FC2ブログ

2014,7,12福智山縦走

先月に続き今年二度目の福智縦走です。

雨が多少心配でしたが、台風一過、気温もそれ程上がらないようだ。

少々無謀だが(いつもですが)、一ヶ月後の後立山縦走を視野に

少し長い時間歩いてみたかった。


道の状態は福智山まではほぼ予想どうりだったが、その後の防火帯が大誤算だった

2014,7,12-1
採洞所駅です。天気は上々です。頑張って歩くぞ~!ッと最初は電車でした(^^)v



2014,7,12-2
5時58分の小倉行きに乗車、すぐに朝ごはんのおにぎりを車内で食べ、
西小倉で鹿児島本線博多行きに乗りかえ八幡駅で下車する。
駅コンビニでサンドウィッチを購入。おもむろに歩きはじめる。7:00



2014,7,12-3
約30分で帆柱ケーブル山麓駅に到着。今日は奥さんの発案で
『国見山』コースを登ることにした。7:25



2014,7,12-4
山麓駅を過ぎて最初の交差点を右に行くと『国見岩』の案内標識があり
それに沿って登る。7:26



2014,7,12-5
道標に沿って歩いて行く。7:29



2014,7,12-6
帆柱稲荷神社への階段を上がっていく。7;31



2014,7,12-7
神社に御挨拶して登山道に入って行きます。7:38



2014,7,12-8
8:24ちょっとの道迷い(というかここは枝道がたくさんあり結構分かりずらい)があったものの
無事国見岩に着きました。う~ん素晴らしい眺めです。
個人的には皿倉山頂よりもこちらの方が高度感があり好きです。



2014,7,12-9
皿倉山山頂です。6月に来たときは花がたくさん咲いていましたが、おりしも今日は
草刈りの真っ最中。見事に雑草は無くなっていました。8:38



2014,7,12-10
紫陽花の吸い込まれるように皿倉平に下って行きます。8:45



2014,7,12-11
皿倉平です。誰もいません。8:58~9:03



2014,7,12-12
権現山側に進みます。9:04



2014,7,12-13
市の瀬峠側に下ろうとしたところで地元ハイカーの方に声を掛けられた・
どうやら僕たち以外に縦走している人がいるらしい。9:10



2014,7,12-14
一ノ瀬峠に着きました。ここで八幡駅で買ったサンドウィッチを腹に入れます・
体調はふたりとも今一と云うところか。食べたらすぐに歩きはじめる。9:40~9:50



2014,7,12-15
観音越11:18~11:23



2014,7,12-16
尺岳到着。お腹がすいているので尺岳平にすぐ下ります。12:50



2014,7,12-17
やっとお昼にありつけました。今日のメニューは奥さん特製の『冷やし中華』です。
麺が見えないくらいに覆っているのはキュウリ、オクラ、トマト、鶏モモ肉です。
冷たくてとっても旨かったです。後半も頑張れそう…13;00~13:18



2014,7,12-18
3時前に来れるかと思っていたんですが、3時を少し回ってしまいました。
男性が一人、縦走路を下って行くのが見えました。15:08~15:11



2014,7,12-19
オカトラノオと蝶15:49



2014,7,12-20
念仏坂の手前、林道出逢いで先行していた人が地図を片手にどうやら迷っている様子。
「どちらの道も行けますよ」と奥さんアドバイス。「じゃあこっちの道を」と登山道を進んで行った。
僕らは背丈以上あるススキを分けて行くのは乗り気しなかったので、縦走路の方を行った。15:51


再び林道から縦走路に戻って来ると、前述の彼が僕らの後ろから来ていた。

「林道の方が楽で早いんだ」と彼には悪かったが納得。


2014,7,12-21
今日の福智山からの道はひどかった。何がひどかったって伸びに伸びたこの草です。
奥さんの頭以上に伸びていました。まるで藪こぎでした。勿論全てこうだったわけではありませんが
かなりのストレスでした。後から聞いた話だと11月にならないと防火帯の草刈りはしないようです。16:35



2014,7,12-22
焼立山(おっと赤牟田の辻でした)を過ぎたあたりから心配していた雨が降ってきました。
幸い激しい雨にはならず。採洞所に帰って来た時は小雨程度でした。
服を着替え、車を走らせ出すと途端にスコールに見舞われた。

奥さんの後方の男性はさっき念仏坂手前で逢ったハイカー。

初めてのコースのようだったので、間違えやすい箇所を教えたのだが、見事間違えてしまったm(__)m

なんとか縦走路に戻り僕らに追いつくと、後は最後まで僕達と一緒に駅まで降りて行った。

聞けばまだ39歳。歩き始めてまだ二年ほどなのだが、

九州100名山中、既に佐賀県と福岡県は全てつぶしたらしい。


今回の彼といい、先月のKさんといい、同じ所で道迷いをしています。
概念図ですが、地図を描いたのでこれで道迷いしやすい箇所の説明します。

福智山道迷い
ではまず①の場所ですが、縦走路の左側に林道が伸びています。
これを行くと念仏坂(赤く表示しているところ)の登り口に出会います。縦走路より楽でしかも
早く行けます。途中の分岐は右にとります。(もちろん、縦走路も普通に行けます)

次に②です。ここが一番間違えやすい所です。
赤牟田の辻(旧焼立山)から先の道ですが、
町が見える方向に進んではいけません(緑で表示部分)。
何気に歩いていると、そのまま進んでしまい、痛い目に会います。
ここはちょうど逆Vの字を描くようにして、一旦戻戻りながら進んでいきます。

最後は③です。ここの分岐も間違えやすいです。
ここには採洞所への道標がありますが
右の道が目に入ってしまうとつい入って行ってしまいがちです。
これを進むと福智町に行くようです。

福智縦走の後半での道迷いは相当なダメージになります。
十分な下調べをしておきましょう。
スポンサーサイト



[ 2014/07/13 21:50 ] 福智山 | TB(0) | CM(0)