FC2ブログ

2018,8,11裏銀座縦走-5日目

裏銀座縦走5日目、最終日です。朝身支度をしていると、

向かいの部屋の小窓から赤い空が見えた。

カメラを片手に小屋横の高台に行ってみると、

これぞ北アルプスという、最後にして最高の朝を迎えることが出来ました。

裏銀座縦走5日目(船窪小屋~七倉山荘)
2018,8,11裏銀座縦走5-1
日の出の少し前、この曙と雲海の何と見事なことか。四日間の疲れも吹っ飛んでしまった




2018,8,11裏銀座縦走5-2
日も登り、一日の始まりを肌で感じることが出来る。



2018,8,11裏銀座縦走5-3
浮動岳の後ろにはモルゲンぽくなった読売新道上に
さらに赤みを増した赤牛岳が見える。



2018,8,11裏銀座縦走5-4
太陽から少し右に目をやると、嫌でも分かる富士山と八ヶ岳が(どちらも登ったことが無い)



2018,8,11裏銀座縦走5-5
奥大日岳は自信がありません。
雨の中登った剱岳。思いだすなぁ(また雨かい)



2018,8,11裏銀座縦走5-6
外せない槍に穂高連峰。



2018,8,11裏銀座縦走5-7
部屋に戻り朝ご飯を食べた。(朝もうまかった)

北アルプスでいくつか小屋にお世話になったが、

僕はこの小屋が一番気に入った。

宿泊客が10数人と少なかったせいもあると思うが、

皆さんが言われている、アットホームな・・・がよくわかった。

もう一度訪ねたいと思ったのも、この小屋が初めてだった。

2018,8,11裏銀座縦走5-8
小屋を出てしばらく歩くと、餓鬼岳から伸びてくる印象的な稜線が間に入る。
手前の丸っこいのは唐沢岳か?



2018,8,11裏銀座縦走5-9
槍・穂高連峰もよく見えるここは、高瀬湖から
まっすぐ伸びた稜線が詰め上がった天狗ノ庭だ。



2018,8,11裏銀座縦走5-10
天狗ノ庭を過ぎると、高度は一気に下がっていく。



2018,8,11裏銀座縦走5-11
なるほど急坂のはずだ。 鼻突八丁(2178m)



2018,8,11裏銀座縦走5-12
七倉ダムへは北アルプスっぽくない美林が続いた。
鳥のさえずりも心地いい。



2018,8,11裏銀座縦走5-13
最後はトンネルをくぐり、七倉山荘に着いた。
今回はここがゴールだ。お疲れ様でした。



2018,8,11裏銀座縦走5-14
車で乗り入れられるここは、山小屋風の名前だが、全くのホテルだ。
朝10時とあって風呂は独り占め状態だった。
5日間の汚れを良く洗い流した後、露店風呂に浸かると、
思わずう~と声が出た。

今回の山行は、天気に恵まれないものとなった。

鷲羽岳も、水晶岳も、野口五郎岳も登らなかった。

双六岳や、三俣蓮華岳などは山頂に立ったものの、

眺望は全く得られなかった(ーー;)

山行そのものは退屈することなく歩け、充実したものだった。

やり残しも、次にまた来ようというエネルギーになる。

秋の読売新道は素晴らしいと聞くし…まだ妄想は続きそうだ。
スポンサーサイト



[ 2018/08/21 17:45 ] 北アルプス | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://reoen.blog.fc2.com/tb.php/399-a0fdb46c