2015.6.21湧蓋山(八丁原コース)

今日は、来月実施されるおじちゃんと一緒の冒険クラブ、夏のキャンプの下見にi行ってきました。

九重青年の家で施設見学をした後、湧蓋山に登ってきました。

メンバーはYさん、Nさん、それと奥さんのいつものメンバーです。

2015,6,21沸蓋山-31
今回歩いたコースです。



2015,6,21沸蓋山-1
筋湯温泉の公共駐車場に車を止め、八丁原登山口に向かう。
あちらこちらに湯けむりが上がり、温泉気分を味わいながら
てくてくと登山までを40分ほど舗装路をすすんだ。



2015,6,21沸蓋山-2
地熱発電所を左に見ながら登山口を目指す。
暑い!ゆっくり歩いているのに汗ばんできてしまう。



2015,6,21沸蓋山-3
舗装路が平になったところに駐車場がある(20~25台位P可)
八丁原登山口はその先右手にある柵をまたいで進んでいく。



2015,6,21沸蓋山-4
はい、只今またぎ中です(-_-)
左の『告』の看板には、午後から入山し、遭難する事故が急増しているので
安易な入山は控えろ、また、日没後は氷点下10℃まで下がるとも書いていました。


柵をまたいで3分進んだ所の左手に一目山(ひとめやま)の登山口がある。

道標は無くなっていますが(かろうじて木の棒に赤テープが巻いています)

踏み跡があるので、ここが登山口だと分からなくもないのですが、

予備知識がないと通過する恐れがあります。


2015,6,21沸蓋山-5
20分かからずに一目山山頂に着きました。
下から見る印象とは違い、ごつごつした岩場の(熔岩塊)山頂でした。
ここから360度のパノラマが楽しめるはずなのだが、
雲が下がって来ていて遠方までは見渡せなかった。




2015,6,21沸蓋山-6
早々に下山し、ミソコブシ山に向かう。
鞍部に見える黒い筋が登山口から来た舗装路で、
ここをまっすぐ歩いてくると一目山をパスすることができる。
(ピシトン登山をするときは実際良く使われているようだ)




2015,6,21沸蓋山-7
舗装路と出会いました。左折します。もう先にゲートが見えています。




2015,6,21沸蓋山-8
ゲートを越えるとほんの少しだけ樹林帯に入り涼しく歩けます。




2015,6,21沸蓋山-9
少しですがガスも飛んできました。
奥にさっきまで隠れていた湧蓋の山頂も顔を出してきました。
ミソコブシ山は右の丸いピークの山です。




2015,6,21沸蓋山-10
あともう少しです(;一_一)暑ぅ~




2015,6,21沸蓋山-11
ミソコブシの山頂です。少し早いのですがここでお昼にしました。
この日は奥さん頑張ってみんなの分の弁当(サンドウィッチ)を作ってきました。
眺望は相変わらずいまいちです。かろうじて三俣山が確認できるくらいでした。
久しぶりに(ホントに久しぶりに)コンパスを出してYさんと山座同定をして遊んだ。




2015,6,21沸蓋山-12
なだらかなミソコブシの北面を下りてきて振り返った。




2015,6,21沸蓋山-13
え~とここが湧蓋越になるんでしょうか?(いいえ違います湧蓋越はまだ先です)


湧蓋山に登った後、ひぜん湯に下山するにはここまで戻ってこなければなりませんが、

下山時、僕が道を間違え林道を下りかけてしまいました。

筋湯温泉の道標が立っていたので、その道でも行けるのでしょうが恐らくずっと林道が続くのだろう・・・

間違えたのは最初の地図画像のちょうど女岳とミソコブシの間、赤く飛び出た所がその個所です。

なるほど『告』の看板はこういうことかと変に納得(-_-)


2015,6,21沸蓋山-14
前の写真の4分後の画像です。林道に出ました。
左折ししばらく行くと(1~2分)




2015,6,21沸蓋山-15
ここが湧蓋越です。ここも見落としやすいですね。
道標はあるのですが、草に覆われて見づらいです。
林道に雨水をはけさせるための木が敷かれているので、それが目印になります。




2015,6,21沸蓋山-16
林道から入ると灌木帯に入ります。道が刳れていて歩きづらいです。
ちょうど雨ヶ池から三俣山への道に良く似ています(確か今は通行禁止になっていたと思う)




2015,6,21沸蓋山-17
灌木帯を抜けると女岳まで登りが続きます。
それ程の急登ではありませんが、ふ~汗がまた噴き出してくる。
実際の山頂は写真の左手にあります。「え~ここが山頂じゃないの~」とはYさん。




2015,6,21沸蓋山-18
もうひと踏ん張りします。




2015,6,21沸蓋山-19
このガレ場を過ぎれば…




2015,6,21沸蓋山-20
おめでとうございます。湧蓋山の山頂です。
20人ほどお昼を楽しんでいました。

僕たちはここでYさんが持って来てくれたスイカを頂きました。

今年初めてのスイカでした。良く冷えていてとっても旨かったです。

残念ここでも眺望はあまり利きませんでした。

雨粒もポツリきたので早々に下山します。



2015,6,21沸蓋山-21
この後僕は道を間違えてしまいます。




2015,6,21沸蓋山-22
9つ前の画像を反対側から見たところです。
林道までだははなく、ここまで戻ってきてください。




2015,6,21沸蓋山-30
一目山、ミソコブシ山の秀峰を横目で見ながら牧草帯を気持ち良く下る。




2015,6,21沸蓋山-24
石ノ塔駐車場と表記された所から右へ入り込みます。




2015,6,21沸蓋山-25
林道に出会いました。右折します。そしてすぐ次の分岐を左折します。




2015,6,21沸蓋山-26
ひぜん湯登山口に降りてきました。時間はそれほどかかっていませんが、
結構アップダウンもあり疲れました。




2015,6,21沸蓋山-27
登山口のすぐわきにあった足湯です。手を入れてみたがかなりの高温でした。
入る時はホースからの水で.さましながら入るのでしょう。




2015,6,21沸蓋山-28
ひぜんの湯から公共駐車場までは、民家の脇をすり抜けながら進みます。




2015,6,21沸蓋山-29
Yさん、Nさんお疲れ様でした。今から温泉に直行します。

冒頭書いたとおり、今回は来月子ども達と山歩きをするための下見でやってきた。

結果休憩を入れて5時間半の山行だったが、やはり最初の舗装路歩きがきつい。

7月19日は恐らく今日よりも気温はもっと上がるだろう。

一目山、ミソコブシ山の眺望は素晴らしいが、それをもってしても

灼熱地獄には及ばないだろうと思った。会長との相談になるが、

個人的にはひぜんの湯からのピストンが賢明ではないかと思った。


筋湯公共駐車場9:26-八丁原登山口10:02-一目山登山口10:06

一目山10:22~26ミソコブシ山11:25~52-湧蓋越12:18-女岳12:51~53湧蓋山13:09~20

女岳13:32-湧蓋越13:56-T字分岐14:06-石ノ塔看板分岐14:21

林道出会14:51-ひぜん湯登山口15:02-筋湯公共駐車場15:15」
スポンサーサイト
[ 2015/06/22 00:13 ] 大分県の山 | TB(0) | CM(1)

テスト
[ 2015/06/27 16:02 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://reoen.blog.fc2.com/tb.php/261-99aa07e7