FC2ブログ

大崩山 わく塚~大崩山~坊主尾根

いよいよ大崩山に登ります。朝4時過ぎに起きると頭上にはオリオン座がしっかり輝いています。
どうやら雨の心配はなさそうです。朝食を済ませザックに荷物を詰め込み、登山口に向かいます。
車中連れが4年前に亡くなった愛犬の夢をなんどもみた話を聞いてうるうるしながらの運転になってしまいました。

2011・10・9大崩山
時間は5時45分です。ほぼ真っ暗でしばらくヘッドライトを頼りに登っていきます。
(フラッシュ撮影しています)


2011・10・9大崩山トラバース
三里河原分岐手前にあるトラバース。写真で見るほど怖くありませんが、落ちると危ない。



2011・10・9大崩山・3里河原
三里河原分岐につきました。歩き始めてちょうど一時間くらいです。
向こうにこれから向かうわく塚岩峰群が、モルゲンぽく輝いています。
下には祝子川主流にかかる橋が見えます。



2011・10・9大崩山・壊れた橋
が、この橋、大雨による増水の為か壊れていました。私は水量が少なかったので橋の横を通過しましたが、
連れは、ケルンの積んである右に迂回する道を採りました。



2011・10・9大崩山・狭い岩
この狭い岩の間を抜けるとガレ場の急斜面が始まります。
ロープや梯子を頼って、ここから約45分先にある袖ダキ展望台を目指します。



2011・10・9大崩山・小積ダキ
袖ダキ展望台につきました。今回2度目ですが、相変わらず小積みダキのすごい眺めです。
(この後reoenは小積みダキがらみで大失態をやってしまいました。)



2011・10・9大崩山・わく塚の
同じく袖ダキ展望台から上(西側)を見たところです。これから登る岩峰群がその雄大な姿をみせています。
わく塚だけにワクワクしてきます
これから前回行きそびれた乳房岩に向かいます。が!そこで待っていたものは…



2011・10・9大崩山・乳房岩A
この落書きです。もちろんこれ1個ではありません。あちこち幾つもありました。
花崗岩とはいえこれを掘るにはそれなりの時間がかかったと思いますが、
その間いったい彼らは何を考えていたんでしょうか。 K.A出てこい!



2011・10・9大崩山・梯子
中わく塚から直接上わく塚には行けません。一旦ハシゴで降り思案橋(渡ろうか止めようか思案する橋)
を渡り、大きく回り込みながら高度をかせいでいきます。



2011・10・9大崩山・上わく塚
上わく塚(駒次郎ダキ)の直登ですが、あったはすのロープが無くなっていました。ここは無理と断念し、
一旦下がり、右の背後から回り込みました。



2011・10・9大崩山・中わく塚
上わく塚より中わく塚



2011・10・9大崩山・山頂
大崩山山頂です。大崩山には悪いですが拍子抜けします。なので2回目以降の人は
ここをパスする人が結構います。



2011・10・9大崩山・像岩
昼食も食べ終えたので下山します。像岩のところまで来て、小積ダキをパスしてしまったことに気づきました。
戻ろうかとも思いましたが、前回行っているので今日のところはパスしましたが、なのでおなじみの像岩の写真がとれませんでしたが、この写真も像に見えなくもありません。













2011・10・9大崩山・ロープを
坊主岩下にあったハシゴです。きっと何度もやりかえたんでしょう
この方の怒りと、愛情が伝わってきます。



2011・10・9大崩山・祝子川を
坊主岩を過ぎ、樹林を急降下すると祝子川本流に出会う。ここを渡れば、目前に大崩山荘が現れる。
後は朝きた道を逆にたどれば、登山口に戻る。


美人の湯駐車場5:30-登山口5:45-大崩山荘6:45-三里河原分岐6:35

袖ダキ展望台7:45-乳房岩8:05-下わく塚8:35-中わく塚8:50

上わく塚9:30~9:50-リンドウの丘分岐10:00-石塚10:45~11:15

山頂11:35-坊主尾根分岐11:55-像岩12:45-坊主岩13:30

林道分岐13:47-大崩山荘14:25-登山口14:55
スポンサーサイト



[ 2011/10/14 00:37 ] 宮崎県の山 | TB(0) | CM(2)

初めまして

岩の落書き・・・ひどい。涙涙泪
何とかとっ捕まえてやりたいですね。K.A.を
[ 2011/10/14 19:14 ] [ 編集 ]

なんじゃくさん書き込みありがとうございます。
本当に頭にきますね。しかも悲しいことにA.Kだけじゃないんです。
これのほかにもまだ幾つもありました。
登山口から約2時間歩いた揚句がこれとは...よけい悲しくなります。
[ 2011/10/15 02:39 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://reoen.blog.fc2.com/tb.php/18-d4aefc48