FC2ブログ

2018,7,14~16九重夏キャンプ

今年もおじちゃんと一緒の冒険クラブは、夏キャンプを迎えました。

九重にやって来たのは3年振りなので、子ども達は皆初めての場所です。

梅雨明け直後の快晴続きで、大分県は連日34℃超えの暑さでした。

1日目

2118,7,14九重キャンプ-1
素晴らしい環境下にある九重青少年の家。グリーンベルベットが眩しい。


2118,7,14九重キャンプ-2
僕と山師匠のKさん、Mさんの3人はみんなとは別メニュー
泉水山~黒岩山の下見に出かけました。
もともと登山道ではないところを草刈して道を付けているので、
柔らかい剣山の上を歩くようでかなり歩きづらかった。
子ども達も苦戦を強いられそうだ。


2118,7,14九重キャンプ-3
黒岩山まではけっこう萱が伸びている箇所があり、
身長の低い4年生にはつらいコースだ。


下見を5時間で終え、キャンプサイトに戻ってきたら、皆さんは最初の活動を終え

スイカを食べている最中だった。もちろん僕たちの分もちゃんととってくれている。

冷たく甘いスイカを2つ3つと食べた。

おやつを食べ終わると、今夜の晩飯カレーの準備に入ります。

2118,7,14九重キャンプ-4

2118,7,14九重キャンプ-5

2118,7,14九重キャンプ-6

2118,7,14九重キャンプ-7

2118,7,14九重キャンプ-8


カレーが出来ました。みんなで頂きま~す。


2118,7,14九重キャンプ-9

2118,7,14九重キャンプ-10

2118,7,14九重キャンプ-11

2118,7,14九重キャンプ-12

食事がすんだらこれまたみんなで片付けにかかります。

鍋に着いたススもしっかり落とします。

2118,7,14九重キャンプ-13

2118,7,14九重キャンプ-14

2118,7,14九重キャンプ-47
カップのタワー完成?


2118,7,14九重キャンプ-16
2日間とも夜は満天の星に出会えました。驚いたのは、いつもはK山にまかせっきりの
星の観察も、方々からお父さん達の解説が聞こえてきました。皆さんお好きなんですねぇ。

この後お風呂(温泉です)に入って今日の活動は終わりです。

明日は泉水山登山が控えています。大人も子どももお早い御就寝を。

2日目

2118,7,14九重キャンプ-17
2日目の朝です。キャンプサイトでは食事はすべて自分達で作ります。
今朝はベーグルのサンドイッチですな。旨そうです。
順番に、野菜やハム何かを乗せていきます。


2118,7,14九重キャンプ-18
スープにジュース、デザートも付いてます。
しっかり食べて、しっかり登ろう!


2118,7,14九重キャンプ-19
こんな環境で食べられるなんて、そりゃー旨いですよ。


2118,7,14九重キャンプ-45
親父連中もしっかり食べています。


2118,7,14九重キャンプ-20
さーて登山開始です。早出したかったのですが、弁当を待っていたので(弁当は外注)
9時過ぎのスタートとなりました。今日も暑くなりそうです。


2118,7,14九重キャンプ-21
20分も経たないうちに皆さん汗まみれ。
かく言う僕が、当然汗かきNo.1でした。この日も34℃超えです。


2118,7,14九重キャンプ-22
泉水の方まで上がって来て、ようやく落ち着きました。
ここからは暫く樹林帯の中を歩けます。その前に全員ザックを下して大休憩します。
前方には湧蓋山、万年山(はねやま)、崩平山、そして由布の双耳峰も…贅沢な眺めでした。


2118,7,14九重キャンプ-23
稜線に出てからは、背の伸びた萱が子ども達の行くてを邪魔します。
九重の中でも、マイナーな山域なので仕方ないところですが、
身長の低い4年生にはちょっとしんどかったかな?


2118,7,14九重キャンプ-24
上泉水山で休憩中。水分補給は怠りなく。


2118,7,14九重キャンプ-25
弁当を黒岩山の山頂で食べる予定なので、休憩もそこそこそに歩きだします。
こちら側だと、上泉水山のピークが良く分かります。


2118,7,14九重キャンプ-26
まるでゴジラのような岩のピークを越えた時、後方から声が。
「reoenさん、もう時間切れです。後の活動が出来なくなるので、
眺望の良かったところまで戻って、お昼にしましょう」

黒岩山まであと500mの所まで来ていたので、先頭の僕は行く気満々で、

時間の把握が出来ていなかった。え~ここまで来て…と思ったが、

なるほど時計を見るとこりゃ辛いわ。冷静な判断を下してくれたNさん

ありがとうございました。でも、黒岩山連れて行きたかったなぁ(-_-;)

2118,7,14九重キャンプ-27
お待ちかねのランチタイムです。ここからのロケーションは素晴らしかった。
長者原から伸びる湿原や、指山、三俣山が一望出来、疲れも癒されるようだった。


   2118,7,14九重キャンプ-28   2118,7,14九重キャンプ-29
    コバギボウシ                             ママコナ

前日の下見の時にはハナショウブも見ることが出来ました。


2118,7,14九重キャンプ-30
下山前に全員でパチリ。



2118,7,14九重キャンプ-31
下から見上げた時は「ウワ~綺麗!」と言っていた子ども達。
いざ歩くと、今回一番の難所だったかもしれません。


2118,7,14九重キャンプ-32
お母さんふたりが最後尾でフィニッシュ。皆の拍手でお出迎えです。
どうですかお母さん?子どもってすごいでしょ。


2118,7,14九重キャンプ-33
下山しテ、ひと休みしてから夕食の準備にかかります。
鍋をかきまわしているK君、すぐに蓋をしてしまった。
もう終りなの?「うん。後は余熱でOK」余熱しっとるんか~い。
ご飯は親父連中がかまどで炊きました。お疲れ様でした。


2118,7,14九重キャンプ-46
キャンプの夜となれば当然…


2118,7,14九重キャンプ-34
そう、キャンプファイヤー。何か子どもの出し物も最近凝って来て、
難解なものもたまに登場します。もちろん完成度は低いんですが、
発想が豊かなのはいいことだと思います。
ファイヤーの火は静かに燃え続けました。

3日目

2118,7,14九重キャンプ-35
3日目の朝食の様子です。


2118,7,14九重キャンプ-36
おーいキュウリが落ちてるぞー

朝ごはんが終わると、今日は最終日なのでテント内を片づけ、

炊事場、トイレの掃除もして荷物を抱え本館の方に移動します。

最後の活動は、記念品のマガタマ作りです。

2118,7,14九重キャンプ-37

2118,7,14九重キャンプ-38

2118,7,14九重キャンプ-39

2118,7,14九重キャンプ-40

2118,7,14九重キャンプ-41


2118,7,14九重キャンプ-42
二泊三日の活動も全て終わり、バスで帰路に着きます。
初参加の4年生は結構きつかったんじゃないかと思いますが、
何か一つでもいい思い出が出来たらいいかなと思います。
もちろん、きつかった登山の想いでもしっかり持ちかえって頂きたい。


2118,7,14九重キャンプ-43
3日間お世話になりました。


2118,7,14九重キャンプ-44
次回の活動は、8月26日脊振の車谷沢登りです。
子ども達は今から夏休みか…いいなぁ
スポンサーサイト
[ 2018/07/18 07:45 ] 地域活動 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://reoen.blog.fc2.com/tb.php/392-138588c3