2017,5,28『おじちゃんと一緒の冒険クラブ』地島(じのしま)散策

おじちゃんと一緒の冒険クラブの17年度の最初の活動は、

玄界灘と響灘に挟まれた島、地島散策から始まりました。

花は既に落ちきっていましたが、島内には6000本ものヤブ椿が自生していると云う。

汗ばむ程の気温の中、ビワや野イチゴに足を止めながら、

つばきロードと呼ばれるハイキングコースを歩いて来来ました。

2017,5,28地島-1
車6台に分乗し神湊まで行き、10:05のフェリーで地島に向かいました。
波はおだやかで、爽快でした。
近くを通る漁船に大きく手を振り、
「お仕事がんばってくださ~い」と叫んでいる子もいました。





2017,5,28地島-2
わずか15分の船旅が終わると、いよいよ島の探索するのですが、
何故か渡船場から動かない子ども達。
原因は小魚観察でした。さながら自然水族館です。
想定外の活動になりましたが、子どもたちにとっては、
とても良い時間だったのではないでしょうか(^^)v




2017,5,28地島-4
宗像三女神が分霊されている厳島神社の横を抜け、つばきロードに入って行きます。
この間も、カタツムリを見つけては大騒ぎする子ども達。。
こんなペースで大丈夫かとちょっと心配になってきます。




2017,5,28地島-5
野イチゴ、ビワと舌鼓を打ちながら進んで行くと、
スタッフのMさんが桑の木を見つけていました。
180センチを超えるMさんだから、高いところにある桑の実に気付いたのか?
もちろん桑の実なんて初めての子ども達です。
口に入れてその甘さにびっくり。どうじゃ凄いじゃろ-。





2017,5,28地島-6
遠目山山頂にある、沖ノ島展望台までは結構な急斜が続きます。
「これって山登りや~ン」なんて声がどっからか聞こえてきます。
僕もたまらず1枚脱いだ。




2017,5,28地島-7
倉瀬展望台に着きました。時計も12時を回っています。お昼にしましょう。




2017,5,28地島-8
若干草が伸びているものの、ここからの眺めは素晴らしかった。
うすぼんやりとだが50km先の沖ノ島も見えました。




2017,5,28地島-9
ゆっくりと地島時間が過ぎていく。ここは別世界だ。




2017,5,28地島-10
昼食を終え皆で集合写真を撮ってから、つばきロードを戻り、
湊に向かいました。帰りは白浜渡船場から乗り込みます。
皆いい顔していますね。




2017,5,28地島-11
地島漁村センター売店でアイスを買ってもらい、
ここでも出航までの時間をそれぞれのんびり過ごしました。




2017,5,28地島-12
地島といえば猫でも有名ですが、今は数が減って来ているらしい。
かつては100匹位いた猫も稲は半分の50匹までになっているらしい。
何でも雌猫が5匹しかいないらしく、それが主な要因だとか…
僕達も10匹位で会いましたが、みんなとても人懐っこい子達ばかりでした。




2017,5,28地島-13
次回おじちゃんと一緒の冒険クラブの活動は英彦山での
二泊三日のキャンプです。その前に事前研修で、野外調理での日の起こし方や
山道の歩き方などをまなぶ予定です。
スポンサーサイト
[ 2017/05/28 22:56 ] 地域活動 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://reoen.blog.fc2.com/tb.php/353-9757e8d2