FC2ブログ

2016,6,26祖母山(神原コース)

約2カ月ぶりの祖母山。今回は福智会の方々との山行です。

梅雨本番。連日の雨で中止の予感もあったのだが、天気は味方してくれた。

朝5時過ぎ、集合場所の『道の駅竹田』に向かった。

2016,6,26-1祖母山
9時前トイレ完備の神原登山口を出た。



2016,6,26-2祖母山
登山道は良く整備されていた。
本当に祖母山に行くのか?なんて思いながら皆さんの後ろを付いて行った。



2016,6,26-3祖母山
本谷の水は増水していたものの、
随所に美しい景観を見せてくれた。
そして何より涼しい(^^)/



2016,6,26-4祖母山
御社(おやしろ)の滝。



2016,6,26-5祖母山
躍動感あふれる本谷の流れ。



2016,6,26-6祖母山
30分程で5合目小屋に着きました。以前は荒れていたそうだが、
今はリニューアルされ、立派なバイオトイレが設置されていました。



2016,6,26-21祖母山
新設されたバイオトイレです。おぉ!なんと水洗です!
おぉ!おお!トイレットペーパーまで完備されている。
とても山中のトイレとは思えません。(もしかして家より綺麗?)
右の壁を隔てて隣に女性用があります。



2016,6,26-7祖母山
只今渡渉中。



2016,6,26-8祖母山
ツガやスギ、ブナ、ヒメシャラなどの樹林帯歩きは本当に癒されます。




2016,6,26-9祖母山
国観峠手前の登山道はけっこう傾斜も急で歩きごたえがあった。



2016,6,26-10祖母山
国観峠です。雲が掛かっていなければ、
優しい姿の祖母山が見られるらしいのだが、ちょっと残念。


2016,6,26-11祖母山    2016,6,26-12祖母山
ヒメシャラ                                 バイケイソウ

2016,6,26-13祖母山    2016,6,26-14祖母山
オオヤマレンゲ(咲き終り)                      オオヤマレンゲ

山頂付近のオオヤマレンゲの群生地では、その多さにびっくり。

こんな所があったなんて、オオヤマレンゲのオンパレードです。


2016,6,26-15祖母山
オオヤマレンゲ撮影会も終了し、さ~てザックを担ごうか。っと見ると
汗の臭いに吸い寄せられて来たのだろう、小蠅が大量にたかっていた。
勿論僕だけではなく、皆さんのに平等にたかっておりました。


12時15分祖母山山頂に着きました。

ここで昼食です。心地よい風が吹いていました。

2016,6,26-16祖母山
祖母山頂より障子尾根。巨竜の背中にも見える。



2016,6,26-17祖母山
90度右にパンしてこちらは古祖母方面。中央に天狗の顔が見える。



2016,6,26-18祖母山
国観峠下っていると人だかりがありました。原因はこれです。
皆さんに混ざって僕もシャッターを切りましたが、なんじゃこれ?見たことも無い。
家で検索をかけたら、キバナノショウキランと云うらしい。絶滅危惧種に指定されていた。
※訂正します。上記の花はキバナノショウキランではなくショウキランでした。


ここで思いがけない人に出会った。

前方で奥さんが騒いでいる(いつものことだ(-_-;))。近づいてみると、

1月に双石山(ぼろいしやま)を訪れた際、一日道案内してくれたYさんだった。

まさか祖母で再開しようとは…先のお礼を言って別れた。

因みにYさん、奥さんのHNは覚えていたが、僕のブログタイトルは曖昧記憶だった(~_~;)


2016,6,26-19祖母山
皆さん下りも早い。



2016,6,26-20祖母山
五合目小屋まで降りてきました。涸谷林というのだろうか?
見事な林が広がっている。



2016,6,26-22祖母山
福智会さんの花への執着は凄かった。僕なんか名前を聞いても分からない、
ましてや花も咲いていない、ミヤマコナスビなんて云うのを簡単に見つけたりする。

帰りは月の雫に浸り帰路に着いた。Tさんが日田インターへのいい道を知っているようなので、

玖珠インター経由で帰る予定だったが、ちゃっかり後から着かせたもらったのだが、

高瀬の信号でを直進して行った(僕らは右折して日田インターに乗った)

はたしてどんな道を通って帰られたのか?気になるところだ。今度会ったとき尋ねてみよう。
スポンサーサイト



[ 2016/06/29 01:10 ] 大分県の山 | TB(0) | CM(2)