2016,8,13奥穂ザイテングラード~横尾山荘

 前日の奥さんの事故により、今日は予定を大幅に変更する。

計画では北穂~大キレットと進み、槍ヶ岳まで行くつもりだったが

今の奥さんの体ではとても無理なので、下山することにした。

コースは山荘のスタッフとも相談し、ザイテングラートから涸沢を経て横尾まで降りることにした。


しかしここは北アルプス。このまま下りるのはもったいなさすぎるので、

僕一人で北穂高岳まで行かせてもらうことにした。

4時ちょうどに小屋を出た。空にはオリオン座が浮かんでいた。

ヘッドライトをつけ涸沢岳に向かったが、電池切れ寸前で足下が良く見えない。

後悔したがこの暗闇では電池交換もままならない。

幸い、昨日小屋から涸沢岳まで行っているので何とか道は分かった。

2016,8,13北穂高~横尾-1
4:17



2016,8,13北穂高~横尾-40
雲海に浮かぶ槍ヶ岳息をのむ美しさだった。右はこれから行く北穂高岳。残念ピンボケ(-_-;)



2016,8,13北穂高~横尾-3
最低コルから前穂高岳4:50



2016,8,13北穂高~横尾-4
ここはトラバースして行く。5:02



2016,8,13北穂高~横尾-5
南峰より左から北尾根、前穂高岳、吊り尾根、奥穂高岳。5:19



2016,8,13北穂高~横尾-6
北穂から大キレット、槍ヶ岳方向。5:23



2016,8,13北穂高~横尾-7
南峰は尾根から飛騨側の斜面へ入り、その後直登して山頂へ向かう。5:25



2016,8,13北穂高~横尾-8
5:28



2016,8,13北穂高~横尾-9
5:30



2016,8,13北穂高~横尾-10
北穂高岳山頂5:40






2016,8,13北穂高~横尾-11
槍を見ながら穂高岳山荘の朴葉すしを喰った。
奥さんが待っています、6時丁度に下山開始した。


2016,8,13北穂高~横尾-12
涸沢槍の登り。このコース一番の難所ではないだろうか。
岩がもろいので落石に注意しながら快調に飛ばした。6:40




2016,8,13北穂高~横尾-13
D沢のコル、オダマキのコルと進み涸沢岳の稜線に戻って行く。6:51



2016,8,13北穂高~横尾-14
涸沢岳はもう目の前だ。6:55




2016,8,13北穂高~横尾-15
7時15分に穂高岳山荘に戻ってきた。
奥さんの状態が心配だ。手はともかく肝心の左足はどんなだろうか?



   2016,8,13北穂高~横尾-16      2016,8,13北穂高~横尾-17

横尾に向け歩きはじめた。思った以上に足取りは良い。

ザックも自分で持てると奥さん。

後ろから注意深く着いて行くことにした。


2016,8,13北穂高~横尾-18
横尾に向けて下山して行く7:58



2016,8,13北穂高~横尾-19
涸沢カールへと下るザイテングラード(主稜線)は
素晴らしい景観を堪能しながら下りて行った。




2016,8,13北穂高~横尾-20
岩場もあるが、特に危険個所は無い。




2016,8,13北穂高~横尾-21
前穂高岳の北尾根は印象的だ。8:53



2016,8,13北穂高~横尾-22
ザイテングラード取付まで降りて来た。9:07




2016,8,13北穂高~横尾-23
さっき歩いてきた涸沢岳や涸沢槍の面々が見える。難コースだったなぁ。



2016,8,13北穂高~横尾-24
昭和六十年に石井スポーツで購入とのこと。
ガスストーブにも掛けられると云う…大事に使われているようだ。9:11




2016,8,13北穂高~横尾-25
お花畑もある。9:24




2016,8,13北穂高~横尾-27
涸沢小屋まで降りて来た。
小屋のベンチを借りコーラを飲んだ。
生ビールを面々がうまそうに飲んでいた。もうちょっと我慢(-_-;)10:05




2016,8,13北穂高~横尾-28
涸沢を下る。まだまだ先は長い。



   2016,8,13北穂高~横尾-29    2016,8,13北穂高~横尾-30



2016,8,13北穂高~横尾-31





2016,8,13北穂高~横尾-32
ダケカンバの急坂を降りて来ると横尾谷に出て来た。
本谷橋の周りにはたくさんのハイカーが涼んでいた。
この橋を渡ると横尾までは後2,8キロだ。12:1



2016,8,13北穂高~横尾-33
大きな山塊の屏風岩が見上げるようにそびえ立つ。
右奥には北穂高岳も見える。12:24




2016,8,13北穂高~横尾-34
横尾まであともう少し。奥さん頑張ってください。12:56



2016,8,13北穂高~横尾-35
今日の宿泊地横尾山荘に到着しましたもうお腹すき過ぎです。13:14



     2016,8,13北穂高~横尾-36      2016,8,13北穂高~横尾-37
    横尾山荘は普通の山小屋ではありませんでした。とても快適でホテルと云っても良い位でした。
    そして何よりうれしかったのは、ここには何とお風呂がありました。但し、宿泊客専用で、
    立ち寄り湯はやっていません。


     2016,8,13北穂高~横尾-38      2016,8,13北穂高~横尾-39
    布団も一人1枚が原則のようです。
    満室時の大部屋も一人1枚確保できます。

明日は上高地まで下り帰福の途に着くだけです。

ゆっくりゆっくりと時間を味わいながら使えます。

のはずだったのに、最後の最後でまたひと波乱起きてしまいます(@_@;)
スポンサーサイト
[ 2016/08/21 00:00 ] 北アルプス | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://reoen.blog.fc2.com/tb.php/318-9029e906