FC2ブログ

2017,11,3英彦山南西尾根(行者尾根)

今回の山登りは二ヶ月半のブランクがあり、

なおかつ福智会さんへの参加と云う事もあり、朝から緊張していた。


6時過ぎに家を出て、綺麗な朝焼けを見ながら8時前に福太郎下の駐車場に着いた。

既に1台止まっていたが、奥さんも面識のない方だったので福智会の方ではなさそうだ。

おっつけてもう1台やってきた。さっき英彦山駅でお会いしたご夫婦だった。

おかしい(-_-;)福智会の人が一人もいないなんて…

心配になり奥さんが「福太郎下の駐車場はここで合ってますか」と尋ねると、

「はい、ここで間違いありませんよ」と答えて頂いた。…福智会何で来ぬ。

そうこうしているうちに、見覚えのある福智会のTさんの車が入って来た。

良かったと安堵していると、さっきの方々とTさんが親しそうに話し始めたではないか。

えッ、福智会の人たちだったの(~_~;)

2017,11,3英彦山-1
自己紹介を終え車道を上って行く。


大南林道に入って行くと小さな橋があった。

ここが今日の取付き点だった。目印も無かったので知る人ぞ知る。のようだ。


2017,11,3英彦山-2
上りの初めは軽いヤブ漕ぎ風だがやがてはっきりした岩尾根になって来た。
写真のような露岩帯が何箇所かあり、眺望と両方が楽しめた。



2017,11,3英彦山-3
大岩のくぼみに石仏があった。無造作にいかにも英彦山らしい。



2017,11,3英彦山-4
主登山道に出る少し前にあった大魔神像。
こんな大物どのようにして設置したんだろうか?



2017,11,3英彦山-5
玉屋神社へ下る途中の巨大倒木。お疲れ様でした。



2017,11,3英彦山-6
玉屋神社で小休止を入れ、ふたたび尾根に取り付き暫く行くと
赤や黄色に色づいた南岳が正面に見えた。
紅葉のピークは過ぎたと云うが、どうして見応え十分だ。



2017,11,3英彦山-23
足下も安定しており、眺望も楽しめ云うことのない一日でした。
ただちょっと、大汗かきの僕には暑かったかな。

玉屋神社から30分程歩くと811ピークに出た。小休止を入れピークを下り、

再び岩の痩せ尾根を進んだ。なんちゅう楽しい道じゃ。

尾根道は再び登山道に出会うが、そのま突っ切って尾根を進んで行った。

登山道分岐から15分程で天狗の鼻と云う岩峰に着いた。

なめていたが、最初の取り付きは思った以上に大変だった。

テッペンはさほど広くないが360度の大パノラマが楽しめた。

前方に大きな岩肌が見えた。梵字岩と云うのだそうだ。

スズメ蜂の巣があると云うので、目を凝らすとなるほどそれらしきものが見える。


2017,11,3英彦山-8
赤丸の中がそうらしいのだが、
はっきり分からないのでズームインしてみた。

が、間違っていました。実際は下の画像で僕が思っていたよりもずっと下にありました。

同行したNちゃんさんのブログで気づきました。正しくはこれです。

2017,11,3英彦山-24


2017,11,3英彦山-9
ほ、ほんとじゃ、スズメバチの巣じゃ。ようけ飛んどる。



2017,11,3英彦山-10
天狗の鼻を降りて行く面々。
登りはじめの厄介な場所には、Tさんが木にロープを掛けてくれていて
安全に下りることができました。ありがとうございました。



2017,11,3英彦山-11
初めて見ました。ツメレンゲ(爪蓮華)だそうです。



2017,11,3英彦山-12
凄い生命力です。とても足下にも及ばない。が、しかし
僕には愛し合う二人にしか見えない。



2017,11,3英彦山-13
天狗の鼻からは岩場の急登が続きました。今日一番の難所でした。


ここら一帯にはシャクナゲがたくさんありましたが、

花芽は多くはありませんでした。

シャクナゲの急登が終わり、道が緩やかになるとスズタケが現れた。

そこも抜けると広い平坦な所に出、景色が一変した。


2017,11,3英彦山-14
赤いじゅうたんが綺麗でした。



2017,11,3英彦山-21
昼食後の南岳



2017,11,3英彦山-22
バードライン分岐付近より



2017,11,3英彦山-18
しばし紅葉に見入る。



2017,11,3英彦山-17
下りは行者の滝から谷を下って行きました。
紅葉も楽しめたのですが、やはり暑い。
上りと変わらない位の汗をかいてしまいました。



2017,11,3英彦山-19
大きな窟でした。



2017,11,3英彦山-20
久しぶりの福智会への参加でした。Tさんのバリエーションルートは本当に面白い。
初めてお会いした皆さんも、色々とお声掛けありがとうございました。
おかげで楽しい一日を過ごす事ができました。
スポンサーサイト
[ 2017/11/04 17:36 ] 福岡県の山 | TB(0) | CM(2)

お世話になりました

こんにちは。
この度、つーさんのご縁でご一緒させていただきました。
皆さんの足手まといにならなければよいが~~での参加でした。
まだ膝が完治せず、湿布やサポーターで膝を保護し、5日のまた英彦山歩き(山友さんから案内を頼まれていたので)があったので、庇いながらの歩きでした。
またご一緒する機会があるかもしれません。
今後ともよろしくお願いします。
[ 2017/11/06 10:20 ] [ 編集 ]

こちらこそお世話になりました

英彦山では新参者のわたくし達に温かい声掛けを頂きありがとうございました。
山人に膝痛は辛いですね。解放される事を願います。

ブログを少しですが拝見させて頂きました。
もう目が点、空いた口がふさがらないほどの山行記録。
これからも追々覗かせてもらい、山選びやルート選定など参考にしたいと思います。
[ 2017/11/06 22:57 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://reoen.blog.fc2.com/tb.php/370-acb40fd6