2016.10,30篠栗駅~宝満山往復

100キロウォークも無事終わり、六甲縦走の準備をしなければいけなかったのですが、

天候や冒険クラブの活動などで、なかなか山に入ることができませんでした。

気付いて見れば、約一ヶ月半も山に入っていませんでした。

風邪気味で、体長はあまり思わしくありませんでしたが、

来週は校区の文化祭で、肉まんを売らなければならない。

~今日しかないか(-_-;) 

奥さんの後ろを、追っかけおっかけ何とか歩いてきました。

2016,10,30宝満往復-1
今回は六甲縦走を視野に入れているので、舗装歩きも入れました。
篠栗駅前にあるタイムスに車を止めて(13時間で700円でした)歩き出します。
オリオン座が頭上高く輝いていました。
住宅街を過ぎ、遍路道に入るとヘッドランプのお世話になりました。



2016,10,30宝満往復-2
楽園に着く頃には辺りはすっかり明るくなっていました。
頭の上には、早朝でしか味わうことのできない空がひろがっています。
この空を見られた見られただけでも得した気分です(^^)/



2016,10,30宝満往復-3
楽園から奥の院へと続く林道には、杉の木のチップが新しく敷き詰められていました。気持ちいい。



2016,10,30宝満往復-4
若杉山頂です。奥の院への階段は踏み面が狭く、苔も生え危ないので
階段手前から左に迂回しました(奥さんが前回発見した道)



2016,10,30宝満往復-5
山頂から少し下がると絶景ポイント「若杉ヶ鼻」があります。
早朝の稜線は今まで見た中で一番綺麗でした。
やっぱり空気が澄んでいるんですね。やはり早起きは三文の徳でした。



2016,10,30宝満往復-6
紅葉はそもそも多くみられる山ではありませんが、
今年は台風の影響か?葉自体が痛んでいるようでした。



2016,10,30宝満往復-7
お昼にはまだ早い時間でしたが、朝が早かったので早めの昼食を取りました。
山頂からは、今日は珍しく英彦山や鷹ノ巣のコブがはっきり確認できました。



2016,10,30宝満往復-8
アップダウンの少ない縦走路は、柔らかい日差しを受け、
まさに散歩気分で歩けました。



2016,10,30宝満往復-9
宝満山頂は、近頃の雨続きで、満を持していたハイカーであふれていました。
これぞ福岡市民の山という感じです。
僕達はお昼を済ませていたので、上宮でお参りを済ませ縦走路に戻っていきました。



2016,10,30宝満往復-10
鎖場が渋滞していたので久しぶりに裏手から降りてみたところ、
立派なアルミ梯子が設置されていました。



2016,10,30宝満往復-11
縦走路で山友達のYさん、Nさんに出会いました。今日ここを歩くことは伺っていましたが、
時間帯も分からないし、会えるかなぁ位に思っていたのですが、Yさんは僕達の為に和菓子を
持参してくれていました。ありがとうございましたm(__)m。またご一緒させてください。



2016,10,30宝満往復-12
楽園に戻ってきました。長い一日ももうすぐ終わります…
地形上夕陽は望めませんでしたが、秋の夕空は朝のそれとはまた違って優しかった…
おっとなんて言ってられません。
急いで遍路道を抜けないと、また真っ暗になってしまいます。




2016,10,30宝満往復-13
残念!真っ暗になってしまいました。
何とかヘッドランプは出さずに歩けましたが、朝5時半から13時間(休憩込)歩きました。
奥さんの綿密な山行計画のおかげで、一ヶ月半振りの山歩きも何とかこなす事が出来ました。
おかげで只今激しいふくらはぎの筋肉痛に陥っていますが、
何とか六甲縦走やれそうな気がしてきました。いや~しかし疲れました。31キロ長かった~。
スポンサーサイト
[ 2016/11/02 07:10 ] 三郡縦走 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://reoen.blog.fc2.com/tb.php/328-2efba7c3