2016,7,3香春岳、障子ヶ岳~大阪山(飯岳山)

いつも実家に帰る道中、でんと鎮座する大阪山にいつか登りたいと思っていました。

今回は障子ヶ岳と抱き合わせで歩いてきました。

気温30℃越えの中、低山の20キロ歩きは結構ハードでした。

2016,7,3障子岳-40
今回のコース。※五徳峠~採銅所(車移動)、香春~採銅所(JR日田英彦山線で移動)
GPS、コースタイムは、奥さんのヤマレコ


2016,7,3障子岳-1
縦走の前に、最初は岩登りを楽しもうと、香春岳(三ノ岳)に向かった。



2016,7,3障子岳-2
ピストンなのでザックを置いて行っても良かったのだが、
練習になるだろうと、あえて担いで歩き出した。
五徳峠からです。



2016,7,3障子岳-3
10分も歩くと石灰石の岩場が始まる。前日来の雨で濡れている所もあり、
フリクションが利かず、冷汗が出る所も(でも楽しい(*^_^*))



2016,7,3障子岳-4
二ノ岳が良く見える所に出た。今日はPM2,5が少ないようで、空気が澄み
素晴らしい景観が広がっている。(二ノ岳へは今日は行きません)



2016,7,3障子岳-5
傾斜が急になってきました。香春岳は低山とはいえ侮ってはいけない。
三点支持しないと登れない所が各所にある。ふぅ~それにしても今日は良く滑る。



2016,7,3障子岳-6
影香春岳(三ノ岳)



2016,7,3障子岳-8
香春岳(三ノ岳)山頂です。朝早いので(7時20分)陽はまだ低いです。
この日はまだ長丁場が残っているので、暫く眺望を楽しんだ後、早々に五徳峠に戻る。



2016,7,3障子岳-9
採銅所駅に車を置いて、障子ヶ岳登山口に向かう。で、僕たちはここで道を間違えた。
写真では採銅所の信号から左折しているが、本当はこの先にある金辺橋北の信号から
左折しなければならなかった。(上のコース図の黄色の道)随分迂回してしまった。



2016,7,3障子岳-10
車道を延々1時間20分歩いて、ようやく味見桜公園に着いた。
ここまででもう僕は汗まみれ。今日はこれ位でいいか…なんて思ったりする。
とにかく今日は暑いのだ。



2016,7,3障子岳-11
公園のベンチにザックを下し、奥さんの焼き芋をいっこ食べ、
味見桜公園奥にある障子ヶ岳登山口に取り付いた。
人はあまり歩いていないようだ。二人ともこの先のヤブ漕ぎを予想してしまう(-_-;)



2016,7,3障子岳-12
しかし、ときどき覗く景色は最高だった。福智の縦走路の稜線がうつくしい。



2016,7,3障子岳-13
障子ヶ岳ならぬアジサイヶ岳と云っていい位、歩き出しにいっぱい出て来る。



2016,7,3障子岳-14
傘の下にはもちろん奥さんがいます。
萱ではないので身を切る心配はないが、足下が見えないのは辛い。



2016,7,3障子岳-15
草の伸びた障子ヶ岳山頂。誰もいません。



2016,7,3障子岳-16
しかし眺望は良かった。こちらは行橋方面。



2016,7,3障子岳-17
南にはこれから行く大阪山が見える。まだまだ結構距離がありそうだ。



2016,7,3障子岳-18
こんな風に障子ヶ岳の山頂付近は細長い形状になっている。



2016,7,3障子岳-19
形跡は何も残っていない出丸後。



2016,7,3障子岳-20
お昼にはまだ少し時間があったが、眺望の良いスラブがあったので昼食にした。
今日は僕のリクエストでソーメンにしてもらった。
暑さであまり食欲はなかったがソーメンなら食える。
只、強風で箸で持ちあげたソーメンが暴れ、麺つゆの中になかなか入ってくれなかったのには笑った。
奥さんは横から強引に突っ込んでいた。
ここからは香春の町が一望できた。



2016,7,3障子岳-21
七曲峠



2016,7,3障子岳-22
仲哀トンネルの現在真上です。



2016,7,3障子岳-23
開けた所に出たら、大阪山が眼前に迫っていた…のはいいが、
草が伸びきっていて前方が見えない。
暫く歩くうちに登山道を見失ってしまった。
基本的にここらは、人工林の脇を進むようになっているので、
仮にコースアウトしても割合容易に戻ることが出来る。



2016,7,3障子岳-24
オカトラノオ綺麗でした。



2016,7,3障子岳-25
暫くヤブ漕ぎが続いた。



2016,7,3障子岳-26
呉登山道と合流する。



2016,7,3障子岳-27
やっと大阪山の中継塔が見えて来た。もうひと踏ん張りです。



2016,7,3障子岳-28
着きました大阪山山頂です。ここも草が伸びており、眺望はいまいちでした。
疲れたので、ザックを下し暫く休憩を取りました。何か行動職をと思うのだが、
とてもそんな気にはなれない。奥さんが持ってきていた炭酸飲料に飛びついた。
因みに今日の福岡地方の気温は33.4℃だった。汗もかくわけだ。
首のタオルを取って絞ると汗がポタポタ落ちた



2016,7,3障子岳-29
僕たちは香春駅に下りていくので、
柿下登山口ではなく、愛宕台登山口側に道をとった。



2016,7,3障子岳-30
柿下越


2016,7,3障子岳-31
愛宕山です。ここも御覧の通り草ぼうぼうで眺望もありません。



2016,7,3障子岳-32
四等三角点。良く見るとなんか書いています。
〈この測量標はすべての測量の基準です。三角点を大切にしましょう〉



2016,7,3障子岳-33
椿台(標高292m)の周辺には、山桜の巨木がいくつかあった。
最初に出て来たのが八又のやまざくら。



2016,7,3障子岳-34
つづいて浦松桜。浦に点が無いようだが…?



2016,7,3障子岳-35
そして九電桜。なるほどこの先に九電の鉄塔が建っていた。



2016,7,3障子岳-36
何とか香春の町に降りてこられました。このまま香春駅に向かいます。



2016,7,3障子岳-37
3時25分香春駅に到着しました。この線は1時間に2本しか電車がないのですが、
運よく待ち時間5分ほどで電車がやってきました。車内の扇風機がなんとも心地よかった。



2016,7,3障子岳-38
採銅所駅に着いた時には激しく雨が降っていた。
雨予報は出ていたので、下山まで何とか持ってもらいたかったが、ラッキーだった。
ストレッチもそこそこに、ドシャ降りとなるなか車に乗り込んだ。
僕のほてりきった体も車のエアコンでようやく落ち着いてくれた。
夏季の低山縦走は思った以上に厳しかった。
スポンサーサイト
[ 2016/07/05 23:53 ] 福岡県の山 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://reoen.blog.fc2.com/tb.php/311-0583e410