FC2ブログ

2013,6,16由布岳 お鉢巡り~日向岳

今日は、6月2日に登る予定だった由布岳に行ってきました。

当初は『おじちゃんと一緒の冒険クラブ』のサポートボランティアの

Y田さん、Nさんもご一緒する予定でしたが、お二人は都合が付かず、

Kさんと三人での山行となった。

Y田さん、Nさんはまた雪の由布にでもお誘いしよう。

2013,6,16-1
今日は車が多く、無料の駐車場は満杯で、道を挟んで反対側の
有料駐車場(一日500円、4時閉門)に止める。
準備運動をやっていると、車が次々と入って来る。8:00



2013,6,16-2
8:03山歩き開始です。
残念ながら前方の由布岳はガスっています。
山頂に立つ頃にはパッと晴れ渡ってくれていたらいいのですが…



2013,6,16-3
30分程で合野越に着きました。ここで一回目の休憩をとります。
K子氏のハイペースになんとか付いて行く僕と奥さん。汗が半端なく吹き出てきます。8:34



2013,6,16-4
マタエに到着しました。ここから西の岳側からお鉢巡りを始めます。
ミヤマキリシマも点々と残っており新緑と相まって
素晴らしい眺めでした。9:30

2013,6,16-5



2013,6,16-6
小休止を入れた後、西の岳目指し登り始める。9:42




障子戸に取り付くK子氏と奥さん。9:45



2013,6,16-7
西の岳のてっぺんに到着しましたが、残念ながらガスが切れず
360度の大パノラマは堪能出来ませんでした、しかし、山ってこんなもんです。9:55



2013,6,16-9
火口壁の岩稜を慎重に巻いて行く。10:21



2013,6,16-8
ナベ底を見ながらお鉢巡りを続けます。10:34



2013,6,16-10
奥さん巨石のブロックと格闘中ですが、僕は岩の左側を通りました。10:44



2013,6,16-11
10:47東の岳到着です。相変わらず眺望は良くありませんが、
ここで昼食にします。ここではたくさんのハエや、アブが歓迎してくれました。
気にせず飯を詰め込みます。10:47




2013,6,16-12
僕らにしては長い昼食をとり、日向岳を目指し下山開始する。
このコースは僕と奥さんは初めてでしたが、しょっぱなから急斜面の下りが続き、
とても楽しめましたが、残念ながら今日登って来た南登山道に比べ、登山者は
圧倒的に少ないです。11:44



2013,6,16-13
東登山口、日向岳、南登山口の分岐です。
Kさんによると、ここいら周辺の紅葉は見事なんだそうです。
その頃また来ようかな~。12:21



2013,6,16-14
日向岳の山頂ですが、眺望はありません。ですが周囲の新緑は
本当に綺麗です。12:36




鳥や。カエルの声に癒されながら歩きます。12:58



2013,6,16-15
苔むした岩や木は屋久島を彷彿させてくれましたが、
写真が下手ですねぇ~全然伝わってきません(^^)v13:14



2013,6,16-16
ようやく南登山口に合流しました。日向岳経由で下山したせいか
意外と距離が長く感じられました。13:25



2013,6,16-17
グリーンベルベットとは良く云ったもんです。
立っている木は全てカシワの木です。13:29



2013,6,16-18
駐車場が見えてきました。今日の山歩きもいよいよおしまいです。と、時計に目をやれば
まだ1時半を少し回ったところ、歩きはじめてから5時間半しか経っていません。
毎回のことながら、K子氏のパワーには脱帽ものです。
いったいどこからあんなパワーが出てくるんでしょうか?1:32



2013,6,16-19
駐車場に着いてから由布岳を見上げます。山頂付近はやはり
ガスが掛かっていますね。きっと今日は一日こんな調子でしょう。13:46



2013,6,16-20
下山後は『七色の風』で汗を流しましたがまだ時間が早いとあってか、
お客さんは少なかったです。
スポンサーサイト



[ 2013/06/17 01:54 ] 大分県の山 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://reoen.blog.fc2.com/tb.php/174-836efa16