FC2ブログ

209,6,2冒険クラブ夏キャンプ下見

おじちゃんと一緒の冒険クラブでは、7月に英彦山青年の家で

2泊3日で夏キャンプを実施します。今日は青年の家との打ち合わせを兼ね

子ども達の歩く予定コースをNさん、Mさんと廻ってきました。

2019,6,2英彦山下見-1
虚空蔵


2019,6,2英彦山下見-2
何でしょうかそこら一面に群生していました。
その美しさにしばし見惚れていました。


2019,6,2英彦山下見-3
植物以上、ある種情念のようなものを感じてしまう。


2019,6,2英彦山下見-4
鬼杉の手前の背を超えるのだが、当日はここが一番の難所となる。
4年生頑張って歩いてね。


2019,6,2英彦山下見-5

2019,6,2英彦山下見-6


2019,6,2英彦山下見-7
折り返します。よくこんなものを削り出したものです。


2019,6,2英彦山下見-8
鬼杉でお昼を食べていた時、ホラ貝の音がずっと聞こえていましたが、この方々でした。


2019,6,2英彦山下見-9
梵字岩


2019,6,2英彦山下見-10

昨日、クサフグの産卵を見に山口県の光市まで行ってきたため、

多少の疲れが残っていたものの、ハンドルを握ってみたら意外と元気だった。

川崎町を通る頃に心配していた雨脚が強くなってきたが、
それも青年の家に着く頃には上がり、快適に歩くことが出来た。


嬉しい出会いもあった。丁度この日は福岡県高等学校総合体育大会登山大会が実施されていた。

僕達が奉幣殿に着いた頃、女子チームが幾つか戻って来ていた。

そのなかの一人が、Nさんに気付き声を掛けていた。

何と!その子は僕達の冒険クラブの出身者のOさんだった。

顔立ちもすっかり大人めいて来て、立派なお嬢さんに変身していた。

冒険クラブにいたから…なんておごった事は言いません。

ご両親も山をやっているので、恐らくその影響だろうが、

こんな格好で再会できるとは感無量とは正にこの事です。


今日歩いた下見のコースも、12キロ超えにはなるが、子ども達も充分歩けるものと思われる。

が、が、が、ここを歩くのは4,5年生のみ。

6年生には鬼杉から南岳、中岳、北岳と周回してもらう予定だ(^。^)

覚悟しておきなさい6年生諸君!いやいや心配なのは僕達引率者の方かも?
スポンサーサイト



[ 2019/06/04 22:22 ] 地域活動 | TB(0) | CM(2)

英彦山フルコース!

こんばんは
フルコースではないですか?
見慣れた大木など、良く歩いている場所なので〜
玉屋神社が一番標高が低いので鬼杉までが意外にキツイですよね〜!
6年生に頑張ってほしいです。
これを歩けたら、大したものです。
陰ながら応援しています。
ファイト!
[ 2019/06/19 18:27 ] [ 編集 ]

なんかいつも済みません

コメントいつもありがとうございます。なんか申し訳なくて…

冒険クラブの夏キャンプで過去英彦山は何度も訪れているのですが、
フル?コースは計画するもいまだ実現できていません。
今回は6年生限定でなんとかやっつけようかと思っています。

スズサイコ?キョウチクトウに属するようですが毒はあるのでしょうか?
冬は綿毛になるようですね。平尾台にもあるようなのでいつか訪ねてみようかと思います。
[ 2019/06/20 21:46 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://reoen.blog.fc2.com/tb.php/422-c04eaf89