2017,7,23由布岳 お鉢巡り

ひさし振りの由布岳です。

先の熊本を襲った地震で、一時登山道が閉鎖されていた。

情報によるとお鉢巡りも出来そうだ。

正面登山口から西峰~東峰と進み、日向岳側から下山するコースを選んだ。

2017,7,23由布岳-1
正面登山口の無料の駐車スペースは朝8時で8割が他埋まっていた。
暫く来ていない間にトイレが新設されていた。同時に水場(飲用不可)も移動していた。
期待してトイレに入ったが、故障中で使用不可となっていた。
ここには立派なグミの木があったが、撤去されていた(もったいない)




2017,7,23由布岳-2
足下が湿っている。岩場はどんな具合だろうか?
奥さんの向こうに見える山が飯盛ヶ城です。
綺麗なグリーンベルベットです。



2017,7,23由布岳-3
樹林帯を抜けると視界が開け、倉木山、城ヶ岳が良く見える。
倉木山は登った事は無いが、四季折々の花が楽しめるらしい。




2017,7,23由布岳-4
今日も暑い。




2017,7,23由布岳-5
西峰と東峰の鞍部にあるマタエに着いた。
これからお鉢巡り開始です。西峰に取り付きます。




2017,7,23由布岳-6
西峰手前にある障子戸は、鎖が設置されているがかなり危険な場所です。
下山者が2名降りて来るのを暫く待った。ゆっくり来てくださいと声を掛ける。
待っている足下を見ると白い花があった。ホタルブクロだと奥さんが教えてくれた。

2017,7,23由布岳-27
ホタルブクロ


2017,7,23由布岳-7
久しぶりの岩場です。慎重に通過して行きます。




2017,7,23由布岳-8
西峰山頂は残念ながらガスッていて視界は利かなかった。




2017,7,23由布岳-9
踏み跡はしっかりあるが、草も結構伸びている所があった。




2017,7,23由布岳-10
土も湿っていて、時々ズルッといくと更に汗が出て来る




2017,7,23由布岳-11
先行者が見えた。その先にももうひとグループいた。




2017,7,23由布岳-12
剣ノ峰手前には、先の地震で崩落している所があった。
右下を巻けるが、かなり下ってしまうので上を通って行った。




2017,7,23由布岳-13
崩壊ケ所は意外と広く、足場も安定していた。
しかし慎重に通過して行く。




2017,7,23由布岳-14
手足掛かりを探す奥さん。右に回り込むよう指示を出す。




2017,7,23由布岳-15
僕は真っすぐ進んだ。




2017,7,23由布岳-16
右側を回り込んだ奥さん。




2017,7,23由布岳-17
東峰山頂直下も崩壊地があった。遠目には危険に見えたが、
足場はしっかりしていて通行に支障はなかったが、雨天時はちょっと怖いかも(-_-;)




2017,7,23由布岳-18
この山域にはシモツケやヤマアジサイが至る所にあり、しばし緊張から解いてくれた。




2017,7,23由布岳-19
8時20分に登山口を出て、東峰には11時50分に着きました。
先行の皆さん美味しそうに昼食中でした。僕達も弁当を広げた。
期待した眺望は残念ながら、ここでも叶いませんでした。




2017,7,23由布岳-20
昼食後は一旦来た道を戻り、日向岳方向に降りていきます。




2017,7,23由布岳-21
ここも下り始めは高度感もあり・・・




2017,7,23由布岳-22
緊張する場面です。




2017,7,23由布岳-23
ここのクサリ場はステップがしっかりあり、
落ち着いて下りるのが肝要。一歩いっぽです。




2017,7,23由布岳-24
最近めったに見なくなったトンボがいました。アキアカネでしょうか?
ちょっと種類は分かりませんが・・・子どもの頃ヤゴを捕まえたりしていました。




2017,7,23由布岳-25
後半ジグザグの登山道を過ぎると、光が注ぎ込む明るい樹林帯を
アップダウンを繰り返しながら下りていきます。紅葉時は素晴らしいところです。




2017,7,23由布岳-26
正面登山口に合流しました。登山口には2時丁度に着きました。
下山後はいつもの七色の風で汗を流しました。
ほとんど貸し切り状態で、ガスの掛かった由布岳をぼんやり見ていました。

来週はキツネノカミソリを観に井原山に行こうかと思っています。
スポンサーサイト
[ 2017/07/26 07:01 ] 大分県の山 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://reoen.blog.fc2.com/tb.php/359-54a30026