FC2ブログ

『おじちゃんと一緒の冒険クラブ』英彦山キャンプ下見

『おじちゃんと一緒の冒険クラブ』の下見で英彦山に登ってきました・


2013,6,9-1,
実家を出て間もなく野峠に着きます。ここは犬ヶ岳の登山口になります。
登りたい!いやいや今日はお仕事です。



2013,6,9-2,
またまた登山口です。ここは裏英彦山と、鷹の巣の登山口です。あ~ここも登りたい。



2013,6,9-3,
英彦山青年の家に着きました。ここで来月に二泊三日のキャンプをする為の打ち合わせをして、
いよいよ下見登山開始です(^^)v



2013,6,9-6,
英彦山名水『獅子の口』で水を頂いていきます。




2013,6,9-20,
高住神社でお参りをし、いよいよ下見登山開始です。



2013,6,9-7,
鉾立岩です。この岩に限らずこの辺りは奇岩が多いい。



2013,6,9-8,
当日子ども達は行きませんが、せっかくなんで望雲台に寄り道します。
普通の展望台と思って登った人はきっとビックリする事でしょう。



2013,6,9-9,
望雲台です。マジッすか!と言いたいくらい半端無い展望台です。
幅30センチ位しかありません。鎖の先は切り立った岸壁です。
本当はこの反対側からの方が良かったんですが、足元はぬれているし
風も強かったので諦めました。
久し振りに足がすくみました。



2013,6,9-10,

ロープ、階段を登ると、一本杉のある尾根に出ます。
ここから環境が一変します。今まで無風状態だったのが、突然暴風になりました。
まー涼しくなって良かったんですが。



2013,6,9-11,
北岳山頂です。この先は聖域になっており立ち入ることは出来ません。



2013,6,9-12,
中岳です。休憩所で昼食をとっている登山者がいましたが、
とりあえず上宮で手を合わせてから外に出てカップラーメンをすすりました。



2013,6,9-13,
当日子ども達は行かないのですが、せっかくなんで(何がせっかくじゃ~い)
南岳まで行きました。途中ゴミがたくさんあったのには閉口しました。
登山者が捨てるとは思えませんが…?




2013,6,9-14,
さて、本来の仕事に戻り下山します。帰りは奉幣殿に向けて下りますが、
途中右に折れ、バードラインをとります。



2013,6,9-15,
水場です。ひんやりして、ありがたい。でも、ちょっと怖い!
味はとってもいいです。



2013,6,9-16,
『稚児落とし』から少し下ったところに、青年の家に下る分岐があります。
以前はこんなに大きな道票はありませんでした。
右折しま~す。



2013,6,9-17,
野鳥の森観察路入口の案内に従いここも右折します。
因みに直進すると奉幣殿に出ます。石段が嫌だと云う方はこちらがお勧めです。


2013,6,9-18,
ここは直進します。左に下ると野営場に出ます(こちら側からも青年の家には行けます)



2013,6,9-19,
青年の家の体育館が見えてきました。最初のうちは我慢していてくれた雨も、
20分くらい前から本降りになってきましたが、久し振りの単独行だったせいか
雨も心地よく感じました。


今回のキャンプ打ち合わせと、下見登山たくさんの収穫がありました。

当日は、子ども達に英彦山のこの素晴らしい自然を満喫してもらいたいのノです。


下山後『シャクナゲ荘』に立ち寄り汗を流そうと思って車を走らせていると、
右手の上になんか動くものがある…(笑)


シャクトリ虫君でした(^^)v鳴らしていたCD(ビル・エヴァンスのアリス・イン・ワンダーランド)
にあわせてダンスしているようなな感じも無きにしも非ずで可愛らしかったのですが、
福岡に連れて帰るわけにはいかないので、ここで降りて頂いた。

この後は道の駅『歓遊舎ひこさん』に立ち寄り、キャンプ初日に僕らの乗る大型バスの
駐車のお願いをして(優しそうな支配人から快諾を頂いた)家路に着いた。
スポンサーサイト



[ 2013/06/09 21:34 ] 大分県の山 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://reoen.blog.fc2.com/tb.php/173-c28e5f6d