FC2ブログ

中央アルプス縦走4日目(玉ノ窪山荘~上松Aコースで下山)

一晩中吹き荒れていた風は朝になっても収まっていなかった。

当初は福島Bコースで降りて、下のペンション辺りで福島Aコースに抜ける予定だったが、

小屋のお兄さんから、強風の中福島Bコースを下るのはお勧めできないと云われた。

ペンションからの道も、この時期藪になっている可能性が高いとのこと。

結局お兄さんお勧めの上松Aコース経由で下山することにした。

2019,8,14,上松Aコース-1
小屋を出る頃には風も幾分弱まっていた。
上松Aコースは木曽前岳の巻き道になっている。


2019,8,14,上松Aコース-2
木曽前岳の稜線と、遠くにまた御嶽山が見えた、今までよりかなり大きい。




2019,8,14,上松Aコース-3
一ケ所崩落している谷があったが、補助ロープがあり難なく通過できた。


上松Aコースは踏み跡が薄く、昨晩の雨がズボンを濡らすので、

奥さんは途中でスパッツを付けた。後ろを歩く僕は奥さんに露払いをしてもらい

ちゃっかりスパッツは付けなかった(スパッツ暑いですよね)


2019,8,14,上松Aコース-4
ここも雪が多いのだろう。ダケカンバがみんな下を向いていた。
大型のはしなりが効かないのか、根元に大きな亀裂が走っていた。



2019,8,14,上松Aコース-5
木曽前岳からの道と合流しました。
ここから登山道は急に良くなりました。



2019,8,14,上松Aコース-6
58人もの方が無くなり、未だ5人の方の行方が分かっていない。
奥さんと二人手を合わせた。



2019,8,14,上松Aコース-7
金縣小屋に着いた。コースの半分は過ぎているようだが、
何せ標高差1800mを下らなければならない。中央アルプス下りもタフだ。



2019,8,14,上松Aコース-8
敬神ノ澤小屋。沢で顔を洗ったが冷たく心地よかった。


2019,8,14,上松Aコース-9
ようやく登山口に着きました。
普通に歩いて下りてきたが、コースタイムを50分オーバーしていた。

四日間かけて中央アルプスを縦走しましたが、

率直に云わせてもらうと想像以上に手ごわい山域でした。

ふたりとも疲れに疲れました。上松駅での500缶の何と旨かったことか。
スポンサーサイト



[ 2019/08/22 07:46 ] 中央アルプス | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://reoen.blog.fc2.com/tb.php/429-34b6eb1e