2015,9,22竜ヶ鼻

シルバーウィークの5連休。

最初の3日間は実家の稲刈りの手伝いをやってきた。

23日は雨の予報が出ていたので22日に竜ヶ鼻に行ってきました。

実は6月にここのロングコースを歩こうと登山口まで来たのだが、

前日かなり雨が降ったようで(福岡市内は降らなかった)とても登れる状態ではなかった。

今回は稲刈り疲れがあり、ショートコースを歩いてみた。

2015,9,22竜ヶ鼻-3
今回のコース
県道322号が交わった信号(金辺峠)右に入り、
10軒ほどある民家の一番上そばに車を止めて歩き始めた
上の地図の矢印の場所がここです。


2015,9,22竜ヶ鼻-1
反対側からみるとこうなります。



2015,9,22竜ヶ鼻-2
登山道は画像のまだ手前側に進まないといけないのですが、
間違えて民家に行く道に入ってしまった。GPSがあるのですぐの間違いが分かったが、
登山口までの誘導はここにはない。登るには下調べをしっかりすることが必要だ。



2015,9,22竜ヶ鼻-4
しばらく進むと旧道の閉鎖されたトンネルの脇に出てきます。
ここに来れば道はあっています。




2015,9,22竜ヶ鼻-5
金辺峠です。ここにも竜ヶ鼻の道標はありません。僕らは間違って右の道に入ってしまいました。
登山口は『北九州』と書かれた道標方向にあります。



2015,9,22竜ヶ鼻-6
金辺峠(上の写真)からほんの20~30m先に行ったところに登山道がありました。
本当に分かりづらいので上られる方は要注意です。
最初は竹林から始まります。目印はしっかりあります。



2015,9,22竜ヶ鼻-7
歩き始めてすぐ急登が始まります。杉林とカヤだらけの草道を縫うように登って行くのですが、
人が歩いていないんですなぁ、ほとんどヤブ漕ぎ状態です(;一_一)



2015,9,22竜ヶ鼻-8
急斜面は超きついのですが、こんなご褒美も…
2,3個食べましたが旨かったです。奥さんは粘着性の触感がだめなようで
良い顔してませんでした。   子どもの頃良く取ったもんです。



2015,9,22竜ヶ鼻-9
良い形のがあったので家に持ち帰ると、あえなく3匹の猫どもにやられました。
しかしやつらが狙ったのは実の方ではなく葉っぱでした。
ものの数分で全部喰ってしまいました。



2015,9,22竜ヶ鼻-10
山に戻ります(*^_^*)とにかくここの急斜面は凄い。
つづらに切ってなくほとんど直登なのだ。
おまけに足掛かりも少なく歩きづらいことこの上ない。



2015,9,22竜ヶ鼻-11
普段はあまりロープのお世話にならないのだが、
今回はけっこう掴ませてもらった。



2015,9,22竜ヶ鼻-12
やっと山頂付近までやってきたがここでもまたヤブ漕ぎが(ー_ー)!!



2015,9,22竜ヶ鼻-13
山頂が近くにあるはずなんですが、ススキに覆われて何も見えない。
恐らく下の岩に赤いペイントがあるのだろうが茂った草で全く見えない。



2015,9,22竜ヶ鼻-14
暫く二人で藪の中を行ったり来たりした。本当に山頂あるんかい
…と思っていたら



2015,9,22竜ヶ鼻-15
奥さん山頂標識発見。やったーありました竜ヶ鼻
ここでお昼にします。誰~もいない草ぼうぼうの山頂で
おじさんとおばさんはカップラーメンをすすった。



2015,9,22竜ヶ鼻-16
山頂からは福智山の縦走路がはっきり見えた。



2015,9,22竜ヶ鼻-17
再び歩きだすのだがさて道はどこにあるでしょーか?
なんてクイズをやっている場合ではない。とりあえず方向を確かめ歩きだすと
僅かに踏み跡らしきものがあった。しばらくたどっていくと…



2015,9,22竜ヶ鼻-18
重機で整地された道に出た。セメント会社が整地したもののようで、
ロープを張って立ち入り禁止のプレートがぶら下がっていた。
これをまたいで進む。



2015,9,22竜ヶ鼻-19
重機の道はこのまま左にカーブしていくが、登山道は右に入り込んでいく。
入り口に目印は無いが僅かな踏み跡がのこっている。
林に入ると赤テープが誘導してくれる。



2015,9,22竜ヶ鼻-20
林に入るとすぐに岩場が待っている。最初の地図で分かるように
かなりの急斜面だ。最初は草も結構生えていて、さながら岩場のヤブ漕ぎだ。



2015,9,22竜ヶ鼻-21
ヤブは無くなってきたが、気の抜けない岩場の急坂は続く。




2015,9,22竜ヶ鼻-22
急勾配を下りきると谷口へ降りる分岐が出てきた。ここでも道を誤り少し谷を下ってしまった。
正解はこのままの尾根を下らなければならない。すぐに気が付き登り返した。



2015,9,22竜ヶ鼻-23
ここの道も先の台風15号で相当やられていた。



2015,9,22竜ヶ鼻-24
この道標に従い右側の谷に道をとる。



2015,9,22竜ヶ鼻-25
うえの分岐から13分で林道に出てきた。今日の山遊びはここまでです。




2015,9,22竜ヶ鼻-26
R332に戻り竜ヶ鼻を見上げる。でかい!と思った



2015,9,22竜ヶ鼻-27
金辺峠の信号まで戻ってきました。目の前に見える階段を登っていくと
最初のコマの所に戻ります。


竜ヶ鼻は人気が無いのか相当(予想以上)道が荒れていた。

特に山頂付近はひどく、GPSが無いと相当の下調べが必要に思えた。

短時間の山行だったが急登あり、岩場ありで相当楽しめる山だった。

ただ時期的には草の枯れる冬場の方が向いていると思う。

次は当初予定していたロングコースを歩いてみよう。


駐車10:23-登山口10:41-竜ヶ鼻山頂11:58^11:23

採銅所分岐14:00-スタート位置14:40
スポンサーサイト
[ 2015/09/23 16:47 ] 福岡県の山 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://reoen.blog.fc2.com/tb.php/273-fca2dd7a