FC2ブログ

2018,5,3平尾台散策

左足の腓骨骨折から三ヶ月近く経とうとしている。

前回診察した時にはまだ骨は付いていなかった。

担当医から、登山開始は梅雨明け位にしてもらいたい。いとわれているが、

もう痛みは無いし、なに無理をしなければ大丈夫(^^)vと平尾台にやって来た。

時刻は11時を回っていた。茶ヶ床園地で昼を済ませ広谷湿原に向かった。

2018,5,3平尾台-10
今からが咲頃になるのだろうか、ピナクルにシランが良く映えていた。



2018,5,3平尾台-11筍ごはんに塩サバ。毎日でもいい(*^_^*)


2018,5,3平尾台-12
                                        大平山方向
2018,5,3平尾台-13
鬼ノ唐手岩

2018,5,3平尾台-14
広谷湿原。ここは水が下に入らず止まってしまうんですね。面白い




平尾台観光イラストマップで滝がある事を知った。こんな所に本当に滝などあるのか?

田代峠の近くに来ると確かに大きな水音が聞こえて来る。音のする方に進んで行く。


滝不動


2018,5,3平尾台-15
青龍窟。..

入った事がある人ならお分かりだろうが、青龍窟内は竪穴、横穴が複雑に入り込んでおり

ガイド無しには絶対入ることができない。おじちゃんと一緒の冒険クラブで、過去2度程入った事があるが、

この時この地下迷路で迷子になった事がある。同行のNさんがホイッスルを携帯していたため、

ガイド氏が無事僕達を発見してくれ、事なきを得たが、今思い返してもぞっとする経験だった(~_~;)

2018,5,3平尾台-17
青龍窟から田代峠に戻り広谷台に向かった。ここからは英彦山が良く見えた。
この日は終始強風が吹き続けたが、汗かきの僕にはちょうど良かったかもしれない。


2018,5,3平尾台-16
広谷台手前で会った兄弟。「大人より先に行ったら駄目だよ、おじいちゃんも待ちなさ~いて言っとたろう」
「あれおじいちゃんじゃないよ、お父さん」  「…し、し失礼しました~」


この後、偽水晶山まで足を伸ばした。途中慰霊碑があったので何のものなのか裏に回ってみた。

昭和52年に貫山で林野火災があり、5名消防士の方が殉職されていた。


偽水晶山で時計を見ると2時半になっていた。もういいかとここで踵を返した。

帰りはてくてくと、強風の力を借り、ウェアを乾かしながら戻って行った。

2018,5,3平尾台-18

2018,5,3平尾台-19


2018,5,3平尾台-6 2018,5,3平尾台-7

2018,5,3平尾台-9 2018,5,3平尾台-8

2018,5,3平尾台-10 2018,5,3平尾台-1


2018,5,3平尾台-2 2018,5,3平尾台-3

2018,5,3平尾台-4 2018,5,3平尾台-5

連休後半はまた実家で田植えの手伝いになる。
スポンサーサイト



[ 2018/05/06 16:32 ] 福岡県の山 | TB(0) | CM(2)

平尾台散策

小倉駅ではろくに挨拶も出来ず失礼しました。
奥様には料理を始め、体調不良の私に代わってガイド約までして頂き、大変お世話になりました。
どうぞ宜しくお伝え下さい。
胃腸薬の御蔭で今朝からまともに食事が出来るようになりました。
reoenさんの足の具合も順調の様ですね。
回復されたら是非ご一緒したいものです。
[ 2018/05/07 15:35 ] [ 編集 ]

こちらこそ失礼しました

こちらこそ失礼いたしました。初めての場所で後続の車が気になり、きちんと挨拶できませんでした。
大崩山は最悪の体調だったようですね。ソロならやめる判断も出来たでしょうに…
私の足の御心配ありがとうございます。自己診断では98%回復していると思います。
いつか伴走させて頂きたいと本当に思っています。その時はどうぞ宜しくお願いします。
これからは以下同文の…などと云わず、アクティヴなアウトドア親父でお願いします。
[ 2018/05/07 22:37 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://reoen.blog.fc2.com/tb.php/386-3cf50df1