2015.7.25三俣山(西峰・本峰・北峰・南峰)

2015三俣700
今回のコース


今回の山歩きは山友のYさんNさんからのお誘いです。

行く山はどこでもいいと言われるので、久しぶりに九重の三俣山を訪ねてみることにしました。

ところが、な、なんと台風12号が九州に接近してきた。

日曜日は下手をすると大荒れになるかもしれない。

それで土曜日に予定を早めたのだが、今度はYさんの都合が付かない。

しかし、来月の北アルプス行きの前に、今週は是非とも歩きたかったので

Yさんには悪かったが3人で行かせてもらいました。

Yさんごめんなさい穴埋めは必ずしますから。


九重は先週『おじちゃんと一緒の冒険クラブ』で来たばかりですが、

今回は山登りで来ているので、先週とは気分が全く違います。


日田インター経由できたので牧ノ戸を通ってきましたが、

駐車場はすでに満車。道路にもたくさんの車があふれていました。

1DSCN0984.jpg
長者原駐車場です。全く雲一つありません。
こりゃ~熱くなるぞ~。



2DSCN0986.jpg
大曲からとも思いましたが、ドカドカ道の可能性もあったので
長者原から車道を歩いた。



3DSCN0988.jpg
駐車スペースのあるゲートからもう少し進んだところに登山口があります。



4DSCN0989.jpg
登山道から指山と三俣山。
以前指山から北峰に登った時のことを思い出しました。
あの時はスリル満点というか怖かったなー。



5DSCN0993.jpg
大曲からの道と合流し、諏蛾守越を目指します。
とにかく汗が出ます。何度も汗をぬぐいながらガレ場を進みます。



6DSCN0995.jpg
諏蛾守に到~着(-"-)避難小屋でザックを下し、パンをかじってしばし休憩。
冷風が通り抜けとての心地よかった。



7DSCN0996.jpg
一息入れたら先ずは西峰を目指します。
後ろに見える久住山も、牧ノ戸の混み具合からして
大盛況なのではないでしょうか?



8DSCN0999.jpg
西峰到着。あれれ、人が少ないですね~。
皆さんどこに行っているんでしょうか?
さていよいよお鉢廻りになります。ちなみにNさん今回が初めてとのこと。
じゃあ次本峰に行きます。



9DSCN1003.jpg
本峰から平治、大船方面。由布岳は残念、双耳部分が最期まで雲に覆われていました。



10DSCN1004.jpg
本峰から北峰へと下って行きます。下りだが汗が出てきます。



11DSCN1007.jpg
北峰側から大鍋。誰もいません。



12DSCN1008.jpg
ここは人があまり立ち入らないのか、草が伸び切って下がよく見えない。



13DSCN1012.jpg
北峰の崩壊の激しいところを通過。
12時をまわっていたので雨ケ池の分岐(現在通行禁止)の先でお昼にした。
風が吹き抜けて何とも心地よい。冷えた牛乳のなんと旨いことか。



14DSCN1016.jpg
ここにきてお鉢廻りが初めてのNさん少し遅れ気味に。
本峰との分岐で待っていると、無数に飛んでいたトンボのうちの一匹が
僕の目の前の小枝に止まった。モデルになった気なのだろうか、しばらく動かなかった。



15DSCN1019.jpg
南峰到着です。ここにもトンボの大群が。
遠くには祖母山が見えています。やっぱり来てよかった。



16DSCN1021.jpg
いよいよ最後の締めくくり、南峰を下ります。
坊ガツルにテントが5~6張り米粒のように見えます。
いまからあそこまで一気に下っていきます。



17DSCN1022.jpg
ここもカヤが伸びていて足元が見えないところがありました。
カヤを掻き分け慎重に降下していきます。



18DSCN1027.jpg
ふーやっと下り終えました。坊ガツル到着です。
Nさんお疲れ様でした。



19DSCN1028.jpg
長者原への道をゆっくり歩いていると、登ってくる集団にあった。
今日は法華院で宴会とのこと。ああ僕も早くビールが呑みたい。



20DSCN1029.jpg
人馴れしているのか、カメラをパシャパシャやっても一向に逃げようとしない。



21DSCN1031.jpg
戻ってきました長者原です。遠方では積乱雲が湧いています。
帰りに一雨来るかもしれません。



22DSCN1033.jpg
きょうは結構きつそうだったNさん。今までで何番目にきつかったですかと尋ねたら、
おもむろに答えた「一番です」…  うゎーっゴ、ゴメンナサイ!
スポンサーサイト
[ 2015/07/26 12:04 ] 大分県の山 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://reoen.blog.fc2.com/tb.php/264-c6702a12