2015.6.7羽金山(荒川峠~長野峠)

めっきり梅雨らしい天気になってきましたが、幸いなことに週末はそこそこ好天が続いている。

そこで、6日の土曜日、前回香春岳を登った際、苅田町のハイカー氏から聞いていた竜ヶ鼻に登ろうと

早朝車を走らせたが、登山口となる味見桜公園に着いた時、今日の山登りはあきらめた…

福岡は前日の昼前から雨が上がっていたのだが、こちらはついさっきまで降っていたようで、

山に吸い込み切れなかった水があちこち流れていた。


片道1時間かけてやってきたが、あえなく退去することになったが、

登山口も確認できたしまぁよしとしましょう。

というわけで、翌日とは違うところに行くことにしたが、さてどこに行こうか?

いろいろ迷った末、荒川峠から羽金山、雷山と辿ってみることにした。


今回歩いたコース
今回歩いたコース 17.5km


2015,6,7羽金山-1
JR筑肥線、大入駅手前からゆらりん橋、木の香ランドを経由して荒川峠に着いた。
ここに車を止め雷山までピストンする予定…だったのだが



2015,6,7羽金山-2
先ずは羽金山を目指し歩きだします。



2015,6,7羽金山-3
かなり古くなったこの道標はこの山域一帯にある。
個人によるものなのか、はたまた山岳会が設置したのかは分からないが、
登山者の命を守ってくれています。



2015,6,7羽金山-4
石を割って出てきた!!? きっと割れた石の間から出てきたんでしょうが、
逞しいことには間違いありません。



2015,6,7羽金山-5
フォレスト アドヴェンチャーで有名になった樋の口ハイランドの分岐です。
ハイランドまではここから30分ほどで行けます。



2015,6,7羽金山-6
桃子三角点までやって来ました。ここから北に延びる尾根が二丈町と前原市を分けています。



2015,6,7羽金山-7
地図を見る限り、たぶんここを10分位進むと白糸の滝に下る車道(舗装路)に出るようだ。



2015,6,7羽金山-8
河童山の分岐です。ここが唯一このコースで視界が開けたところでした(除羽金山)
左から浮嶽、女岳かな?、木を挟んで右側がたぶん二丈岳?
吹き抜ける風が心地よ、思わず「気持ちいい~(^^♪」と何度も声に出してしまう。



2015,6,7羽金山-9
ウ~。ウ~~♪



2015,6,7羽金山-10
フェンス沿いの道になってきました。恐らく山頂はもうすぐだろう。



2015,6,7羽金山-11
で、急登を上り山頂前の車道に出ました。
この奥に電波送信所があります。



2015,6,7羽金山-12
奥さんが立っているところにインターフォンがあり、ここで山頂入山の申し込みをします。
この日は車両の出入りがあるそうで残念ながら入場は断られた。
楽しみにしていたのだがまー仕方ありません。持ってきたリンゴをかじり10分ほどザックを下した。



2015,6,7羽金山-13
再び歩き始めたらさっきまでとうって変わり、フェンス沿いに草藪が続く。
やっとそれが終わり、左に道をとると結構な下り坂が続いていた。
奥さんの右にある丸い岩を過ぎたあたりから、傾斜はさらにきつくなっていく。
しかもここはジグザグ道になっておらず、真っすぐ下っていくものだから歩き辛いことこの上ない。
足元もまだ湿っている。慎重に歩を進めていく。



2015,6,7羽金山-14




2015,6,7羽金山-15
急坂を下り終わったところが白糸の滝分岐になっている。
水場5分とある。縦走者には貴重な水に違いない




2015,6,7羽金山-16
長野峠に着きました。ほぼ予定通りでここまで来ています。



2015,6,7羽金山-17
このコースを歩くに当たり、当初多少の不安がありました。
それはこのコースが不明瞭で道迷いし易いと云う情報あったからでした。
しかし今日歩いてみてその心配は全くありませんでした。
写真のように、古くなった目印には新しくテープが巻かれ、
その途中々にもいい塩梅でマーキングが施されていました。



2015,6,7羽金山-18
恐らくこの会の方々が施してくれたものと思われます。感謝です。
路迷いほど体力、時間の消耗はありませんから。



2015,6,7羽金山-19
雷山の登山口は長野峠を300m福岡県側(右側)に下ったところにあります。


ここまで予定通りのペースで来ていましたが、このとき僕の足に異常が出ていました。

新しい靴だったため、両方の足に痛みが出ていました。特に右足の踵と踝(くるぶし)

の痛みが激しく、奥さんに泣きを云って雷山はあきらめてもらいました。

無理すれば行けなくもない気もしたんですが、帰りの事(11時間程かかってしまう)を考えると

弱気になってしまいました。結局ここでお昼にし、折り返すことにしました。



2015,6,7羽金山-20
雷山を断念したとはいえ、まだここから4時間近く歩かなくてはなりません。もつかな足?



2015,6,7羽金山-21




2015,6,7羽金山-22
羽金山の手前フェンス沿いの道の一部が崩落していました。
これ以上進むとかなり危険な状態になります。奥さんへばりついて通過。



2015,6,7羽金山-23
羽金山に戻ってきました。もしかして入れるかもと
再びお願いすると、インターフォンから「どうぞ入ってください」と解錠された。



2015,6,7羽金山-24
ザックを置き、舗装路を木イチゴをつまみながら進んでいくと山頂標識があった。
着くと同時に管理の方が来て住所氏名を記入するよう求められたれた。
自宅(福岡市東区)からこの電波塔が見えると云うと、
えらくご満悦だった。「何せ200mありますからねぇ(^'^)」



2015,6,7羽金山-25
さてあとは荒川峠へ下るだけです。



2015,6,7羽金山-26




2015,6,7羽金山-27




2015,6,7羽金山-28
時間に余裕が出たので河童山に行ってみました。



2015,6,7羽金山-29




2015,6,7羽金山-30
さっきの電波塔がしっかり見えましたが、周りの木が伸びていてあまり眺望はありません。



2015,6,7羽金山-31
芽吹く命。去っていく命



2015,6,7羽金山-32
岩上の朽ちた命。
きっと何年も何年も頑張って生きてきたんでしょうね。
お疲れ様でした。



2015,6,7羽金山-33
三角関係のもつれ…?楽しましてくれます。



2015,6,7羽金山-34
ふぅ! やっとこさ荒川峠に戻ってきました。ようやく足の痛みから解放されます。
奥さんも若干肉離れの経過を心配していたんですが。完全復調と云っていいでしょう。



2015,6,7羽金山-35
下山後は『きららの湯』で汗を流しました。
隣接の売店でおいしそうな鯵とキスがあったので買って帰りました。
奥さんが酢飯を作り握ってくれました。 鯵の握り一貫20円(^^)v


荒川峠7:16-776mピーク8:09-樋の口ハイランド分岐8:24-桃子三角点(794.7m)8:28

白糸の滝分岐8:35-河童山分岐8:59~9:04-羽金山電波塔前9:15~25

白糸の滝分岐9:52-長野峠10:55-雷山分岐11:02~28ー羽金山13:29~38-荒川峠15:46
スポンサーサイト
[ 2015/06/08 21:53 ] 佐賀県の山 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://reoen.blog.fc2.com/tb.php/259-ef50d0f0