2015,11.3峰入り古道再び

前回、僕の道間違いでリタイヤしてしまった峰入り古道を再び歩きます。

今度こそ、3時55分に別所豊前坊を出るバスに乗るため、プランも練り直しました。


前回のプランでは、道迷いが無くても時間通りに到着できないことが分かったので、

今日は早起きして5時半頃から歩き出しました。

当然夜は明けておらず、歩き出しはヘッドライトを装着になりました。

気温も6℃と結構寒かったです(-_-;) よっしゃ!がんばって歩きますか。


峰入り古道
今回歩いたルート


2015,11,3峰入り古道-1
まだ5時半前です。当然真っ暗です。ヘッドライトが息を白く映しています。
先週に続き、峰入り古道を今日も歩きます。
果たして無事英彦山までたどり着けるのか?



2015,11,3峰入り古道-2
遠くに英彦山が見えます。遠い本当に遠い…が
今日は何が何でも、3時55分までに別所豊前坊までたどり着きたいものだ。



2015,11,3峰入り古道-3
陣尾に着きました。かなり明るくなってきましたが、
まだヘッドライトを消せる明るさではありません。
ライト歩きのせいか、先週より少し遅めになっています。



2015,11,3峰入り古道-4
今日は先週より1時間程早いので、まだ日が登って来ていません。
空がホリゾント幕のようになり、きょうの山々を綺麗に見せてくれています。
心が洗われて行くようです。あ~そろそろ御来光時でしょうか。



2015,11,3峰入り古道-5
貝つりと格闘中の奥さん。月が綺麗でしたね。


月ではありませんが、朝車を走らせている時、ずっと東の空に

大きな星が輝いていました。後で調べてみたら火星と金星でした。

あんなに大きく、それも二つくっついているのを見るのは初めてでした。

「早起きは三文の徳」とは良く云ったものです。


2015,11,3峰入り古道-6
貝つりのの後に笈つりがあるはずなんですが、先回はどこか分かりませんでした。
進入禁止の赤テープのある大きな岩を巻いた後、振り返ると赤テープがありました(奥さんが発見)
すすんでみると、間違いないここが笈つりでしょう。落差はそれ程でもないのですが、
危険個所があったので、きっとそのせいで通行を禁じているのでしょう。



2015,11,3峰入り古道-7
そして最後が糸ヶ峰です。この日は早朝のせいか(前々日に雨も降った)
岩が湿っており、足下がとても不安定でした。先週はすたすた歩けたところも、
今日は慎重に足を運んだ。奥さんも躊躇しています。



2015,11,3峰入り古道-8
林道に出てきました。ここから少しばかり急登が続きます。
なが~いロープを頼りに登っていきます。



2015,11,3峰入り古道-9
大日ヶ岳に着きました。僕が先について休んでいると、追っ付け奥さんがやってきた。
僕のペース配分がどうもよくないと云うことで、ここからは奥さんがペースを作っていく。



2015,11,3峰入り古道-10
大日ヶ岳から斫石峠へ向かうここも難路ではあります。



2015,11,3峰入り古道-11
斫石峠直後にある痩せた岩尾根。釈迦ヶ岳方向から差す朝日がまぶしい。
なんか御利益がありそう…っとこれがいかんのです。



2015,11,3峰入り古道-12
さてでは、いよいよ釈迦ヶ岳の急斜面に挑みます。
先週は、乾ききったさらさらの土で難儀しましたが、
今日は適度に湿っており、先週のようなことはありませんでした。
岩場では苦戦を強いられた湿りも、ここでは味方になってくれました。
一番登りたくなかった釈迦ヶ岳の登りも、意外とスムーズに通過できました。



2015,11,3峰入り古道-14
ふぇ~やっと釈迦ヶ岳の山頂まで来ました。
ここで小休止をとり、鶏ゴボウハンバーグのサンドイッチと
アミノ酸を補給する。からしマヨネーズと鶏ゴボウハンバーグ
の相性がなんとも心地よい。元気が出たところで再びザックを担いだ。



2015,11,3峰入り古道-13




2015,11,3峰入り古道-15
釈迦ヶ岳を下り平坦なところを進んでいると、北側に鋭くとがった対の岩峰が見えた。



2015,11,3峰入り古道-16
○倉越(最初の文字がかすれて読めなかった。寮倉越ではないかと思う)で
ルート確認中の奥さん。



2015,11,3峰入り古道-17
岳滅鬼山まであと1,4Kmか、頑張りましょう。



2015,11,3峰入り古道-18
時々顔を見せる紅葉が力を与えてくれる。


岳滅鬼山の山頂には11時9分に着いた。山頂には4人の先客がいた。

軽く挨拶をした後、僕たちは昼食の準備をしていた(といってもカップ麺にお湯を注ぐだけだが)

そこにさっきの4人(男2女2)の内の一人の男性が奥さんに声を掛けてきた。

「○○さん(奥さんの名前)じゃないですか?」

僕には誰だか分らなかったが、「アーッ!Uさん!」と奥さん。

云われて思い出した。

僕達が5年前、初めて四季山遊会で屋久島に行ったとき時のリーダーだったUさんだった。

とんだ偶然があったものだ。Uさんは今東北に住んでいて、

今日はこちらの山友達に誘ってもらい、岳滅鬼山にきているとのこと。

そして下山後又、東北に戻るらしい。それではお元気でと屋久島のお礼も云いここで別れた。

その後、カップ麺をずるずるすすりながら屋久島でのことを思い出していた。

奥さんもきっとそうだっただろう。


2015,11,3峰入り古道-19
U氏と三人で…



2015,11,3峰入り古道-20
岳滅鬼山より3,2m高い岳滅鬼岳。眺望はほとんど無い。



2015,11,3峰入り古道-21
岳滅鬼峠への下りが始まります。ここは奥さんが定置するまで待ちます。



2015,11,3峰入り古道-22



2015,11,3峰入り古道-23
先週リタイアした岳滅鬼峠です。
今日は迷わずこのまま真っすぐ尾根を進んでいきます。
登り始めの所には赤テープはありませんが
少し進んでいくと出てきます。(但し途中途切れているところもあります)



2015,11,3峰入り古道-24
左(北)側に猫の丸尾が見えてきました。かわった山名ですね。
尾根のラインが、猫が背を丸くした格好に似ているからだろうか?



2015,11,3峰入り古道-25
英彦山がかなり近づいてきました。
しかしまだまだここから難題がが待っています。気を緩めず歩きましょう。



2015,11,3峰入り古道-26
おっとっとっと(ーー;)



2015,11,3峰入り古道-28
猫の丸尾への尾根道。かなり荒れていました。



2015,11,3峰入り古道-27
最低鞍部です。ここから猫の丸尾まで134m上昇しなければなりません。
ここも結構きつかったです。



2015,11,3峰入り古道-29
猫の丸尾(1044m)到着です。



2015,11,3峰入り古道-30
猫の丸尾を通過するとすぐに現れるのがこれです。
すごい迫力の岸壁です。これが鹿の角の岸壁か。



2015,11,3峰入り古道-31
鹿の角の裾に籠水峠があります。
ここの分岐も少し分かりづらいです。
この写真の奥(右)側に下って行ってください。



2015,11,3峰入り古道-32
100m位緩やかに下って行って少し登ると尾根に出ます。この画像がそれです。
ケルンの谷方向しか道は無いように思いますが、そっちに行ってはだめです。
目印はありませんが、左に上がっているこの尾根を登ってください。



2015,11,3峰入り古道-33
尾根を正面から見ています。これを登らないと英彦山には行けません。



2015,11,3峰入り古道-34
尾根を10分位登ると鹿の角に着きます。



2015,11,3峰入り古道-35
ここから英彦山山頂直下のガレ場が少し続きます。
大石なので浮くこともなく安心して歩けます。



2015,11,3峰入り古道-36
そして恐らく今日最後の難関鬼の舌です。
案内板も凄いエンボス加工しています。
半端ない急登ですが、岩や木の根を補助に使えば
さほど問題はありません。



2015,11,3峰入り古道-37
最後で道を間違え南岳を右に巻いてしまいました。
しかし、ここまでくればこれ位はOKとしときましょう。
突如現れた上宮を観た時は、あまりの近さにちょっとびっくりしました。
と、同時にやったぞと云う達成感がジワリ湧いてきました。
時間も大丈夫。3時55分のバスに何とか間に合いそうです。



2015,11,3峰入り古道-38
上宮で挨拶を済ませ、奉幣殿へと下ります。
新しいトイレにも多少興味はありましたが、今日はこのまま下ることにします。



2015,11,3峰入り古道-39
奉幣殿へと続く石段。膝に負担がかかるが、
水も汲みたいし、少し飛ばそう。



2015,11,3峰入り古道-40
奉幣殿に着きました。体調が万全でなかった奥さん良く頑張りました。



2015,11,3峰入り古道-41
時間にほんの少し余裕があったので、銅の鳥居まで降りていくことにしました。
ここには3時59分にバスがきます。


2度目の挑戦で、峰入り古道を英彦山まで歩くことができました。

近年になく、充実感を味わうことができた山行でした。

奥さんに感謝です。分かりづらいこの道を丹念に調べ上げてくれたおかげです。


行者堂5:30-陣尾6:18~22-林道出会7:19-大日ヶ岳8:05~13-斫石峠8:44

釈迦ヶ岳9:05~22-岳滅鬼山11:10~28-岳滅鬼岳11:37-岳滅鬼峠12:00

猫の丸尾1:23~28-籠水峠1:44-鹿の角2:01-英彦山中岳2:33~38

産霊神社2:45~50-奉幣殿3:32-銅の鳥居3:49


スポンサーサイト
[ 2015/11/05 07:04 ] 福岡県の山 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://reoen.blog.fc2.com/tb.php/283-1b577503