FC2ブログ

2018,6,9普賢岳、九千部岳(ヤマボウシを求めて)

リハビリ登山3回目。今回は少しだけハードな山行となった。

ミヤマキリシマは既に終わっているが、ドウダンやニシキウツギが

これでもかと咲き乱れていた。

2018,6,9普賢岳・九千部岳-1
吹越トンネル。今日はここを起点に普賢岳と九千部岳を満喫する予定。
車で上って来た時は青空が覗いていたのだが…


2018,6,9普賢岳・九千部岳-2
登山道はほんの1~2週間前に綺麗に整備されていた。


2018,6,9普賢岳・九千部岳-3
ヤマボウシはそこかしこに咲き乱れている。


2018,6,9普賢岳・九千部岳-4
シモツケも数は少なかったが、濡れた葉との相性は素晴らしかった。


2018,6,9普賢岳・九千部岳-6
白ドウダン


2018,6,9普賢岳・九千部岳-7
ニシキ(二色)ウツギ


2018,6,9普賢岳・九千部岳-9
国見岳の山頂付近は楽しめる。


2018,6,9普賢岳・九千部岳-10
妙見岳。秀峰でした。


2018,6,9普賢岳・九千部岳-11
10:23国見岳山頂。平成新山が異彩をを放っている。


2018,6,9普賢岳・九千部岳-12
ニシキウツギ最初は白で、それから赤に変わって行きます。


2018,6,9普賢岳・九千部岳-13

2018,6,9普賢岳・九千部岳-14

2018,6,9普賢岳・九千部岳-15
北の風穴。穴からミスト状の冷風が)湧いてくる。正に一服の清涼剤だ。


2018,6,9普賢岳・九千部岳-16
立岩の峰から平成新山を望む。


2018,6,9普賢岳・九千部岳-17
普賢岳山頂。前回ガスに包まれ見ることができなかった平成新山。


2018,6,9普賢岳・九千部岳-18

2018,6,9普賢岳・九千部岳-19
オトシブミの仲間のようだが、こんな立派な卵包は初めて見た。
なんと言う名前の虫だろう?


2018,6,9普賢岳・九千部岳-20
吹越峠が近くになると、ヤマボウシの向こうに九千部岳が顔を覗かせた。


2018,6,9普賢岳・九千部岳-21
人間の原点に立ち返り誠に良い。


2018,6,9普賢岳・九千部岳-22
スタート地点に戻ってきたが、そのまま進み九千部岳を目指す。


2018,6,9普賢岳・九千部岳-23
前述の駐車場から7分下ると九千部岳の取り付きがあった。


2018,6,9普賢岳・九千部岳-24
登山道は最初は人工林が続き、その後緩やかに下る。


2018,6,9普賢岳・九千部岳-25
九千部岳山頂からの展望。白く見えるのはほとんどがヤマボウシ。素晴らしい!


2018,6,9普賢岳・九千部岳-26
普賢岳を見ながら下山。こちらからの眺めも素晴らしい。


2018,6,9普賢岳・九千部岳-27
ミヤマキリシマは終わっていたが、島原の素晴らしい自然を堪能することができた。
左脚の骨折箇所は依然違和感が残るが、痛みはもうない。リハビリの冠は今回を最後にしよう。
スポンサーサイト
[ 2018/06/13 00:46 ] 長崎県の山 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://reoen.blog.fc2.com/tb.php/390-13661126