20164,10福智縦走,

久しぶりに四季山遊会さんに参加させてもらいました。

躊躇したが、人数に空きがあったので、ならばとちゃっかりご一緒させていただきました。

八幡駅に6時はきつかったので、僕達は山麓駅からの参加とした。

(後でアウトドア親父さんから聞いたのだが、駅に終日500円で車を置けるそうだ)

ストレッチをしながら待っていると、時間通りにメンバーの方々が上がってきた。

僕の心配をよそに新しく見る顔、久しぶりの顔、それぞれが温かく迎え入れてくれた。

2016,4,10福智縦走-1
簡単な自己紹介、ストレッチを済ませ歩き始めた。
先導はコースを熟知しているアウトドア親父さんが務めた。心強い。



2016,4,10福智縦走-2
皿倉山へは九折の階段が続く。いつものことだがやっぱしんどい(ーー;)



2016,4,10福智縦走-3
国見岩手前のビューポイントで振り返った。
真ん中のがたぶん足立山だろう。稜線を伝い左のが戸の上?
贅沢な景色を朝っぱらから見て、俄然力がみなぎってきます。



2016,4,10福智縦走-4
国見岩。ふぅ~しんどい。



2016,4,10福智縦走-5
ハート形の穴から海側を見ると藍島が見えるらしいが、
今日はおっさんの尻が納まっている。


2016,4,10福智縦走-6
皿倉山山頂です。何でも夏はビアガーデンが開かれているらしい。
ここから夜景見ながらの一杯はたまらんだろうな(ToT)/~~~



2016,4,10福智縦走-7
尺岳平に到着。桜はいくらか残っていました。
写真右に見えるおびただしいゴミは、昨日、一昨日の花見宴の残骸。



2016,4,10福智縦走-8
市ノ瀬峠でエネルギーの補充。



2016,4,10福智縦走-9
八又の桜は少し期待していたのだが、葉桜になりつつあった。残念。



2016,4,10福智縦走-10
小さなアップダウンを繰り返しながら進んで行く。
膝が本調子ではないアウトドア親父さん背中で状況を察知しながらイーブンでまとめて行く。



2016,4,10福智縦走-11
観音越で僅かなリラックスタイム。さてどっちが遊んでもらっているのか?



2016,4,10福智縦走-12
緩やかな坂を登りあがるとそこがかえで峠。皆さんまだ余裕のようです。



2016,4,10福智縦走-13
12時17分、尺岳からの眺めはまずまず



2016,4,10福智縦走-14
昼食を食べ終わり、再び縦走路へ



2016,4,10福智縦走-15
カラス落。ここでFさんから本日2度目、ゼリーの差し入れがあった。




2016,4,10福智縦走-16
縦走路を振り返る。皿倉が一番奥に控えている。



2016,4,10福智縦走-17
福智山山頂です。先週来た時は英彦山が確認できましたが、
今日はPM2.5が多いらしく輪郭も望めませんでした。
山頂ではMリーダーが待ってくれていた。頂いたチョコを頬張り後半戦に向かった。



2016,4,10福智縦走-19
後半のきつくなってくる所ですが、林道は通らず念仏坂手前の小ピークに向かっていく



2016,4,10福智縦走-20
小ピークで一本入れる。もうあとひと踏ん張りだ。



2016,4,10福智縦走-21
おお!念仏様が見えとる。ここまできたら行くしかありません。



2016,4,10福智縦走-22
念仏坂を息も絶え絶え登りあがると、
山遊会のK氏がコーヒーを立ててくれていた。
いやしい僕は一番多く入っている紙コップを手にした。
疲れが癒えていくのが分かった。ごちそうさまでした。



2016,4,10福智縦走-23
赤牟田の辻。まだ日は高い。明るいうちに下山できそうです。



2016,4,10福智縦走-24
ショウジョウバカマ



2016,4,10福智縦走-25
本日最後の山牛斬山です。香春岳の哀れな姿をここで視ることになる。



2016,4,10福智縦走-26
ゴールの採銅所駅です。皆さんそれぞれの思いでここに辿りついたことと思います。
ですが、とりあえず12人全員完歩できました。皆さんお疲れ様でした!


2016,4,10福智縦走-27
灰があれば一番いいのですが、とりあえず重曹で。

山遊会メンバーの方々のおかげで、

きついばかりの福智縦走を楽しく歩くことができました。

ありがとうございました(^.^)
スポンサーサイト
[ 2016/04/12 01:02 ] 福智山 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://reoen.blog.fc2.com/tb.php/300-262eea79