2014,12,7十坊山~浮嶽~女岳

奥さんのお友達のMさんから山のあ誘いがあった。

Mさんが十坊山に行ったことが無いとのことなので、浮嶽、女岳と回ってきました。

天気予報では午前中は晴れと出ている。ご近所のNさんも誘い4人で歩いてきました。

2014,12,7-1
今回は、家の車をゆらりんこ橋にデポし、Mさんの車でまむしの湯まで行った。
駐車場でストレッチをしながら自己紹介をし、十坊山を目指し歩き始めた。8:48


で、このMさんとってもユニークな方で、

奥さんからMさんってとっても楽しい人なのよ。とは聞いてはいたのだが、

どうしてどっこい想像以上の方だった(?_?)


それはいきなり、まだ顔を見る前から始まった。

僕達が待ち合わせ場所の『牧のうどん二丈店』で出待っていると。

Mさんから奥さんにメールが。

「第三駐車場に今着きました」

えっ、第三駐車場なんてここにはないけどなぁ。

奥さんが確認すると、どうやら下山後のお風呂を『きららの湯』から『まむしの湯』に変更したのを

Mさんは待ち合わせ場所の変更と勘違いされたらしい。

まーこれはありそうなことではあります。

再度大入駅で待ち合わせ無事合流。ゆらりんこ橋に移動した。

Mさんの車に乗り込むため準備していると、奥さんがけらけら笑っている。

聞くとなんとMさん左右違う登山靴を持ってきたらしい。

一瞬目が点になったが、いやいやいやそれは無いだろう。そんなのどう考えてもありえんやろう。

まさか受け狙いでわざと間違えてるんじゃないのか?なんて思っていたら、

Mさんの声が聞こえた。「よかった。同じ向きじゃなくて(^。^)」

…もう完璧です。すごい!凄過ぎる。僕ごときが到底たちうち出来る人ではないと悟りました。


2014,12,7-17
さて、最初は十坊山からです。午前中は晴れ…のはずだったんですがなんかぱっとしません。8:56



2014,12,7-3
今日の十坊山の山頂は珍しく人でいっぱいだった。27名の団体さんがいた。
皆さんが山頂の大石から降りた後、僕たちも360度のパノラマを堪能した。10:12



2014,12,7-4
白木峠から浮嶽に向かいます。
ここで山の会の方たちから先行させてもらいました。10:41



2014,12,7-5
山頂直下厳しい登りが続きます。この間会話無し。11:47



2014,12,7-6
11:54浮岳山頂です。さっきから小雪がちらついています。
各自早々に昼食を済ませ、下山準備をしていると、白木峠で別れた団体さんが登ってこられた。
「きつかった~(>_<)」、「足の攣ったばい」と云いながらも皆さんどれも
笑顔ばかり。う~んやっぱり山パワーは凄い。



2014,12,7-7
このときの気温は、腕時計で計測したら1,9℃でした。



2014,12,7-8
短い昼食を済ませ女岳を目指し浮嶽を降ります。12:38



2014,12,7-9
女岳山頂。ここももパラパラと雪が残っていました。13:44

ここで皆でミカンを食べたんですが、Nさんミカンの皮ごと食べてしまいました。

やだゴリラみたいなんて言っていましたが、次の日調べて驚きました。

ミカンの皮のオレンジ色にはβ-クリプトキサンチンという成分が含まれており

抗酸化作用のあるカロテノイドの一種です。

トマトのリコピンやにんじんのβ-カロテンの赤い色もカロテノイドです。

β-カロテンは発がんを抑える効果がよく知られていますが、

このミカンの皮に含まれるβ-クリプトキサンチンはこれをはるかにしのぐ効果(およそ5倍)があるらしい。

しかもその効力は数カ月も維持されるということなので、皆さんミカンは皮ごと食べましょう。


2014,12,7-10
女岳を降りてきて真名子に向かいます。14:12



2014,12,7-11
今日の奥さんなんか楽しそうでした。



2014,12,7-12
……14:45



2014,12,7-13
加茂神社から二丈渓谷に入っていきます。
途中こんな見事な滝も見られました。14:59



2014,12,7-14
ゆらりんこ橋に戻ってきました。
これで今日の山歩きは終了です。皆さんお疲れ様でした。15:26



2014,12,7-15
下山後は『まむしの湯』で汗を流しました(650円タオル2枚付)
駐車場わきに水晶水が売られています。35リットル100円です。



2014,12,7-16
帰宅後、おくさんがおでんを作っていたので
Nさんを我が家に招いて四方山話に花を咲かせた。
それにしても左右違う靴で歩いたMさん。足は大丈夫だったでしょうか?
変な筋肉痛なんかが出てなければいいんですが。





スポンサーサイト
[ 2014/12/09 00:45 ] 浮嶽縦走 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://reoen.blog.fc2.com/tb.php/238-2dad1650