FC2ブログ

2019~2020ねんまつ年始の山歩き

四王寺山(2019,12,15)

恥ずかしい話だが、生まれてこのかた四王寺山に一度も登った事が無かった。

何せ四王寺山と云う山があるんだろうと思っていたくらいだ。

膝が完治していないのでハードな山は無理だろうと奥さんが誘ってくれた。

行ってみてびっくりとても素敵な山だった。

近場にこんな良い山があったのに、

それに目を向けようとしなかった私の何と愚かなことか…

反省しきり、これからは時々訪れる事にしよう。

2019,12,15,四王寺山-1
四王寺県民の森からスタート。ここから子供の国広場に向かう。



2019,12,15,四王寺山-2
30分程歩いて先ずやって来たのが岩屋城跡だった。
何と素晴らしい眺めなんだ!


2019,12,15,四王寺山-3
脊振山系が一望できる!!凄い凄い!



2019,12,15,四王寺山-4
そして少し左へ転じると…
おーこっちには三郡山系の山々が素晴らしい!
そして後ろには古処山~馬見山までも!
そしてあの三角いのは大根地山か~良い良い!



2019,12,15,四王寺山-5
興奮冷めやらぬまま最高峰の大城山へ。ここは眺望が無かった。
毘沙門堂で合掌し昼食場所の野外音楽堂へ向かう。



2019,12,15,四王寺山-6
初めて買ったセブンイレブンブランドのカップ麺。具だくさんだった。



2019,12,15,四王寺山-7
百間石垣。見事に積み上げた石垣が180mにも及ぶと云う。



2019,12,15,四王寺山-8
一旦車道に出て少し下ってから右に入ると…



2019,12,15,四王寺山-9
鮎返りの滝に出る。小振りの綺麗な滝だ。



2019,12,15,四王寺山-10
滝から約30分で大原山山頂。



2019,12,15,四王寺山-11
おれ?プールがあると思ったら九州国立博物館だった。



2019,12,15,四王寺山-12
焼米ヶ原と標識があった。とにかく広い。



2019,12,15,四王寺山-13
奥さん道案内ありがとうございました。

頭巾山(2019,12,28)

四王寺山で今年の山歩きは終わりだと思っていたら

Nさんから御誘いの電話があった。最初は夜の部(忘年会)だけのつもりだったが

時間が取れたのでご一緒させてもらった。

2019,12,28歩き納め-1
昭和の森に車を止めて歩き出す。おや?何か建物が建ちかけている。
最近キャンプが流行っているようだが、それ関係のものか?



2019,12,28歩き納め-2
ゆっくり歩きで、珍しく汗をかかない山歩きだった。



2019,12,28歩き納め-3
Yさん来年もおじちゃんと一緒の冒険クラブ宜しくお願いします。

お昼を済ませ、宝満山まで足を伸ばす予定だったが、

Nさんが脚に痙攣が来てしまい断念。うさぎ道で下山することに。

2019,12,28歩き納め-4
皆さん誘ってくれてありがとうございました。夜も楽しかったですね。

九千部山(2020,1,2)

2020年の最初の山は九千部山です。

奥さんが暮に行った御手洗の滝(おちょうずのたき)良かったと云うので、

案内してもらうことにした。(なんか最近このパターンが多いなぁ)

2020,1,2九千部山-1
遅めの10時からキャンプ場駐車場から歩き始める。



2020,1,2九千部山-2
最初に現れる滝。



2020,1,2九千部山-3
その滝の右に登山道は続いている。



2020,1,2九千部山-4
下の滝から7分来た所に御手洗の滝はあった。
大振りではないが、水の落ち方が複雑で見ていて飽きない。
岩の色も変化がありなかなか秀逸な滝だった。




2020,1,2九千部山-5
滝の後にある階段道はけっこうしんどい。



2020,1,2九千部山-6
石谷山山頂到着。車道に出る前までは傾斜も緩く楽な山道だったが、
その後は若干勾配がかさまり朝が出てきた。



2020,1,2九千部山-7
・・・



2020,1,2九千部山-8
遠目でも分かるが、ここの縦走路はアップダウンが少ない。



2020,1,2九千部山-9
冬は見通しが良く聴きます。今日は寒くも無く気持ちいい!



2020,1,2九千部山-10
九千部山山頂。バイクの先客が一人いた。
鍋でラーメンを作って食べる。卵が旨い。


2020,1,2九千部山-11
帰りは来た道を辿った。振り返ったら脊振が見えた。
あの山を見ると嫌でもあの縦走を思い出してしまう



2020,1,2九千部山-12
四阿屋側からは登った事がない。



2020,1,2九千部山-13
完全に見下ろされている。



2020,1,2九千部山-14
激しい戦いの末、どちらも勝者になったようだ。



2020,1,2九千部山-15
僕の膝がまだまだなので、御手洗の滝の階段急斜面は迂回してくれた。

鳥栖アウトレット新春初売りの大渋滞を避け避けの進路だったので、

こちらの方が疲れてしまった。

今年は怪我の無い一年になるよう気をつけよう。
スポンサーサイト



[ 2020/01/05 15:40 ] 福岡県の山 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://reoen.blog.fc2.com/tb.php/436-22807919