2017,1,14~15郡岳~経ヶ岳~五家原岳

正月に登る予定だった多良岳山域に行ってきました。

運がいいのか悪いのか、今シーズン一番の寒波が日本列島を襲っていた。

そこそこ距離もあり、雪も予想されるので金泉寺で一泊する計画を立てました。

小屋泊まりなのに、家を出る時の僕のザックは14キロをオーバーしていた。

2017,1,15五家原岳-19
郡岳山頂に着く頃には雪がちらほらていどまっていた。
残念ながら前回(昨年5月)
のような眺望は望めませんでした。長丁場なので先を急ぐ。



2017,1,14多良岳~五家原岳-2
縦走路も雪が目立ってきました。大きな石が固まって見えて、来ました。
遠目山山頂はもうすぐそこです。




2017,1,14多良岳~五家原岳-3
遠目山山頂。ここまで2時間半近く歩いているが誰にも出会わない。




2017,1,14多良岳~五家原岳-4
展望所より経ヶ嶽、五家原嶽を望む。




2017,1,14多良岳~五家原岳-5
春日越到着。前回はここから北川内にくだり再び遠目越に登り返した。
経はまっすぐ進む。




2017,1,14多良岳~五家原岳-6
恐らく噴出した熔岩からなる岩でしょう。英彦山の鉾立岩に肌目が良く似ています。




2017,1,14多良岳~五家原岳-7
上から見るとこんな感じ。




2017,1,14多良岳~五家原岳-8
岩屋越には11時26分に着きました。まだまだ元気です。




2017,1,14多良岳~五家原岳-9
岩屋越、狸だまりの頃からアップダウンが激しくなります。




2017,1,14多良岳-10
綺麗な縦走路です。




2017,1,14多良岳-11
ようやくつげ尾までやってきました。
ここには黒木(くろぎ)から登って来た人たちの踏み跡がたくさんありました。



この後最後の急登が待っています。


2017,1,14多良岳-12
ロープを伝い、梯子を登り…




2017,1,14多良岳-13
ようやく経ヶ嶽山頂なのですが、あ~また此処も真っ白な世界でした。
さっきまでは青空も覗いていたのに(´・_・`)


経ヶ嶽から中山越に行くのにしばし迷いました。

雪、氷が無ければ、経ヶ嶽山頂直下から急坂を南下するのですが、路面の状態が分からない。

それよりも距離は倍近くあるが、以前同じ冬に登ったことのある平谷越にいったん北上し、

中山越を目指した方が安全ではないかと判断をしあぐねた。

結局平谷への道を選んだのだが、これが大誤算ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3


2017,1,14多良岳-14
岩場が凍りつき、奥さんに大恐怖を味あわせてしまいました。


おかしいなあ以前登った時と随分違うなぁと思いつつ下りて行ったが、

帰宅後、当時の写真を見ると、その時は雪が相当積もっていて、

岩をすっぽり覆っていて結構楽に登ったのだ。そのイメージが残っていて…奥さん済みませんでした。


2017,1,14多良岳-15
ワ~ッ!!、キャ~!!と云う悲鳴を山中に響かせつつ
何とか平谷越に下りて来れました。




2017,1,14多良岳-16
ソーメン滝と云うらしい。寒が締まればもっとソーメンのように成長するのでしょう。




2017,1,14多良岳-17
中山越にやっと到着しましたが、予定よりかなり遅れています。
この時点で多良岳登頂は断念し、金泉寺に直接行くことにしました。




2017,1,14多良岳-18
慎重に…




2017,1,14多良岳-19
西岳への道を分けて稜線から下り、岩場の山腹を回り込んでいると
左前方に見事な多良岳が現れた。さらに遠くにめをやれば、
有明海に浮かぶ海苔の養殖いかだも、肉眼ではっきりとらえることが出来ました。




2017,1,14多良岳-20
金泉寺に着きましたが、人の気配がありませんでした。


山小屋はひっそりしていて、まさか管理人さんがいない…なんてことはありませんでした\(^o^)/

中では薪ストーブに既に火が入っていて、管理人の渡辺さんが温かく迎えてくれました。


2017,1,14多良岳-21
北欧製の薪ストーブ。冷えた体をじんわりと温めてくれました。


昭和26年に建てられたと云うこの山小屋は何でも揃っていました。

鍋は勿論、包丁、カセットコンロ、フライパン等おおよそ必要なものは全部揃っています。

シュラフと(毛布もあるので夏季は不要?)食材さえ持って登れば何とかなります。

因みにビール(300円)、焼酎もありました。

詳しくは予約の際に(要予約です)お尋ねください。宿泊はひとり1000円です。



2017,1,15五家原岳-1
朝7時20分予定より遅れて小屋を出ました。
今日は昨日よりも気温が下がっていたので、
奥さんはアイゼンを装着して歩き出しました。




2017,1,15五家原岳-2
西野越。気温はマイナス5℃以下です。




2017,1,15五家原岳-3
今日は好天に恵まれそうです。朝日が横から差してきました。




2017,1,15五家原岳-4
五家原岳が樹間から見えて来ました。鉄塔はともかく山容はなかなか見事です。




2017,1,15五家原岳-5
中岳を過ぎるともう五家原岳はもう目の前なのだが、ロープの難所を通過しなければならない。




2017,1,15五家原岳-6
五家原岳山頂は予想通り誰もいませんでした。
冷え込んだ分天気は最高でした。特に朝日に照らされた大村湾は
銀色に映し反しそれは見事でした。
今日は時間にも余裕があるので、山座同定なんかしてしばらく時間を過ごしました。




2017,1,15五家原岳-7
手前が中岳、中央奥が経ヶ嶽です。




2017,1,15五家原岳-8
そこから左に目をやると、昨日歩いてきた郡岳からの稜線が一望できます。




2017,1,15五家原岳-9
五家原岳から横峰越までは北斜面を下って行くので、
かなりの冷えを感じました。鼻水が止まりませんでした。
ここを右折して黒木に降ります。



2017,1,15五家原岳-10
この滝の所まできたら、一旦林道に出ます。
ここらは重機によって旧道は分断されていて、歩くことはできませんでした。
道標も以前の自然道の時のものが残っており、行き止まりを食らいました。
しばらく進むと自然道への分岐(川の方)があるのでそちらに進みます。




2017,1,15五家原岳-12
増水により流された橋。その上に見えるのが新たに掛け直された橋。




2017,1,15五家原岳-13
舗装路になり民家があるところまで下がってきました。
正面に昨日歩いた縦走路が見えます。




2017,1,15五家原岳-14
黒木から見る経ヶ嶽です。小屋の管理人の渡辺さんは
ここからの経ヶ嶽が一番好きだと云っておられました。




2017,1,15五家原岳-15
萱瀬ダムに下る途中、そう云えばずっと水分補給していない事に気が付き、
ザックのホルダーからとりだすとビックリシャ―ペット状態になっていました。
ボトルの中身は果糖や砂糖、BCAA 等が入っていて水よりかなり凍りにくいと思うのですが、
大した冷え込みだったようです。




2017,1,15五家原岳-16
橋を渡るとすぐに右へ道を取ります。
(橋の手前から右に入っても合流します)




2017,1,15五家原岳-17
もうええやろ。と云う位登りの舗装路が続きます。
そろそろ嫌気がさしてきた頃振り返ると、この画像が飛び込んできました。
少しだけ癒されました。




2017,1,15五家原岳-18
郡岳南登山口に着く20分程前の所でフリークライミングをやっていました。
すげ~と横目で見ながらてくてく進んで行くと無事スタート地点に戻ることが出来ました。

今回の山行は予想(覚悟?)していたより、雪、風とも少なく助かりました。

特に風は相当嫌だったのでツイテいました。

このコースはなかなかのロングコースですが、日の長い初夏あたりなら

頑張れば日帰りも可能なようです。いつかやってみますか(*^_^*)

スポンサーサイト
[ 2017/01/17 00:13 ] 長崎県の山 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://reoen.blog.fc2.com/tb.php/339-a7a4e1be