FC2ブログ

2013,5,12若杉楽園~宝満山ピストン

今回はロングコースを選びました。歩き慣れている僕達のホームグラウンドである

三郡、宝満を、楽園から往復してみようと云うことになりました。心配なのは気温です。

この日の福岡の予想最高気温は27℃。果たしてどうなる事かと思いつつ

若杉楽園を目指し、朝6時過ぎ家を出ました。


2013,5,12-1
楽園到着です。テントが3張り程ありました。僕らも子どもが小さかった頃、
良くキャンプに行っていました。キャンプに行かなくなった今、キャンプ用具は全て新潟地震の時に
被災地に送りました。もう何年も前の事です。6:44


2013,5,12-2
歩きはじめてすぐに綾杉が迎えてくれます。7:01



2013,5,12-3
145段の太祖神社への階段を上ります。汗が吹き出し体中デドックスされます。しっ、しんどいm(__)m7:26



2013,5,12-4
僕の大好きな場所、若杉ヶ鼻到着です。天気はとってもいいんですが、PM2,5の頴娃町でしょうか?
視界があまり良くありませんが、この場所は「よ~し歩くぞ!」て云う気持ちになります。7:41



2013,5,12-5
ショウケ越え通過8:16




2013,5,12-7
砥石山で今日一回目の休憩を取るザックを降ろし2個目のぱんに喰いついていると
宇美林道からハイカーが一人上がってきた。宝満まで行き(本人希望)昭和の森に下山するとのこと。
僕らも後を追うように出発する。9:08



2013,5,12-8
前砥石です。何年か前に西側の木が切られており、眺望はかなりきくようになりました。9:31



2013,5,12-9
ようやく三郡山山頂に立ちました。ここまで結構なペースで来ています。山頂はまだ時間が早いか
若いご夫婦一組波でした。10:32



2013,5,12-10
心地よい風が吹く縦走路を進む。10:45



2013,5,12-11
仏頂山通過。11:45



2013,5,12-12
大勢の人で賑わう宝満にたどり着きました。ここで昼食をとりたかったのですが、
適当な場所がなくすぐさま折り返した。11:28



2013,5,12-13
結局適当な場所がなかなか無く仏頂山まで戻り、三角点横で弁当を広げました。
中身は、昨日ジムでヨガ仲間から頂いたチキンカツのカツ丼です。11:44~12:11



2013,5,12-14
三郡の手前にある天の泉で、それぞれのザックに2ℓずつ詰め込みました。12:50



2013,5,12-16
三郡山山頂には自衛隊のレーダーだけでなく、NHK始め各民放局の電波塔が建っています。13:08



2013,5,12-17
楽しみにしていた三つ葉つつじは山頂付近以外殆ど終わっていました。かわりに
いたるところで、椿の赤が癒してくれました。子どもの頃良く花をもいで蜜を吸ったもんです。13:18



2013,5,12-18
前砥石まで戻ってきました。2ℓの水が重いと云っていた奥さん、ここいらでは慣れてきて
すっかり忘れているようでした。日差しは相変わらず強いです。14:00



2013,5,12-198
砥石山です。手前にある急登を登り終え一息つきました。奥さんは調子良さそうですが、
僕は久々の膝痛が出始めて来ていました。これからショウケ越までの下りが思いやられます。
因みにこの下りで僕は、昨年単独行の途中転倒してしまい、左手小指を脱臼しています。14:15



2013,5,12-20
鬼岩谷山通過。14:40



2013,5,12-21
ショウケ越えです。ほぼ予定通り歩いてきています。後はこの先の若杉山を越えるだけです。15:08



2013,5,12-22
15:50



2013,5,12-23
とっても疲れていたんですが、佐谷側に廻りはさみ岩を通ってきました。
ザッ、ザックがググッとひっかかりす、進めない(^^)v15:59



2013,5,12-24
ここまでくると、ふつうに生えてる木の方がおかしくなってきます。すごい生命力です。16:00



2013,5,12-25
歩きはじめて約9時間半、楽園駐車場に戻ってきました。僕の右ひざ痛はもう限界でした。
それにしても奥さん、歩き初めたころは、3時間歩いたくらいで翌日は筋肉痛でロボット歩きになっていたんですが、ずいぶんと逞しくなったもんです。16:27



2013,5,12-26
下山後はいつも300円のオアシスの湯を使うのですが、この日は頑張った体に御褒美と800円もする
若杉の湯で汗を流しました。檜の露天風呂が素晴らしく、本当に癒してもらいました。
スポンサーサイト



[ 2013/05/15 02:03 ] 三郡縦走 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://reoen.blog.fc2.com/tb.php/168-80faaea9