FC2ブログ

2012,8,16鹿納山~五葉岳(当日)

さあ!今日は鹿納山です。天気も先ずまずのようです。

軽く朝食を取り、早々にお化粧山登山口に向かいます。




2012,8,16-1
仲村橋です。左折すると日隠林道が始まります。
しばらくいくと舗装が切れますが普通車でも登れます。




2012,8,16-2
青空が見えます。このまま何とか1日もってほしいのですが…
稜線上の山は山容から本谷山でしょうか?




2012,8,16-20
今日はお化粧山登山口のゲートが開いていたので、更に上にある大吹登山口に車を止め
お化粧山登山口に向かいます。この時点ですでに青空は見えなくなってしまいました。




2012,8,16-3
お化粧山登山口のゲートです。車を止めた場所からちょうど30分かかりました。




2012,8,16-4
ここから山登り開始です。先ずは杉林の中を通りお化粧山を目指します。




2012,8,16-5
登山道の脇にチェーンソーが2,3台置いてありました。
ちょっとぶっそうです。私もチィーンソー使えますから。
ジェイソンが通ったら大変なことになります。




2012,8,16-6
杉林をぬけ、急登のガレ場を登ると間もなくしてお化粧山に着く。
一息入れてから、ブナの三差路にむかう。




2012,8,16-7
ブナの三差路に着きました。雨中のブナの木は孤高の威厳を放っていました。
人知れずしっかりこの山を見守っている…そんな感じかな。
けっして僕いらを歓迎しているようには思えませんでした。



ブナの三差路から雨脚が強くなってきたので、カッパを着こみます。

汗ですでにウェアはぐっちょりなんですが(^^)v冷えるといけませんので。




2012,8,16-8
三差路から10分ほど下ると、『岩ずくま』に出会います。
真っ直ぐ先に踏み跡がありますが、親切な方が居られるもんですねぇ。
おおきに、おおきに。ほんまにありがとうございます。




2012,8,16-9
雨で滑る岩ずくまを慎重に右に回り込んでいく。


半周して稜線に戻りしばらく行くと、壊れかけた金山谷への標識と出会う。

登り返すと猫の額ほどの鹿納の野に着いた。




2012,8,16-22
鹿納の野です。三差路から30分ほどで着きました。




2012,8,16-11
鹿納の野からしばらく緩やかの道が続くが、突如ロープによる急坂が現れる。
腕力の無い奥さんはこんなの苦手です。ゆっくり…ゆっくり慎重に。

この後、第三鹿納、第二鹿納と続くのだが、ガスが濃く視界が悪いため

位置関係が今一はっきりしない。小ピークもあり、とりあえず目印を頼りに歩き続ける。



おそらく、第三鹿納を回り込む時の小壁と思いますが
はっきりしません(T_T)
下の動画は同じ場所を戻っている所です。







2012,8,16-12
ようやく鹿納山バ見えてきました。ここのもろい急坂を登りきると…




2012,8,16-13
鹿納山の山頂です。ははっ、ガスで全く眺望がありません。本当ならここから
五葉岳、大崩山、傾山が見えるはずなんですが…残念。な~んも見えん!




2012,8,16-16
再びブナの三差路に戻ってきました。鹿納山まで往復三時間かかりました。
ここからは五葉岳に行くので、ここは右折します。
そう云えば、さっきから雨は上がっていました。




2012,8,16-17
なだらかなブナ林を下って行くと20分でお姫山に着きました。
予定では、お隣の乙女山に行くはずでしたが、相変わらずガスが濃いので断念!




2012,8,16-18
五葉岳を前にして



2012,8,16-19
五葉岳山頂です。夏木山、兜巾岳への縦走路を確認して下山する。
あ~あ晴れてればな~っと、愚痴をいっても仕方がない。またくれば良い。


下山道はけっこう急な勾配で慎重に下る。目印がもう少しほしいところか。

檜林に入ると土砂降りになってきた。もう汗で中も外もぐちょぐちょで、もーどうでもいいって感じ(^^)v

へらへら笑いながら下っていると、山が開け大吹登山口の作業小屋が見えた。

さいごのドカドカ道を慎重に降りて、無事車のある登山口に戻ってこられた。


2012,8,16-23
お疲れさまでした。雨と泥で靴もウェアもひどい状態でしたが、
心地よい爽快感で満たされました。アケボノツツジの頃に
是非もう一度来てみたいです。


2012,8,16-24
帰りの高速で、鳥の羽ばたきの様な夕焼け雲に遭遇しました。(奥さん撮影)



後記-4月の鹿納山リベンジだったが、残念ながら雨にたたられてしまい、半分はカッパ歩
   きになってしまったしかし雨も自然の一部であり、僕らにはなす術もない。ま~たま
   にはいいもんである。口惜しいのはガスにより視界が遮られ、鹿納の岩峰群が確認で
   きず自分のいる位置が良く分からなかったことだ。それにしても、傾、大崩山系の山
   々は素晴らしい。と同時に危険個所もたくさんある。時期もアケボノツツジの咲く5月
   頃が良いと思われる。
   
   余談だが下の写真を見て頂きたい。
   2012,8,16-26
   う~ん随分毛が生えてますな~。ってそこではなく虫刺されの痕を見て下さい。片方の
   足だけで20ヶ所以上刺されています。犯人は『ヌカカ』です。羽虫の一種のようです
   が、これが痒いのなんのって蚊の比ではありません。川など水の近くに多くいるよう
   です。普通のかゆみ止めはあまり効きません。お気を付け下さい。


   大吹登山口7:02-お化粧山登山口7:32-お化粧山8:23~26-ブナの三差路8:48~53

   岩ずくま9:08-鹿納の野9:28-鹿納山10:27~34-鹿納の野11:27~45(昼食)

   ブナの三差路12:10-お姫山12:36-五葉岳13:05~08-大吹登山口14:10
スポンサーサイト



[ 2012/08/18 15:04 ] 宮崎県の山 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://reoen.blog.fc2.com/tb.php/118-ee3e6a41