20177,15~17おじちゃんと一緒の冒険クラブ『英彦山キャンプ』

おじちゃんと一緒の冒険クラブ最大のイベント夏のキャンプで英彦山青年の家へ行ってきました。

天気にも恵まれ、二泊三日のスケジュールは全て実施することができました。

ひとつ残念だったのは、キャンプ場が先客がいて使えなかったことです。

電気も無い不便な環境で子ども達には過ごしてもらいたかったのですが、若干の心残りです。

キャンプ1日目
2017,7,16夏キャンプ-1
英彦山青年の家に到着しました。時間もちょうどお昼時。
持参のお弁当を食べます。初参加の4年生、しっかり3日間過ごしてください。




2017,7,16夏キャンプ-2
午後から活動開始です。最初は周辺の散策からです。
修験道を中心に植物や虫、鳥の観察をします。
さて何が見つかるのでしょうか?



問題が発生しました。青年の家のスタッフとスケジュールの確認をしているとき、

先の北部九州豪雨で登山道がどんな状態なのか、

安全が確保できるのか把握していないので、奉幣殿までにしてほしいとのことだった。

私も事前に調べていて、確かに南岳から玉屋神社側は崩落個所が幾つもあるようだったが、

高住神社からのルートは問題なく通れるはずだ。

英彦山に来て登山中止はなかろうと、三人で状況確認の為、下見に行ってみることにしました。

その際、青年の家からバードラインの2ヶ所の確認もお願いされた。


2017,7,16夏キャンプ-3
午後一時から登り始めました。高住神社から北岳、中岳と進み、
バードラインで下山する予定です。




2017,7,16夏キャンプ-4
大水で道が刳れている所はたくさんありましたが、中岳までは問題なく歩けました。
下山開始から間もなく、行者堂の少し過ぎた所に崩落した所がありましたが、
今の時点では通行に問題は無いように思えました。





2017,7,16夏キャンプ-5
バードラインに入り、北西尾根出会いの少し手前の谷を横切る所が
崩れ落ちていました。表層の土がずどんと無くなっており、岩と木の根が
むき出した状態でした。大人の介助があればここも通過できると判断しました。




2017,7,16夏キャンプ-6
通過後反対側から見たところです。




2017,7,16夏キャンプ-7
午後4時過ぎ約3時間で戻ってきました。子ども達は散策を終え、
野外調理の準備に入っていました。




2017,7,16夏キャンプ-8
いつもはカレーが定番なんですが、今回はピザを焼きます。
私も初めての体験です。はたしてどんなものができるのか?




2017,7,16夏キャンプ-9
ピザ作りはいたって簡単でした。
しわしわにしたアルミホイルの上に熟成したピザ生地を薄く伸ばしていきます。
そこにピザソースをたっぷり塗り、トマト、玉ねぎ、コーン、ベーコンをトッピングした所に
これでもかと云わんばかりにたっぷりとチーズをのせて準備完了!




2017,7,16夏キャンプ-10
おじさん達も不器用ではありますが、形になってきましたね。




2017,7,16夏キャンプ-13
面白かったのは焼き方です。先ず下のカマドで火をおこし、下の鉄板を加熱します。
その後下の火を上の鉄板に移動させます。こうすることによって輻射熱により
高温で調理することができます。ピザ窯と理屈はほぼ一緒です。う~ん良く考えられています。




    2017,7,16夏キャンプ-11    2017,7,16夏キャンプ-12
     (ーー;)→ → → → → → → → → → → → → → → → → → → → → (^^)v 



     2017,7,16夏キャンプ-14 2017,7,16夏キャンプ-15
     2017,7,16夏キャンプ-16 2017,7,16夏キャンプ-17
     触感もそこそこ旨いピザができました。しかし晩ご飯はこれ1枚きりです。
     これだと夜腹へって寝られないんじゃないかと心配しましたが、意外と
     腹持ちがよく朝までぐっすりと眠れました。



2017,7,16夏キャンプ-18
キャンプ初日の夜は恒例の肝だめしです。高校生スタッフのYくん
本日は絶好調のようで張り切ってあちこちでキャーキャー云わせておりました(~_~;)


キャンプ2日目
2017,7,16夏キャンプ-19
青年の家の朝は朝の集いから始まります。
この日は5団体が宿泊していました。



2017,7,16夏キャンプ-20
朝の集いを終え本館食堂で朝食を摂ります。
そして準備を整えいざ山登り開始です。
先頭は昨日下見してもらったYさんと山師匠のKさんが勤めます。



     2017,7,16夏キャンプ-21 2017,7,16夏キャンプ-22
      今川水源獅子の口で美味しい水を補給します。




2017,7,16夏キャンプ-23
見事な天狗杉の横を抜け、




2017,7,16夏キャンプ-24
おなじみの牛の体をなでなでし(自分の悪い所をなでると良方に向かうと云う)
案の定頭に集中しております(*^_^*)



2017,7,16夏キャンプ-25
安全を祈願し神社裏手の登山道に入ります。




2017,7,16夏キャンプ-26
後方から声を掛けるSさん。いつも的確なアドバイスありがとうございます。
ご自身はこの夏槍ヶ岳に行かれる予定です。




2017,7,16夏キャンプ-27
頑張って北岳を目指します。




2017,7,16夏キャンプ-28
一本杉手前の急登のロープ場は若干道が荒れていました。慎重に進みます。




     2017,7,16夏キャンプ-29 2017,7,16夏キャンプ-30
     2017,7,16夏キャンプ-31 2017,7,16夏キャンプ-32
     2017,7,16夏キャンプ-33 2017,7,16夏キャンプ-34
      花を見つける眼力が劣る私ですが、幾つか見つけることができました。
      フガクスズムシソウ(初めて見ました)やタマガワホトトギス(地元ハイカーに教えてもらった)
      など楽しむことができました。




2017,7,16夏キャンプ-35
北岳で小休止を入れていたら高住神社の巫女さんにあった。
曰く、今日私達と一緒に登ろうと思っていたが、待っても待っても来ないので
仕方なく一人で笹を取りに来たそうだ。と云いつつも後ろにはしっかり荷物持ちを従えていた。




2017,7,16夏キャンプ-36
頑張れ、ここを過ぎれば中岳はもうすぐです。




2017,7,16夏キャンプ-37
山頂で青年の家で作ってもらった弁当(子どもはおにぎり弁当、大人はのり弁)
を食べ、下山前の一枚。




2017,7,16夏キャンプ-38
は~い集合!全員揃ってますか?




2017,7,16夏キャンプ-39
雲行きがすこい怪しい・・・ひと雨来るかも。




2017,7,16夏キャンプ-40
行者堂で水の補給をする。冷水が気持ちいい。




2017,7,16夏キャンプ-41
今から崩落個所を通過します。ちょっと緊張。




2017,7,16夏キャンプ-56
バードラインは大きな崩壊こその無いものの、大水でいたる所が刳れており
子ども達はいささかお疲れのよう。奉幣殿への分岐で長めの休憩を入れました。




2017,7,16夏キャンプ-57
機能確認した谷筋の崩落個所の通過です。要所に大人が入り介助します。


問題個所を無事通過して、北西尾根と交わった辺りからいよいよ雲行きが怪しくなってきた。

しかし雨水によってへりがなめられ、危険なトラバース路で子どもたちをせかす訳にはいかない。

スキー場に下りて来た辺りからポツポツ降り始めた。青年の家に着く頃は本降りとなってしまったが、

ほてった体にはちょうど良いくらいだ。下山後のアイスがなんと旨いことか!

アイスを食べ落ち着いたら、やはり風呂に入りたくなりますが、今時間は3時30分。

入浴できる時間まで2時間ありましたが、青年の家の計らいで入浴できました。

通り一遍ではない繊細な対応に感謝です。


2017,7,16夏キャンプ-44
今夜はキャンプファイヤーです。大人も子どもも全員出し物をやります。
ファイヤーの火を落とした跡には、夜空いっぱいに夏の星たちが輝いていました。
天文、宇宙の事にも造詣が深い山師匠のKさんからたくさん星の話をしてもらいました。


キャンプ3日目

2017,7,16夏キャンプ-45
最終日の朝です。英彦山の山頂付近はガスが掛かっていますが、
気持ちいい朝です。とは言え・・・




2017,7,16夏キャンプ-46
雷三日と云います。何やらレンズ雲らしきものがあちこちに・・・
これはひと雨来るかもしれません。




2017,7,16夏キャンプ-47
最後の活動竹のナイフ作りをする前に、K師匠から星の話のおさらいをしました。
子ども達は星には興味があるようで、たくさん質問を浴びせていました。




2017,7,16夏キャンプ-48
さーでは今から竹のナイフを作ります。
今回作るのはバターナイフ(もどき)です。
しっかり作っておうちのお土産にしましょう。
先ずは寸法通りに切って行きます。




2017,7,16夏キャンプ-49
切り終えたら次は割って行きます。




  2017,7,16夏キャンプ-50 2017,7,16夏キャンプ-51
  後はひたすら                               削って行きます

済みません完成品を撮るのを忘れてしまいましたm(__)m


2017,7,16夏キャンプ-52
後片付けもしっかりやります。今日は工作室が使えず研修室を使わせてもらいました。




2017,7,16夏キャンプ-53
全ての活動が終了しました。最後は校長先生から差し入れ出頂いたスイカをみんなで食べました。
冷蔵庫で冷やしているので超旨かったです。




2017,7,16夏キャンプ-54
家に帰ったらたくさん話をしてください。


そう云えばここには針の耳がありました。

子どもの頃何度か通った記憶があります。皆を誘って行ってみました。

カメラをMさんに預けて私たち大人も入ってみました。

はてさて上手に通れるかどうか?



もしかしてこれが一番盛り上がったかもしれません(~_~;)


2017,7,16夏キャンプ-55
そして最後は退所式を行い、3日間のキャンプを無事終えることができました。
心配していた雨は、迎えのバスに乗り込む時落ちてきました。


子どもたちはこれから夏休みに入ります。

冒険クラブも8月にはお楽しみの沢登りを実施します。

コンディションを壊さないよう日々規則正しい生活を送って元気に参加してください。
スポンサーサイト
[ 2017/07/20 02:10 ] 地域活動 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://reoen.blog.fc2.com/tb.php/358-b8459bbf