FC2ブログ

2018,8,11裏銀座縦走-1日目

昨年の夏に表銀座(燕黒岳~上高地)を歩いたので、今年はそのお隣、

裏銀座を歩こうと、何とも単純な理由でコース選択したが、

日数の制約もあり思った以上にハードな山行となった。

天気にも今年は見放された感があるが、

後半の2日間は、なんとか北アルプスらしさを堪能することが出来た。

しかし三日目の、野口五郎岳付近の雷雨にはまったく閉口した。

裏銀座縦走1日目(新穂高~わさび平小屋)
2018,8,11裏銀座縦走1-1
朝6時に自宅を出て、新幹線で名古屋へ。名古屋から高山に入り、そこからバスで
新穂高に移動した。時間は3時35分を廻っていた。



2018,8,11裏銀座縦走1-2
蒲田側左俣(ひだりまた)林道から、この日の宿泊地わさび平小屋へ向け歩きだす。



2018,8,11裏銀座縦走1-3
穴毛谷を見ながらゆっくり進んで行く。下山者ともたくさんすれ違う。



2018,8,11裏銀座縦走1-4
第一から第四まである毛穴谷の荒々しい尾根。



2018,8,11裏銀座縦走1-5
おたすけ風穴。何とも面白い名前だが、夏には本当におたすけなのだ。
一帯は石垣状になっていて、ここ以外でも冷気を感じる所が幾つもあった。



2018,8,11裏銀座縦走1-6
北陸電力 中崎発電所の取水施設。ここから水をとり込み、
235m下の穂高温泉近くの発電所まで落ちていく。


2018,8,11裏銀座縦走1-7
笠新道への分岐点。水場もあった。



2018,8,11裏銀座縦走1-8
わさび平小屋には4時48分に着いた。ロープウェイ駅から1時間10分かかった。



2018,8,11裏銀座縦走1-9
木をわいて刳りぬかれた水槽に浮かぶ野菜や果物。お好みで塩もどうぞ。



2018,8,11裏銀座縦走1-10
左俣林道は車が上がる(一般車は通行不可)ので、
食事は通常の山小屋とは比較にならない内容だった。

明日から本格的な登山になる。8時前には入眠していた。
スポンサーサイト



[ 2018/08/19 18:05 ] 北アルプス | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://reoen.blog.fc2.com/tb.php/395-8d4f14a9