2016,1,3福智縦走

また新しい年が始まりました。

今年も良い山行が、たくさん出来ればと思っています。

とは言え、私もいい年(還暦の足音がもう聞こえ出しています)

これからは、体調の維持管理にも気を付けて行きたいと思います。

お酒ももう少し控えんといかんかなぁ(ーー;)


で、今年最初の山はちょっと重めの福智縦走です。

冬の縦走路は、昨年(2月14日)歩いて快適だと分かったので、

雨さえ降らなければ、きっと気持ち良く歩けるでしょう。


それから我が家の猫君達、今年もお留守番宜しくお願いします。

2016,1,3福智縦走-2
ベス(♂8歳)

2016,1,3福智縦走-1
ジョー(♀7歳)

2016,1,3福智縦走-3
kurosuke(♀5歳)



2016,1,3福智縦走-4
いつもお世話になっている採銅所駅です。
開業して100年になるんですね。今は無人の駅ですが、
かつては石灰石や石炭の産出で、この沿線も活気にあふれていたと云う…


2016,1,3福智縦走-5
東小倉で、6:37快速博多行きに乗り換え八幡駅で降りた。
まだ薄暗い駅前の道を、ゆっくりと正面に見える皿倉山に向かって歩き始めた。
道にはところどころ水たまりが残っていた。


2016,1,3福智縦走-6
今日は新年初めての山登り。帆柱稲荷神社で手を合わせてから出発した。



2016,1,3福智縦走-7
国見岩。眺望は今一つでした。



2016,1,3福智縦走-8
皿倉山山頂です。こちらもそこそこ見えるかなぁ程度でした。


皿倉平を過ぎ、市ノ瀬峠へ向かっていると、70がらみ位のご夫婦とすれ違った。

二言三言お話しした後、「それではお気を付けて」とお別れした後奥さんがふと振り返ると、

ザックに付けてあった『行橋~別府100キロウォーク』のバッジを発見!

話を聞けば、もう10回ほど参加しているらしい。

因みにタイムを聞くと17時間台だとのこと。

70に手が届こうとしている女性が、こんなタイムを出せるなんて驚きです。

僕も今年参加したい旨を伝えると、

「人生変わりますよ、是非チャレンジしてください」といわれた。

人生が変わるかどうかは分かりませんが、

100キロウォークに今年は参加して見ようと考えています。

2016,1,3福智縦走-9
市ノ瀬峠に着きました。今日もここで、
八幡駅改札を出てすぐ右側にあるパン屋さんのパンを頂きました。
ここのパンはどれもおいしいです。お勧めです。



2016,1,3福智縦走-10
観音越です。



2016,1,3福智縦走-11
天気も次第に良くなり、弱いですが少し陽射しも射してきました。
風も無く、寒さもほとんど感じません。気持ち良く歩けました。



2016,1,3福智縦走-12
新しい119番通報プレート



2016,1,3福智縦走-13
尺岳到着です。今日は久しぶりにここでお昼にします。



2016,1,3福智縦走-14
タヌキ水到着しました。今日はいつもより幾分水量が少なかったかな?
ここで僕が3ℓ、奥さんが2ℓそれぞれザックに詰め込みました。



2016,1,3福智縦走-15
福智山の山頂です。突然のガスで視界がほとんど利きません。
お恥ずかしい話ですが、縦走路を少しばかり探してしまいました。
何度も来ている山なのに、ガスで視界が利かないのはやっぱり怖いと思いました。
一瞬九重の遭難事故を思い出しました。



2016,1,3福智縦走-16
しかしそれから30分もすると、予報通り薄っすら青空も出てきました。



2016,1,3福智縦走-17
冬の日没は早い。何とかヘッドライト無しに採銅所に降りて行きたい。
奥さん若干ペースを上げていく。



2016,1,3福智縦走-18
最近は林道歩きが多かったのですが、今日は小ピークを越えて行きました。
ここに来たらやはり念仏坂が気になるところです。



2016,1,3福智縦走-19
ウウッ分かってはいるが、念仏坂はやはりきつい。
しかし、今年はオフロードバイクのタイヤ痕も無く。割合楽に登れました。


念仏坂を登りあが、り焼立山でコーヒーを落とし長めの休憩をとった。

カレーパンをほうばりながら福智山に目をやると、またもやガスに包まれていた。


2016,1,3福智縦走-20
赤牟田の辻を過ぎ荒れた道を下っていると、
2サイクルエンジンの音がした。最初は草刈り機かと思ったがそうではなかった。
エンジン音は爆音に変わり、10数台のバイクが突然僕と奥さんの前に現れた。

これが登山道をえぐり取っているものの正体か…

しかし、この時ばかりはなす術もない。ただ猛スピードで疾走するバイクを見送るだけだった。

家に帰り改めて写真を見てまたまた驚いた。これは通常のバイクではなく、レース専用車だ。

いわゆるモトクロッサーと云うやつで、当然保安部品(ライトやウィンカーなど)は付いていない。

レースにも出ているのだろ、うゼッケンが付いている。僕はこれで少し戸惑ってしまった。

当初僕は、登山道を平気でバイクで乗り入れるやつは、ネジの緩んだヤンキー崩れだと思っていたが、

モトクロッサーだったのだ。しか~し

だからと言って、こんな行為が許され筈がが無い。

次の画像を見てください。どうですか?えぐりたての道です。

こんな道とても歩けたもんじゃありません。

確かに行政も杭を打ったり啓発看板などを掲示してはいますが、

もう一歩踏み込んだ対応が望まれるところです。

2016,1,3福智縦走-22
モトクロッサーにより深くえぐられた登山道。大変歩きづらいです。



2016,1,3福智縦走-21
山犬の峠までやって来ました。
ここも道迷いの可能性が少しあります。要注意です。



2016,1,3福智縦走-23
福智縦走もいよいよ終わりに近づいてきました。
一の岳の輪切りを眼にしっかり刻みます。



2016,1,3福智縦走-24
さあ奥さん急ぎましょう。何しろ杉林の中に入ると、舞台が暗転するように暗くなります。
何とかライトは点けずに駅までたどり着きたいところですが…



2016,1,3福智縦走-25
アハハ(;一_一)やっぱ無理でした。
ライトで足下を確認しながら下って行きました。



2016,1,3福智縦走-26
何とか6時前に降りて来られました。
今日は、『ふじ湯の里』のぬる~いお湯に、ゆっくりと浸かって帰ります。

    採洞所駅5:59-八幡駅6:58-帆柱稲荷神社7:38-国見岩8;18

    皿倉山8:25-皿倉平9:-市の瀬峠9:26~9:34-観音越11:02

   田代別れ11:35-尺岳12:29~12:51-山瀬越え13:22-豊前越え13:42

   烏落14:13-たぬき水14:20~14:30-福智山14:38

   焼立山15:52~16:07-赤牟田の辻16:16-牛斬山17:04-採洞所駅17:58
スポンサーサイト
[ 2016/01/04 11:43 ] 福智山 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://reoen.blog.fc2.com/tb.php/289-f8d9aed9