2017,11,11貫山

おじちゃんと一緒の冒険クラブで11月26日に平尾台(千仏鍾乳洞と散策)に行くことになっているので、

その下見を兼ねて、久しく行っていない貫山に行ってみることにした。

とは言え、今日の一番は散策の下見。鍾乳洞からほど近い南側の尾根を選んだ。


車を千仏鍾乳洞駐車場に置き歩き始めたが、地図を家に置いてきてしまったのに気付いた。

観察センターに戻り、イラストマップをもらいそれを頼りに歩いた。

2017,11,11平尾台-1
駐車場から舗装路を上がって行くと左に羊さん(石灰岩)出てきた。
そこに踏み跡らしきものがあったので足を踏み入れた。
ものの2,3分で堂金山に着いてしまった(*^_^*)
山とは名ばかりで実際は丘である。



2017,11,11平尾台-2
尾根右手に見える自然の郷や自然観察センター方向です。
中央に見える黒っぽい山は皿倉山です。



2017,11,11平尾台-3
堂金山から8分で不動山到着。



2017,11,11平尾台-4
尾根の東斜面はけっこう切れ落ちていて、なだらかな西側とは対照的だ。



2017,11,11平尾台-5
不動山から一旦鞍部に降りる。鞍部なのに何故か不動坂?
ここからこのコース一番の登りとなり風神山へと続く。



2017,11,11平尾台-6
行橋市が見えます。稜線上の出っ張りは天狗岩でしょうか?



2017,11,11平尾台-7
開花予定のリンドウ



2017,11,11平尾台-8
風神山に上がった時には薄っすら汗をかいていたが、
今日は時折強い風があり心地よかった。



2017,11,11平尾台-9
大かんの台ここがゴールになります。




2017,11,11平尾台-10
今日は昨日の雨で固く締まった登山道がけっこうツルツルろ滑るので、
復路は舗装路を歩いた。見晴台から何台も茶ヶ床園地に車があがっている。
後で車を止める予定だが満車かもしれない。

千仏鍾乳洞の駐車場に戻り、茶ヶ床園地に行ったが案の定満車だった。

トイレを借り、どこかに駐車しようと車に乗り込んだら、ラッキー1台駐車場から出てきました。

車を止め、東屋で昼にしようと座っては見たがこの時今日一番の強風が…

車内で奥さん弁当を食べた(奥さんはこの日は山遊会さんで山口へ)


2017,11,11平尾台-11
茶ヶ床園地には約20台位の駐車スペースがある。トイレもあり、
ここを拠点に歩く人も多いようだ。



2017,11,11平尾台-12
あら?山旅クラブのワゴン車が。どこを歩いているんでしょうか?



2017,11,11平尾台-13
はいはい歩きまっせ―(^^)v




          2017,11,11平尾台-14

          2017,11,11平尾台-15

          2017,11,11平尾台-16


2017,11,11平尾台-17
福智の縦走路をバックに小穴(ドリーネ)






2017,11,11平尾台-18
四方台から貫山。最後の直登が待っています。



2017,11,11平尾台-19
貫山山頂。ランチタイムの人が結構いました。
ここの山頂は広くて視界も開け気持ちいいですね。



2017,11,11平尾台-20
帰りは中峠の方に行ってみます。ひとり歩きは気楽でいいですねぇ。



2017,11,11平尾台-21
あらら、中峠過ぎてしまいました。しかし前方に周防台(すおうだい)へと延びる踏み跡が見える。
面白そうなのでそっちの道を行くことにする。



2017,11,11平尾台-22
さっきまでいた貫山。あの山がかつて
地下2000m~3000mにあったなんて信じられない。



2017,11,11平尾台-23
周防台



2017,11,11平尾台-24
桶ヶ辻へ…



2017,11,11平尾台-25
今日は一機もありませんでしたが、いつもは登んでいるんでしょうか?
きっと気持ちいいでしょうね。



2017,11,11平尾台-27
風を見るんですね。



2017,11,11平尾台-28
天狗岩。どこから見ると天狗に見えるのか?
イラストマップには笑顔の天狗様が描かれているのだが(~_~;)



2017,11,11平尾台-29
今日の山歩きもそろそろ終盤になってきました。
平尾台に竹林があるのにちょっとびっくり。
そしてこの先に水場があったのにもびっくり。
少しは身長が伸びないかといっぱい水を飲んだ。



2017,11,11平尾台-30
貝殻山。



2017,11,11平尾台-31
久しぶりに訪れた平尾台。気持ちいいの一言でした。                                 ハバヤマボクチ
特に風になびく草原一面に広がるススキはとても印象的でした。
スポンサーサイト
[ 2017/11/15 00:46 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://reoen.blog.fc2.com/tb.php/371-1ac60524