2015.3.8基山~九千部山

久しぶりの晴天が日曜日に重なってくれました。

今回は、基山~九千部山をピストンしてきました。


いつか脊振山系を縦走して見たいと思っているのですが、2か所未踏区間があります。

一つは雷山と女岳を結ぶ区間。

そしてもう一つが、今回歩いた基山から九千部山までの区間です。

先日歩いた福智縦走よりはかなり楽そうですが、それでも10時間程は掛かりそうです。

久々にダブルストックで歩いてみました。

2015,3,8基山~九千部山-24
今回歩いたルートです。

2015,3,8基山~九千部山-1
原田(はるだ)駅から歩く予定で、奥さん駐車場を検索して見つけていたんですが
目当ての駐車場は探せどありませんでした。
駅からの歩きだしは断念し、ならば登山口近くにあるだろうと車を走らせたが、
ここぞと云えるところが無く駐車場所を決めあぐねていた。
ふと前を見ると1台の自転車が止まった。持主はどうみても山登りの格好だ。
駐車できる場所は無いかと尋ねると、登山口にスペースは狭いが止める所があるという。
「だけどせっかくだしここに車を止めて歩いていきませんか?」
地元ハイカーの方のお墨付きだ。ここに車を止め一緒に歩き始めた。


2015,3,8基山~九千部山-2
歩きだして15分位でこの分岐まで来た。イノシシから田んぼを守るためにトタンを張っている。
この左端のトタンの左に白く見えるのは、登山口への誘導プレートだ


2015,3,8基山~九千部山-3
登山口に着きました。基山までこの方がガイドしてくれました。


ちなみにこの方現在68歳。52歳から山をやりだし今日が八百○○回目の山行だという。

今までの山行記録はすべてノートにまとめてあり、その数なんと9冊。

かつては四駆を駆り、方々の山を攻めていたそうだが、

現在は脊椎管狭窄症(座骨神経痛)で遠方に行くことも少なくなったそうだ。

2015,3,8基山~九千部山-4
東北門跡



2015,3,8基山~九千部山-5
基山山頂(本当の山頂はもっと手前にあります)が見えてきました。
野焼きがされています。広い山域は平尾台をちっちゃくした感じです。


2015,3,8基山~九千部山-6
ガイドさんとはここでお別れです。これから僕たちの行く九千部山をあそこだよ
と教えてくれています。てか奥さんちゃんと人の話聞いてます(-_-;)


ここでガイドさん(いつ間にかガイドにしてしまいました)とお別れです。

お礼を言い、別れた後振り返るとガイドさん?は遠くの山並みを見ていました・・・


2015,3,8基山~九千部山-7
基山を下りると舗装路に出ます。
ここから柿ノ原峠までは長い舗装路歩きが続きます。



2015,3,8基山~九千部山-8
舗装路を約1時間進むと4,5軒ほどの集落があります(この間集落無し)
柿ノ原峠へはこの集落の中を通って行きます。
僕たちは奥さんのスマホの地図頼りに歩いていたので、
通過してしまいました。歩かれる方はお間違えなきように。
しかし道標の設置、もうちょっとどうかならんでしょうか?



2015,3,8基山~九千部山-9
で、その民家を抜けること約20分でまたもや舗装路に出ます。
ここには道標も民家を指していますが右折してください。



2015,3,8基山~九千部山-10
右折して2,3分緩やかな舗装路を登るとここが柿ノ原峠です。
ここから大峠に向かいます。大峠よりむしろ『天心園』に行くといった感じです。天心園目指してください。
ここで小休止をとり、でっかいコロッケパンでエネルギーの補給をしました。



2015,3,8基山~九千部山-13
右の建物が天心園です。登山道はここの左に続いています。



2015,3,8基山~九千部山-11
天心園から50分でまたもや舗装路に出ました。ここも道標の設置がおかしい。右へ上がっていってください。
あまり云いたくありませんが、ここらいったいの道標の置き方はとても不親切です。
もっと歩く人の身になって設置してもらいたいものです。



2015,3,8基山~九千部山-12
大峠です。案内図では九千部山まで1時間半とありました。



2015,3,8基山~九千部山-14
万才寺への分岐



2015,3,8基山~九千部山-15
九千部の少し手前登山道が崩落していたため車道に誘導されてしまった。



2015,3,8基山~九千部山-16
舗装路歩きは今日はもう嫌だったので、少し先から山道に強引に入って行った。
するとじぇじぇ(古いか(-_-;))あるはずの階段が撤去され、手すりだけになっていた。
山頂は目の前にあるはずなのでこのまま進んでいく。



2015,3,8基山~九千部山-17
山頂です。お昼時とあって結構にぎわっています。
お昼を済ませ下山する前に展望台に上がってみた。
今日はPM2,5が少なかったんだろうか普賢岳も見ることができた。


帰りは来た道を辿る。


2015,3,8基山~九千部山-18
柿ノ原峠付近の田んぼの縁で見つけた小さな春。



2015,3,8基山~九千部山-19
帰りの長い舗装路もそれ程つらくなかった。



2015,3,8基山~九千部山-20
3時も回り小腹もすいてきました。基山でおやつにしましょうか。
ん?朝とはうって変わりざわざわとにぎやかです。どうしたんでしょう?



2015,3,8基山~九千部山-210
見るとたくさんの親子連れでいっぱいでした。
ソリで滑り降りる子ども達の表情はみんな生き生きとしていた。
そしてそれを見守る若いお父さん、お母さんも。



2015,3,8基山~九千部山-22
山頂で眺望を楽しみながらパンをぱくついた。
屏風のように立ち上がる耳納連山が印象的だ。
福岡の山々をしばし一望した後下山した。
奥さんの頭の先に、宝満、三郡が見える。角度が変わると随分印象が変わって来る。

 

2015,3,8基山~九千部山-23
い一日でした。

帰りは二日市温泉の『御前湯』で汗を流した。

『御前湯』にしたのには訳がある。

以下は朝のガイド(ガイドさんじゃありません(*^_^*))とのやりとり。

「この近くに温泉はありませんか?」

「そうですねぇ近くには無いですねぇ」

「そうですか…じゃあやっぱり二日市にいきますか」

「それがいいです。御前湯に行ってください」

「御前湯ですか?」

「ええそうです。実はあそこ私が設計したんです」

御前湯を設計した一級建築士さんでした。

御前湯ー入浴料200円、シャンプー、石鹸無し、ロッカー10円、ドライヤー3分10円、
      駐車場無し(道を挟んでパーキング有)

九州自動車道脇の池横7:00-基山8:03-柿ノ原峠9:31~40-大峠10:37

九千部山11:42~12:07-大峠13:04-権現山13:22-柿ノ原峠14:00

基山15:30~42ー下山16:30
スポンサーサイト
[ 2015/03/08 23:49 ] 佐賀県の山 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://reoen.blog.fc2.com/tb.php/248-54d1a616