道と沢の一部が崩壊していて通行できず、

今回は少年の家から大根地山を踏み、その後竜岩自然の家へ下りることにした。

下見-10
夜須高原カントリークラブの横を通り、国道200号線を突っ切り
荒れた林道をひたすら登って行った。


下見-9
雲ひとつない山頂は素晴らしい大パノラマが展開されていた。



下見-8
しばし三人でカレーパン(奥さんの差し入れ)を食べながら景色を堪能した。



下見-7
青空をバックに赤い花?が映えていました。


竜岩自然の家には山頂から下る道もあるのですが、

このコースは20人近い子どもを連れての下山は危険な為、

扇滝経由で下りることにしました。

下見-6
山頂からいったん神社の方に戻ります。


下見-4
赤い鳥居の先に階段が続いています。


と僕はここまで。近くに置いた車に戻り、

竜岩自然の家に先回りし、二人を待ちます。


下見-1
山頂から1時間ちょいで下りてきました。
途中問題になるようなケ所は無かったそうです。

下山後は僕のリクエストで小麦冶でうどんを食べましたが、
今年の11月からすべて一律20円アップになっていました。
それでもゴボ天うどん310円ですから凄いコスパです。

下見-3
Nさん、Mさんお疲れ様でした。
[ 2019/11/17 11:58 ] 地域活動 | TB(0) | CM(0)

2019,8,25沢登り

夏休み最後の前日、おじちゃんと一緒の冒険クラブで

坊主ヶ滝のある室見川の上流部に沢登りに行ってきました。

秋雨前線の停滞で、小雨も時折降る中、増水した室見川を登ってきました。

2019,8,25沢登り-1
準備をし、準備運動も済ませ、三点確保も教わり



2019,8,25沢登り-2
出発します。



2019,8,25沢登り-3
水量は、先週下見に来た時より増えていた。



2019,8,25沢登り-4


2019,8,25沢登り-5





2019,8,25沢登り-6


2019,8,25沢登り-7


2019,8,25沢登り-8
九鶯一番の難所となった。体重の少ない子どもは
水圧に耐えるので必死だった。



2019,8,25沢登り-9


2019,8,25沢登り-10
もう少しでゴール!頑張れ!



2019,8,25沢登り-12
昨年は次々に飛び込んだ淵だが、今日は誰ひとり入ろうとしない。
Sくんが唯一体を張ってくれた。彼の両腕にはそれぞれ
2ℓのペットボトルが抱えられている。



2019,8,25沢登り-13
いつもはお昼を済ませてから下山するのですが、
早く体を温めたいので、お昼は後回しにして千石の郷に向かいます。



2019,8,25沢登り-14
これは金山登山道ですが、現在ほとんど使われていないようで痛みが激しい。
下見の時はここが一番ネックになると思っていたのだが、
意外とすんなり(すんなりではないが)通過してくれ胸をなで下ろした。



2019,8,25沢登り-15
実は沢登りには予備日があったのだが、来週の天気はあまり芳しくなさそうだったので、
本日の実施となった。もっと皆たくさん遊びたかっただろうがごめんね。


2019,8,25沢登り-16
皆さんお疲れ様でした。次の活動は10月。みんなの大好きな(;一_一)
登山でーす\(^o^)/
[ 2019/08/25 17:32 ] 地域活動 | TB(0) | CM(0)