FC2ブログ

2018,2,11頭巾山(昭和の森~だごしゃん道~頭巾山)

だごしゃん道経由で頭巾山に行ってきました。今回は林道からではなく、

草ヶ江ダム途中のハウス横から取りつく道があったので(奥さんがポンチャンさんのブログで見つけました)

今回はここから歩き始めました。あの大滝も凍っているかもしれません。期待大です。

この後僕の身に災難が降りかかることになるとはもちろん分かってはいません…

2018,2,11頭巾山-1
ここから歩き始めます。初めての道なので楽しみです。



2018,2,11頭巾山-2
しばらく杉の林の間を歩いて行きます。



2018,2,11頭巾山-3
正楽寺跡まで来ました。ブルーシートで何か覆われていました。
寺跡の石積みのようです。



2018,2,11頭巾山-4
だごしゃん道側へ



2018,2,11頭巾山-5
炭焼き窯跡の脇を進むと…



2018,2,11頭巾山-6
この砂防ダムの所に出てきます。



2018,2,11頭巾山-7
砂防ダムの上側を渡渉していくと



2018,2,11頭巾山-8
林道からの道に出会います。



2018,2,11頭巾山-9
小振りでしたが端正な滝です。飛沫で一部凍っている所があります。



2018,2,11頭巾山-10
大岩をつたう氷。見応えありました。


2018,2,11頭巾山-11
ここも綺麗でした。夏場だと大滝につい目が行ってしまいますが、
冬場はこんなものにもしっかり目が行く気がします。



2018,2,11頭巾山-12
谷の向こうに氷で覆われた岩が見えた。厚みもありしっかり凍っている様子。




2018,2,11頭巾山-13
ぽんちゃんの画像では、奥さんの下の赤茶けたところも滝のしぶきで
凍っていましたが、寒が大分緩んだようです。



2018,2,11頭巾山-14
通るたび気になる巨木。



2018,2,11頭巾山-15
こちらはもっと気になります。



2018,2,11頭巾山-16
気になり過ぎたので確認しに回り込んでみました。
根が手前の方に入り込んでいるので、丁度木が石の椅子に
腰かけている状態のようです。絡んでいるツルも凄い!



2018,2,11頭巾山-17
沢を詰めていくとだんだん凍っている個所が増えて来ました。
上には大滝の氷瀑も見えています。


2018,2,11頭巾山-18
こちらは大滝の下の部分ですが、結構な凍りぐあいです。



2018,2,11頭巾山-19
上の方は残念。先の寒の緩みでごっそり落ちてしまっていました。
下にその残骸が見えていました。





2018,2,11頭巾山-20
大滝の右の谷も結構な凍りぶりでした。


その後、しばらく道に迷ってしまいました。奥さん調べでは、頭巾山へは一旦滝の下まで戻り、

谷の左側に取り付くと云うのですが、暫く探しますが、踏み跡らしきものがどこにもありません。

かなり長い間ルートを探しましたが、途中赤テープを2ヶ所確認しましたが、前後には全くありませんでした。

ルートは間違っていないようですが、以前踏み跡すら見つけられません。

このまま山頂までヤブ漕ぎかなと思っていた所、右側に目をやると赤テープ発見。

どうやら先の大滝の上をそのまま進めば良かったようです。

2018,2,11頭巾山-21
迷っている最中に見つけたキクラゲ。旨そうでした。



2018,2,11頭巾山-22  2018,2,11頭巾山-23
右の黄色のペイントの後は谷を詰め上がって行った。



2018,2,11頭巾山-24
最後は奥さんは山頂を右回りに、僕は左回りに詰めて無事山頂へ。
11時半を回っていたので山頂で今日も棒ラーメンを食べた。
寒さはそれほど感じなかったが、寒暖計は-7℃まで下がっていた。

昼を片づけ、さてこれからどうしようか?

予定通り欅谷Bコースの方へ降りても良かったが、

登りで迷った道の確認をしようと云うことになった。

2018,2,11頭巾山-25
事故?はこの画像の後置きました。

ガレ場で氷もちらほら出てきたところで、石にへばりついた氷が見えたので

その横の石を踏んだところ、まさかのスリップ。大きく転倒してしまった。

転んだ時は捻挫だと思いました。上の方から大丈夫?と奥さん。

立ち上がろうとしたが、左足に激しい痛みは走り立てない。

痛みは足首からではなかったので捻挫ではないようだ。

気を取り直して再び立ち上がると、何とか立つことは出来たが痛くて歩けない。

奥さんがストックを出してくれ、これを使えば何とか歩けるようだ(歩くしかない)

しかし、この状態でだこしゃん道を下るのは無理と判断。

再び頭巾山に登り返し、通常ルートで降りることにした。

こちらの道は路面が凍っていたのでアイゼンを装着した。

時折激痛で顔をゆがめながら、ダブルストックのへっぴり腰姿で

2時間半も掛かって何とか下山することができました。奥さんに感謝です。


2018,2,11頭巾山-26
僕の脚の痛みに関係なく、綺麗な三郡が見える。

駐車場に戻り靴を脱いで脚の確認をした。

多少の腫れはあるものの、内出血もしていないようだ。

幸い左足だったので車も運転することができた。


大事には至らなかったが、今回は良い学びが出来たと思った。

今回もし同じ道を単独でと思うとゾッとします。

先ずストックを持っていませんでした。携帯も忘れていました。

いつも入れているツェルトも持ってきていませんでした。

アイゼンに至っては、奥さんがもっていった方が良いと云われしぶしぶ…

更に靴も今回のコースには合わないと思いつつ、

先週使って、手入れをしていなかったのでそのまま使った。

すべては僕の慢心が招いたケガでした。随分いい気になっていたようです。

一夜明けましたが、痛みは幾分治まったものの、引きずりながら歩いtります。

恐らく今週いっぱいはこんな感じかなぁと思います。

2018,2,11頭巾山-27
今年になってけがが続きます。1月には右手中指先が裂けて三針縫い、
抜糸はしたものの、痛みと腫れは依然治っていない所に持ってきて今回のけが。

思えば1月10日愛猫kurosukeが死んでから続いています。
黒猫は福猫と呼ばれ、魔除けの力があると云われています。
僕に一番なついていたんで守ってくれていたのかなぁ?
後厄でもあるし、せいぜい気を付けて生活するように心がけよう。
大反省の一日でした。


スポンサーサイト
[ 2018/02/12 16:43 ] 福岡県の山 | TB(0) | CM(2)

お疲れ様でした

おはようございます、reonenさん
奥様からコメント頂き、こちらに訪問させて頂きましたが、大滝への下りで怪我(打撲)?されたようでびっくり致しました。大怪我にならず良かったですね。
あのあたりの斜面は浮き石も多く、私もまだ下った事は有りません。でも安全のため登り返して行かれたのは、流石の判断だったと思います。
私も単独の事が多く、気をつけたいと思います。
でも、この谷には夏には、イワタバコが人知れず咲く岩壁も有り、春は希少植物も。
またいらっしゃる時は声をかけて下さい。
[ 2018/02/13 09:55 ] [ 編集 ]

良い薬になりました

ポンちゃんコメントありがとうございます。
今回は私の慢心さから必然的に怪我をしてしまいました。
幸い大事には至らず良い薬になりました。

このコースは2度歩いていますが、何れも夏場で大滝やナメ滝以外は
ブユや蚊に悩まされ、あまりいいイメージはありませんでした。
ポンちゃんブログを拝見し、初めて冬のだごしゃん道を歩きましたが、
こんな素晴らしい世界が待っていてくれていたとは思いもしませんでした。
これからもコース選定など色々参考にさせてください。
こちらこそまたご一緒出来ればと思っております。その時はどうぞ宜しくお願いします。

25日は子ども達と(20人程)難所ヶ滝に行く予定です。
それまでに脚が回復してくれたらいいのですが…
[ 2018/02/13 22:48 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://reoen.blog.fc2.com/tb.php/382-46b9ed83