FC2ブログ

2017,12,3馬見山~屏山~古処山縦走

福智会の忘年会明け、今日は馬見山キャンプ場へ車で移動し、

馬見山~屏山~古処山を歩く。登り口の近くには鮭の孵化場があった。

実際遠賀川には鮭が遡上し、その鮭を毎年12月13日に奉納し、

五穀豊穣や無病息災を祈願する『献鮭祭』が行われている鮭神社が嘉麻市にあるらしい。

九州と鮭?何だかピンとはこないが全国でここだけらしいのだ。

2017,12,3馬見山縦走-1
今日は総勢20人位の大所帯で歩きます。



2017,12,3馬見山縦走-2
見事なレリーフが表を飾る遠賀川源流鮭の会の孵化場。



2017,12,3馬見山縦走-3
嘉穂アルプスに取り付きます。



2017,12,3馬見山縦走-4
ふな尾根コースは檜林の中を進んで行く。



2017,12,3馬見山縦走-5
『風穴』と表示されていたが、夏にならないとその真は分からない。



2017,12,3馬見山縦走-6
ふと上を見上げると、檜の枝が朝日に照らされていた。今日も良い天気になりそうだ。



2017,12,3馬見山縦走-7
御神所岩。

2017,12,3馬見山縦走-8
上部が展望台になっているらしかったが、行けなかった。



2017,12,3馬見山縦走-9

馬見山の山頂はもうすぐです。



2017,12,3馬見山縦走-10
展望所に移動する。



2017,12,3馬見山縦走-11
馬見山にこんな眺望が望める所があるなんて知らなかった。
西は英彦山から由布岳、九重の山並みが続き、普賢岳、多良山系が雲の上に見えている。
更に右にパンして行くとなじみの深い宝満、三郡と見ることができる。





2017,12,3馬見山縦走-12
この先にある宇土浦超から4名馬見山キャンプ場へ下山して行った。



2017,12,3馬見山縦走-13
さてどんな山名になるのか、ピークのも行ったが樹林帯の中だった。



2017,12,3馬見山縦走-14
屏山山頂はたくさんの登山者でにぎわっていた。自分達も入れて総勢50名ほどか?
一等地は先客が陣取っていたので、僕達は少し先でお昼にした。



2017,12,3馬見山縦走-15
昼食を済ませ古処山に向かう。辺り一面ツゲの木だらけだ。
一部は植林された部分もあるそうだが、ここのツゲはまさに圧巻。



2017,12,3馬見山縦走-16
古処山山頂の裏手、少し進んだ所に摩崖仏が彫られていた。
こんなものが、こんな所にあるなんて…英彦山からの流れなのか?


2017,12,3馬見山縦走-17
山頂から遊人の杜キャンプ場への下りは、結構な岩場の下りで
今日一番楽しめたところだった。


2017,12,3馬見山縦走-18
途中、大将隠、奥の院なんて云うところも通って行きます。


2017,12,3馬見山縦走-19
15:12遊人の杜キャンプ場口に無事戻ってきました。
皆さん大変お世話になりました。とても充実した2日間でした。
スポンサーサイト



[ 2017/12/06 00:55 ] 福岡県の山 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://reoen.blog.fc2.com/tb.php/375-76d1459b