2016,8,14横尾~上高地

北アルプス最終日、今日は14時20分のバスに間に合えばいいのでゆっくり出来ます。

朝食も一番最後でしたし、食事後も談話室で山雑誌なんかをペラペラめくって時間を過ごした。

装備を整え横尾山荘を出たのは8時近くになっていた。


2016,8,14横尾~上高地-1
上高地へ向けゆっくり歩き出した。奥さんの足も
痛みは残っているが、支障なく歩けるようだった。7:48



  2016,8,14横尾~上高地-2    2016,8,14横尾~上高地-3


  2016,8,14横尾~上高地-4    2016,8,14横尾~上高地-5


  2016,8,14横尾~上高地-6




2016,8,14横尾~上高地-7
徳沢へ。今日もたくさんの登山者が次々と上がって来る。
どの顔もみんな生きいきとしている。8:25



2016,8,14横尾~上高地-8
井上靖の「氷壁」に「徳沢小屋」として出ていた徳澤園に着く。
ここで小休止を入れ、ソフトクリームを食べたが、濃厚で旨かった。8:54



2016,8,14横尾~上高地-9
趣のある道標に従い上高地に向かう。9:10




2016,8,14横尾~上高地-10
徳沢は蝶ヶ岳の登山口にもなっている。4~5時間で山頂に立てる。



2016,8,14横尾~上高地-11
ここは登山客だけでなく、観光客もたくさんいる。
木々の紅葉ももうすぐのようだ。9:17



2016,8,14横尾~上高地-12
さらに下にある明神館まで降りて来た。10:10



2016,8,14横尾~上高地-13
梓川を渡り対岸の自然探勝路を歩くことにした。



2016,8,14横尾~上高地-14
明神橋。たぶん左が5峰。右が長七ノ頭だろう。明神岳はこの奥か?10:17



2016,8,14横尾~上高地-15
嘉門次小屋。ウォルター・ウエストンが贈ったと云うピッケルを見てみたかったが、
あまりの観光客の多さにその気もなえてしまった。10:25



2016,8,14横尾~上高地-16
探勝路には観光客に交じり猿もいた。



2016,8,14横尾~上高地-17
上高地には11時20分ころ着いた。

2時20分のバスの時間まで預けた荷物を受け取り、

河童橋の少し上にある小梨平で風呂に入った後、生ビールにありついた(^.^)

しかしこの後がいけなかった。お盆なので自然渋滞は覚悟していたが、

その後に事故渋滞につかまってしまった。

途中の2度のトイレ休憩もたっぷり20分取り、時間がどんどん押していく。

このままでは帰りの新幹線に間に合わないと判断、

大阪で降りる予定だったが京都で降りて駅へと走った。

チケットを買うのももどかしくホームに走った。

だが間に合わなかった。あと1分あれば間に合っていたのに…

何のために7時間近くもバスに乗っていたんだ(-_-;)

愚痴ってもしょうがありません。その日は大阪に泊まり缶ビール片手にオリンピック観戦しました。


奥さんの骨折など色々あった今回の山旅でしたが。

四日間とも天気に恵まれ快適に歩くことが出来ました。

留守中我が家の猫君達のお世話をしてくれた娘夫婦もありがとうございました。



スポンサーサイト
[ 2016/08/21 21:38 ] 北アルプス | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://reoen.blog.fc2.com/tb.php/319-21bc76ea