FC2ブログ

2018,11,24大山

三瓶山から大山に着いた時、宿の影に僅かだが雪が残っていた。

夜になると雨も降りだしてきた。予報によると明日は午後から晴れ間が出て来るようだが、

午前中ははっきりしない模様。何れにせよわざわざ福岡くんだりから来たのだから,


どんな天候でも登るしかない。午後10時布団に入った。


2018,11,24隠岐大山-1
そして翌朝。おうおう雨はあがっちょる!
夜移動したので大山とは初対面だが、それにしてもでかい山だ。
歩きだす前からテンションが上がって来る。


2018,11,24隠岐大山-2
モンベルの前を過ぎると、佐陀川に掛かる大山寺橋に出る。
積雪のある歩道を歩くと滑って危なかったので、車道の端を歩いた。
6時半を回ったところで、南河原駐車場は満車に近かった。



2018,11,24隠岐大山-3
6時40分駐車場から200m程の所に夏山登山道があり、
そこから取り付く。延々と続く階段道を進んで行く。



2018,11,24隠岐大山-5
歩きだしてすぐに登山道には雪が出てきた。
午後から回復予定の天気も、早まったようで青空が見えてきた。



2018,11,24隠岐大山-6
木々の枝間から標高1516mの三鈷峰が見え隠れする。
画像からは伝わらないが、異様に目立つ山だ。



2018,11,24隠岐大山-7
7時58分、6合目避難小屋に着いた。
ここでは軽アイゼンを付けている人もいたが、
フワフワした雪質はあまり踏み固まらず、滑りにくいので
僕達はそのまま進んだ。



2018,11,24隠岐大山-11
宝珠山とその裾野に広がるゲレンデ。オープンはもう少し先のようだ。



2018,11,24隠岐大山-9
当初は夏山道と併せて、三鈷峰に行くユートピアコースを考えていたが、
時間的に厳しいと判断しあきらめた。でもあそこ本当に登れるのか?



2018,11,24隠岐大山-10
北壁を朝日が越えてきました。
高揚する九州のおばさんとおじさん。


2018,11,24隠岐大山-12

2018,11,24隠岐大山-13

2018,11,24隠岐大山-14
影大山。影もでかくてカッコいいい。



2018,11,24隠岐大山-15
キャラボクも雪を被り真っ白。



2018,11,24隠岐大山-16

2018,11,24隠岐大山-17

2018,11,24隠岐大山-18
8時47分山頂到着。登る途中もそうだったが、
今日は風が全くない。地元ハイカーによれば大山では珍しいそうだ。



2018,11,24隠岐大山-19
標識のすぐ向こうに弥山、その奥に大山最高峰標高1729mの剣ヶ峰。
え~とその奥は槍ヶ峰か?



2018,11,24隠岐大山-20
無風で、陽も射しているので全く寒くありません。



2018,11,24隠岐大山-21
山頂より東南側。雲海が綺麗でした。



2018,11,24隠岐大山-22
頂上避難小屋。僕達も休憩させてもらった。
中は広く、トイレも綺麗だった。昨日まで売店が開いていたそうだ。
裏手には冬場の出入り口が高い所にあった。


2018,11,24隠岐大山-24
名残惜しいが、福岡までの帰路が待っているので下山に掛かる。


と、後ろから小走りで降りて来る登山者がいた。せっかちな性格ようで

僕の後ろをピタッとくっついてくる。木道の広い所で先行させた。

随分無警戒に歩く人だなあと思っていたら、予想どうり見事に転んだ^_^;

笑いながら奥さんが声を掛けると、彼も笑いながら立ちあがった。

お話し好きな方で、三人でながら歩きをしながら一緒に山を下っていった。

島根県の方で、大山には良く来ている人で、歳は60前後といったところか?

僕らが昨日三瓶山に登ったと言うと、「山瓶バーガーは食べたの?」と聞いてきた。

それは知らないと答えると、えらく残念そうに「何で食べんの~皆並んで食べてるのに~」

話は出雲大社の話になった。彼は僕らが当然行ったものと思い込み話を続けた。

僕らが行っていない事が分かると、ひどく驚いた様子で、またもや

「何で福岡から来といて出雲大社に寄らんの?帰り道やろ~?遠回りにはならんて」

確かに彼の云うとおりだ。僕らは家に猫が待っているので、

山を降りると風呂に入り、そのまま福岡に直帰する予定だったが、

彼のアドバイス通り出雲大社にお参りし、そこで出雲」名物の割子そばを食べ、

その足で日御崎の灯台まで行くことにした。


2018,11,24隠岐大山-26
元谷への分岐、行者谷分れに入ると、みごとなブナの林が広がっていた。



2018,11,24隠岐大山-27

2018,11,24隠岐大山-28

2018,11,24隠岐大山-29

2018,11,24隠岐大山-30
避難小屋がある元谷入口まで下りてきた。ここからの眺めも壮観だった。



2018,11,24隠岐大山-32
通称北壁と呼ばれる大山の北側斜面だ。
モノトーンのせいか、河童橋から見る穂高の山々とそん色ないように思えた。
それくらい素晴らしい景色だった。


2018,11,24隠岐大山-33
朝渡った佐陀川の源流になる元谷に入って行く。右は車道(運搬道)10時35分



2018,11,24隠岐大山-34
ユートピアコースから10分程下った所にある大神山神社奥宮。
神宿る山大山を間近で遥拝する場所だ。ここでは登山者と参拝者の数が逆転する。



2018,11,24隠岐大山-35
鳥取地震により崩落した石垣を修復していた。



2018,11,24隠岐大山-36
崩落した石全てに番号がふられ、着実に原形修復している。
交換必要な石はやむを得ず、裏石を加工し交換しているそうだ。


2018,11,24隠岐大山-37
日本一長いと云われる石畳。自然石で作られているらしいが、
見事な石畳だった。でも滑りそう(ーー;)



2018,11,24隠岐大山-38
どちらのパワーも半端ない。



2018,11,24隠岐大山-39
伯耆富士。まるで富士山です。

福岡を立つ前、最後まで心配だった天気は、僕達に味方してくれた。

島根の三瓶山、鳥取の大山どちらも忘れられない山となった。

2日間走った車のトリップメーターは1060kmを超えていたが、さほど運転疲れも感じなかった。

大汗かきの私だが、緑あふれる頃にもう一度訪ねてみたいと思った。

余談になるが、高速道は中国道ドライブバス北部九州発2日間8000円使用し、随分お得になった。
スポンサーサイト



[ 2018/11/27 20:57 ] 山陰の山 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://reoen.blog.fc2.com/tb.php/408-1c16a425