FC2ブログ

国見岳~烏帽子岳縦走

4月8日は仕事の予定でしたが、キャンセルになり急きょ山へ行くことに

やったー!仕事がなくなったーって喜んでどーすんねん。


今回は国見岳縦走することにしましたが、仕事疲れもあり

前日出発、現地車中泊で登ってきました.


2012,4.8-1

登山口手前10キロ程の『梅の木轟吊橋公園』で車中泊します。
ウィスキーのお湯割りを2杯ほど飲んでさっさと寝ます。
久し振りの『かっぱえびせん』うまかったです。




2012,4.8-2

ゲート前に車を止める予定でしたが、崩落して通れなかったので
少し下のスペースに止めました。




2012,4.8-3

烏帽子岳登山口から登り始めます。当初は国見側から時計回りに歩こうと思っていましたが、
烏帽子岳からの下りの道が重機等の作業道の為、不明な所があり道迷いの恐れがあるとの
情報を得たので、反時計回りにしたのだが案の定迷ってしまった
目印が幾つかあったが、片面が『銀と赤』のテープを辿れば確実のようだ。




2012,4.8-5

烏帽子岳山頂です。この日は天気は良かったのですが、霞がかかり
眺望は良くありませんでした、パンを一個ほうばり五勇山に向かいます。
奥さんの写真が超ピンボケだったのでreoenが代役します。(これもピンボケ?)




2012,4.8-7

縦走路からの分岐(国見側と菅野に降りる道)の少し先に五勇山があります。
眺望もなく写真だけ撮り国見岳の向かいます。




2012,4.8-8

国見岳への縦走路途中です。ここの登山道はいたるところに倒木があり、
回り込む場面がたくさんありました。






山頂前のだらだら登りが結構きつかった。お昼時でしたが山頂には
北九州から来られた方が一人だけでした。




2012,4.8-9

祠のある山頂はそれほど広くありませんが、360°見渡せます。






下山道も枯木、倒木が目立ちます。




2012,4.8-10

下りは、登って来た樅木側に下ります。このコースは途中三つに登山道が分かれています。
①第一登山口(かなりの急登)②第二登山口(いわゆる旧道で時間は少しかかるが歩きやすい)
③新登山口(①の途中で右折する)今日は③を下りました。




2012,4.8-11

約7時間半程でゲートのある登山口に戻ってきました。2枚目の写真奥に小さく写っているのが
このゲートです。


7:00烏帽子岳登山口-8:50~9:00烏帽子岳-10:05五勇山

11:35~12:10国見岳-14:15烏帽子岳登山口



後記-素晴らしい山なのに残念なことに登残者が少ない。原因は割合簡単に登れる
   杉ノ谷登山口側の林道が通行止めになっているかららしい。
   私達が登って来た五勇林道も通行止め箇所があり、迂回してたどり着いた。
   つまり登り始めるまでが大変な山なのである。
   事前の情報収集を入念にする必要がある。

   しかし烏帽子岳から五勇山にかけてのシャクナゲの大群生は圧巻で
   動植物にあまり興味を示さない奥さんに「花の咲いてるとこを絶対見たい!」
   と云わしめる程であった。

   気になったのは、やはり枯木が多かったこと。山頂でお会いした北九州から
   来られていた方曰く「何年も通っているが以前はこんなじゃなかった。スズ
   タケも枯れてしまって、いったいどうなってるんだろう?」
スポンサーサイト



[ 2012/04/08 23:54 ] 熊本県の山 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://reoen.blog.fc2.com/tb.php/89-7badd55b