FC2ブログ

2016,7,24開聞岳

鹿児島2日目、当初は昨日登った磯間嶽を逆コースで周回するつもりだったが、

あの暑さと、アブ(20ヶ所近く刺された)を思うととても行く気にはなれなかった。

前夜、奥さんと宿で芋焼酎を飲みながら、明日は開聞岳に登ろうと決めていた。

2016,7,24開聞岳-1
朝5時に宿を出た。途中コンビニで朝めしを仕込み、開聞岳に向かった。
万之瀬川にかかる橋から、遠く金峰山が見えた。



2016,7,24開聞岳-2
開聞岳が見えてきました。こんなに近くで視るのは初めてです。
正に薩摩富士の名の通り、見事な山です。



2016,7,24開聞岳-3
かいもん山麓ふれあい公園から歩き出します。6時30分



2016,7,24開聞岳-4
舗装路を10分程進むと、2合目にある登山口に着いた。
看板には、上り3時間、下り2時間30分(成人)とあった。


4合め位まで来たところで、小、中学生の団体に出会った。

先日子ども達と英彦山に登ったのを思い出す。

指宿市が主催したこの子ども登山大会?意外に人数か多く、

何班にも分かれて登っていた。

2班位は追い越せたが、後半の岩場追い越す事が出来ない。

山頂までグループの背中を見ながらの歩きとなった。

2016,7,24開聞岳-5
元気な子ども達、大きな声で挨拶をしてくれた。



2016,7,24開聞岳-6
標高700m辺りから登山道はごつごつとした岩場に変わる。
幾つか視界の開ける所もあった。



2016,7,24開聞岳-7
岩場が続く。



2016,7,24開聞岳-8
8合め通過。もう少しで山頂です。



2016,7,24開聞岳-9
が、前を塞がれ思うように歩けない。
こう云う時は焦っても仕方ない。平常心で後をゆっくり付いて行く。



2016,7,24開聞岳-10
この梯子は踏み板の間隔が狭く、とても登りづらかった。
上りはまだいいが、下りは要注意だ。



2016,7,24開聞岳-11
9時ちょうどに山頂に着きましたが、あいにく山頂はガスに覆われていました。
素晴らしい展望を期待していたのだが、残念(ーー;)
子ども達もお疲れ様です。



2016,7,24開聞岳-12
子ども達がまるで山の一部になった感の山頂。この後ろにもまだまだいるんです。
かなり先の岩まで行き朝めしを食べた。



2016,7,24開聞岳-13
眺望は無い、居場所も無いで10分位で下山開始。



2016,7,24開聞岳-14
7合め付近のビューポイントから、長崎鼻。その先には大隅半島も見える。



2016,7,24開聞岳-15
少し右に目をやると、うっすらだったが、種子島、屋久島も見ることが出来た。
屋久島が見えるなんて、ちょっと感動ものでした。



2016,7,24開聞岳-16
雨によるものなのか、随分と削られた登山道。
植生を見ると、陽もあまり差さないようだ



2016,7,24開聞岳-17
2時間かからず2合目登山口に戻ってきました。
今日も昨日程ではありませんが、たっぷりと汗をかきました。



2016,7,24開聞岳-18
かいもん山麓ふれあい公園に戻って来ると、にぎやかな声が聞こえた。
覗いてみたらプールだった。まだ午前中なので客は少なかったが、
気持ち良さそうに遊んでいる。飛び込みたくなるのをじっと我慢…



2016,7,24開聞岳-19
奥さん2日間お疲れ様でした。



2016,7,24開聞岳-20
鹿児島の最後にはお楽しみがあった。たまて箱温泉です。
ここには砂蒸し風呂と露天風呂がある。この時期に砂蒸しはなかろうと
露天風呂だけにしたが、日帰り温泉&スパ部門で全国1位 に選ばれただけのことはあります。
僕が入った和風風呂は開聞岳、長崎鼻の絶景が楽しめ、
奥さんの入った洋風風呂は奇岩の竹山を見ることが出来ます。
お風呂の後は隣接しているレストラン、「地熱の里」でカツオのたたきを頂いた。
帰りは300キロ以上の運転が待っていたが、激しい睡魔も襲ってこず、
霧島連峰などを楽しみながら帰ることが出来た。
スポンサーサイト
[ 2016/07/28 07:52 ] 鹿児島県の山 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://reoen.blog.fc2.com/tb.php/315-7bf01290